コラム

 公開日: 2014-07-16  最終更新日: 2014-08-01

岡山県ライフパーク倉敷での講演会「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」

 6月15日(火)は午後1時半から岡山県ライフパーク倉敷で講演会がありました。
 タイトルは「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」です。
 聞いて下さるのは岡山県備南地区の幼・小・中のPTA役員さん方、約300名です。




 岡山県備前地区・備北地区・備南地区と3地区を同じタイトルで講演させてもらいました。今回はその最終回です。

 「子どもを幸せに伸ばすための親学講座」は親学10か条をもとにお話しさせていただいています。
 上の3つについて深めなお話をさせていただきました。

  1、 子どもの自己成長力を信頼する。(信じて待つ)
                  
  2、 ありのままを愛する。(そのままのあなたが大好き)

  3、 子どもを尊敬する。(もうすでにあなたは素晴らしい)

 1、子どもの自己成長力を信頼する。(信じて待つ)のところでは、子どもは内なる成長衝動に促されて最も適切な時期に成長しているので、親の早すぎる教え込みは控えなければならないことをお話ししました。
 また、親の喜びが子どもの成長や発達を促進していることや、子どもの存在そのものを喜ぶことが子どもを幸せに伸ばしていくとお話ししました。

 2、ありのままを愛する。(そのままのあなたが大好き)のところでは、子どもの問題の80%以上は愛情伝達不足から起こっており、1日1回「そのままのあなたが大好き」と愛情を伝えることの大切さをお話ししました。




 3、子どもを尊敬する(もうすでにあなたは素晴らしい)のところでは、子どもに対する愛についてこのようにお話ししました。
 「日本に初めてキリスト教が伝わった時、宣教師達はキリスト教の中心である『愛』についてどのように訳せばいいのか悩んでいました。
 といいますのもその当時の日本語の愛は、上の者が下の者をかわいがる、愛玩するという意味で使われていたからです。それはキリスト教の『愛』ではなく、執着の愛、煩悩の愛だったのです。
 そこで彼らはキリスト教の『愛』をどう訳したか。
 『ご大切』と訳したのです。
 愛するとは相手を大切に思うこと。
 でもただ大切に思うだけではない、相手に対して尊敬の気持ちを持って大切に思うこと。
 だから尊敬語の『ご』をわざわざつけて『ご大切』と訳したのです。
 愛はそこに尊敬の気持ちが備わってはじめて全うされるのです。
 これは夫婦もしかり。親子もしかりです。
 子どもへの愛もそこに尊敬の気持ちが備わっていてこそ本当の愛となるのです。
 そしてその愛が子どもを本当に素晴らしくするのです。」

 「子どもを幸せに伸ばす親学」とは、子どもをどう育てるのかとは問いません。
 自分は親として、自分としてどうあろうとするのか、どうありたいのか、子どもとどんな親子関係を築こうとするのか、そう自分に問いかけます。
 子どもを変えようとするのではなく、自分の心のありようを見つめ直していこうとするものです。
 子どもが勉強にせよ、何にせよ意欲的に生き生きと物事に取り組んでくれるようになる最大の要因とは「親子関係」です。
 「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、ありのままの自分でありのままの子どもを愛し育てていきましょう。それが一番楽で、一番幸せで、一番子どもが伸びる子育てです。」
 そういう嘘のない、気張りのない、あたたかくて信頼し合える親子関係。そういう関係の中でこそ、意欲や能力や道徳感情や思いやりやそういった人間が生きていく上で必要なものが育つのです。
 
 そのようにお話ししました。
 

 みなさん熱心に聞いて下さいました、ありがとうございます。
 主催して下さった岡山教育事務所の皆さん、大変お世話になりました。
 感謝しております。
 また皆さんにお会い出来る日を楽しみにしています。



 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/


この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

本当に心が軽くなりました!自然と子ども達に優しく接せられている自分に驚いています。

本日の素晴らしい講演で本当に心が軽くなりました。 先生がお...

尾上幼稚園の保護者
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ