コラム

 公開日: 2014-09-12 

不登校は親にとって新しい自分に生まれ変わる「産みの苦しみ」

 不登校の原因は様々なものが考えられます。
 最も多いのが「いじめ」。
 先生が原因で行けなくなる子も、学力不振が原因の場合もあります。
 
 しかし、いったんは学校に行けなくなったとしても、家庭での親子関係、家族関係が良好な場合、意外と長引かずに再び元気に学校に通えるようになるケースが多いように思います。

 問題は1年以上長引くケースです。
 そういった場合は親子関係、家族関係に問題がある場合が少なくありません。
 たとえば同居していて嫁姑の確執があるとか、夫婦関係が悪いとか、こういった問題がある場合、子どもは安心感を持つことが出来ません。家庭内の人間関係が危ういと自分の後ろがしっかり守られている感じがしない。背後が心配になっているうちは前に出られるものではありません。

 ですから、もし不登校が1年以上長引いているのなら、子どもをなんとかしようとするのではなく、一度家庭のこと、夫婦のこと、自分のことを振り返って見つめ直す必要があります。
 
 まずは夫婦関係。
 ちゃんと信頼し合っていますか。
 もし同居していれば嫁姑の関係はどうですか。
 我慢ばかりしていませんか。

 子どもが不登校になってくれたから夫婦の問題にも気づけた、嫁姑の関係も見直せた。
 そういった意味では、不登校は子どもが身を以て親に教えてくれているとも考えられます。
 一方こういった問題に直面することは本当に大変なことでもあります。

 信頼し合えていない夫婦関係に気づいたからといって、すぐに信頼し合える夫婦になれるわけではありません。今までは見ないようにしてきたもの、避けてきたものに真っ正面から向き合うことは勇気がいることです。夫婦関係を見直すということは非常にリスクを伴う難事業です。嫁姑問題も然り。自分の生き方を見直すのも然り。
 
 だからこそ、見ないようにしてきたのです。

 これは地球環境問題とよく似ています。
 地球環境にとって二酸化炭素を今までのように多量に排出し続けるのはよくない。だからといって二酸化炭素排出を伴う産業の発展を止めることもできない。結果、まだ大丈夫だろう、仕方ないじゃないかと言っている間に地球環境はどんどん深刻なダメージを受け続け、ついに温暖化の影響が出始めた。
 「環境問題」はもう待ったなしです。

 それと同じく、もう親子関係、家族関係も待ったなし。これ以上持続するのは無理。
 そんな時に子どもが不登校になったりするのです。
 
 環境問題とは結局のところ、人間がどのようにして自然(地球環境)とつき合っていくか、人間が何に幸せを見出すかという問題に行き着きます。

 子どもの不登校も実のところ、親である自分は子どもとどうつき合っていくのか、夫や妻や姑とどうつき合っていくのか、自分は何を価値としてきたのか、何を幸せとしてきたのか、それが問われているのです。

 どちらの問題も問われているのは自然や子どもの方ではなく、人間であり親の方なのです。
 そしてその自覚こそが最も大切です。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/




 最後に明るい話を一つ。

 環境問題を乗り越えた先にはきっと新しい人間の生き方、社会のあり方、新しい幸せの価値観が生まれると僕は考えています。それは今までのものより更に進歩したものになるでしょう。新しい社会はより個人の可能性を引き出し、多くの人たちが協力し合って幸せに生きていけるものになるでしょう。

 それと同じように不登校を乗り越えた先には、新しい親子関係、新しい家族関係、新しい自分、新しい幸せの価値観が生まれることでしょう。それは今までのものより、より自由で、より幸福で、より自分の可能性を開いてくれるものになることでしょう。

 子どもが不登校になってくれたお蔭でより幸せになれた、より自由により自分らしく生きられるようになった。
 そう考えると不登校は新しい関係、新しい自分が生まれる「産みの苦しみ」なのです。

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

今幸せであることに気づかせてくれて、感謝でいっぱいです

講演会、遠路はるばるお越しいただき、ありがとうございまし...

K・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」 ありがとう<後編>
イメージ

前編からお読みになりたい方は→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/447811932.html  では、もう...

[ ペアレントセミナー ]

第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」 ありがとう<前編>
イメージ

 3月11日(土)は第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」がありました。 約...

[ ペアレントセミナー ]

明日 3月11日(土)は午後2時20分から「アドラー心理学の子育てについて考える」があります。
イメージ

 明日 3月11日(土)は午後2時20から 加古川総合庁舎1階 東播磨生活創造センター「かこむ」講座研修...

兵庫県三木市立教育センターでの講演会「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
イメージ

 3月6日(月)は午後1時から三木市立教育センターで講演してきました。  三木市教育委員会さま...

[ 講演会 ]

貧困のボーダーラインは、親子3人の世帯収入が211万円以下、親子4人の世帯収入が244万円以下

 今や子ども6人のうち1人が貧困と言われており、ひとり親世帯に限ると実に半数以上が貧困状態にあります。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ