コラム

 公開日: 2014-09-28  最終更新日: 2014-10-01

兵庫県たつの市分庁舎ホールでの講演会「思春期・反抗期の子どもとのつきあい方について」

 今日は午後2時からたつの市分庁舎ホールで講演会がありました。
 テーマは「思春期・反抗期の子どもとのつきあい方について」です。
 聞いて下さるのはテーマに興味のある市民の方々や思春期のお子さんをお持ちの方々です。
 20名足らずの方が参加して下さいました。


  
 思春期という時期は色々なことが起こりますね。
 不登校をはじめ非行、いじめなど本当にどう対処したらいいのか途方に暮れるような問題が起こるのがこの時期です。
 私は多くの不登校の生徒たちを見てきましたが彼らには共通点があるんですね。
 それは「自己肯定感が低い」ということです。
 実は非行少年たちの共通点も「自己肯定感が低い」なんですね。
 そして、いじめをしている子もいじめをされている子も共通しているのは同じく「自己肯定感が低い」なんです。
 つまり思春期の問題の根底には、この自己肯定感の低さという問題があるわけです。
 そこで今日は皆さんに資料「自己肯定感を育てる親子関係のつくり方」をもとに、どうすれば子どもの自己肯定感を高められるのかということについて一緒に考えて参りたいと思います。

 
 <自己肯定感を育てる親子関係のつくり方>

1、幸せを受け取る(子どもの存在を喜ぶ)
2、そのままを愛する(変えようとしない)
3、子どもの善さを見る(尊敬する)
4、子どもの話を聴く(口を挟まず最後まで)
5、気持ちを理解しようとする(押しつけない)
6、信じて任す(管理者ではなく援助者になる)
7、弱さや欠点を受け入れる(許し合う)


2、そのままを愛する(変えようとしない)のところではこんなお話をしました。

 今日は皆さんに紹介したい詩があります。
 僕の詩で恐縮なんですが、ちょっと読んでみます。

 「人を強くさせるもの」

 このダメな自分のまま
 愛されている
 これほど心強いことがあるだろうか
 
 
 僕は不登校の生徒たちもたくさん指導していますが、決して学校に行けるように指導したりはしません。「行きたかったら行ったらいいし、行きたくなかったら行かなくてもいいやん。」という態度で接します。
 そうするとその子たちは僕の前だけではとても安心出来て色々思っていることや本音を話してくれます。
 安心しているので笑顔も出ます。
 笑顔が出てくるとそのうち元気も出てきて、元気が出てくると勇気も出てきて学校に行けるようになる子もいます。

 不登校の子ってね、みんな自信がないんです。
 じゃあ、どうしたら自信をつけてあげられるか。
 自信ってどこから来ると思いますか?
 「自分はこのままで愛されている。
  自分はこのままで愛される価値がある。」
 そう思えるところから来るのです。
 
 そのままの自分で愛されている。 
 そう思えることが子どもにとってどんなに嬉しく、どんなに幸せで、どんなに自信がつくことでしょう。
 それが今の子どもの心だけでなく、未来の子どもの心も支えます。

 そのままのあなたが大好き。
 それは親が子どもに贈ることができるプレゼントの中でも最高のプレゼントです。
 これこそが「自己肯定感」です。

 そのようにお話ししました。

 講演の最後に熊木杏里さんの「誕生日」の曲にのせてお一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。



 今日参加して下さった皆さんありがとうございました。
 またお会い出来る日を楽しみにしています。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

母の年代でもたくさん参考になったと喜んでいました。

長谷川先生、お疲れさまでした。 先生の世界に引き込まれる...

YOKO
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
加古川市立志方小学校での講演会「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」
イメージ

 今日11月10日(金)は午前中、加古川市立志方小学校に講演に行ってきました。 テーマは「自信とやる気を引...

[ 講演会 ]

たつの市御津子育てつどいの広場での講演会「無為の子育て 〜あなたのままで100点満点〜」
イメージ

 11月8日(水)は午前中、たつの市御津子育てつどいの広場の「わくわく親子講座」で講演してきました。 テー...

[ 講演会 ]

11月2日の読売新聞朝刊でペアレントセミナーや子育て講演への思いを紹介して頂きました。
イメージ

 今日11月2日(木)の読売新聞朝刊でペアレントセミナーの活動や子育て講演への思いを紹介してくださいました。...

絵本にもなった「世界で一番貧しい大統領 ホセ・ムヒカ氏」の言葉が刺さる!
イメージ

 昨年の4月に来日された元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏が講演で日本の学生に語られた言葉の中に、こんな言葉...

加古川市青少年育成協・加古川市教育委員会主催「思春期・反抗期の子どもとのつきあい方」
イメージ

 10月21日(土)は午後2時20分から加古川市民会館で加古川市青少年育成協・加古川市教育委員会主催の講演会...

[ 講演会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ