コラム

 公開日: 2014-04-14  最終更新日: 2014-08-01

第35回ペアレントセミナー『心理学がわかれば子育てがわかる』 ありがとう<後編>


 <前編>はコチラから→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/393967860.html

 <中編>はコチラから→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/394107590.html



 <下の言葉からグループの皆さん全員で大切だと思うものベスト3を選んで下さい>

 1位       2位       3位

 健康、愛、家族、自由、自己実現、思いやり、努力、
 お金、楽しさ、正しさ、正直、夢、感謝、友人、信頼


 8~10人のグループに分かれて話し合ってもらいました。
 グループでは一人ずつ自分の順位とそれを選んだ理由を発表し、他のメンバーはそれに対して良い悪い、好き嫌いの判断はせず、「この方はこういうふうに考えておられるんだな」と発表者の言葉をそのまま受け止めるようにしてもらいました。
 心を開いて自分の思いを正直に話す、心を開いて相手の話を理解しようとして聴くことを心がけてもらいました。
 
 そして最後にグループとして何をベスト3にするのかを話し合って決めてもらいました。
 終始ワイワイと楽しそうでした。

 あるグループは1位 健康 2位 お金  3位 愛
 あるグループは1位 愛  2位 健康  3位 自由
 あるグループは1位 愛  2位 感謝  3位 夢
 
 
 自分の思いを正直に話せれば話せるほど、そしてそれを理解し受けとめてもらえればもらえるほど、皆さんは自分の主張や意見を譲れるようになったことを感じてもらえたでしょうか。
 相手の思いを理解しようとして真摯に耳を傾ければ傾けるほど、こちらの話も理解してもらえたことを感じてもらえたでしょうか。
 それぞれの考えがそれぞれ違っていることはとても豊かなことで、考えは違っていても全員が納得する合意は出来るのだということを実感してもらえたでしょうか。

 みんな考えは違っていていいんですね。
 かえって違っている方が楽しいですね。
 あなたはあなたのままでいいし、相手も相手のままでいいんです。
 そのままの自分でいいんです。
 そのままの相手でいいんです。
 それが「自己受容」であり、「他者受容」です。

 自分を受け入れる、相手も受け入れる。
 それは自分を開くことであり、自分を開くことによって人の考えや思いも理解できるようになる。
 自分を開くことによってわかり合い、つながり合えるのです。
 考えが違ったまま、わかり合い、仲良く暮らしていけるのです。
 こういうのを「成長促進的人間関係」と言います。
 私たちが自分を開き、子どもたちの前で嘘のないありのままの姿で、そのままの子どもたちを受け入れ、愛し、理解しようと子どもの話に耳を傾けるなら、私たちは子育てを通して人間として成長していっているのです。

 人間として成長するとは「正しい人間」になることではありません。
 「幸せな人間」になることです。
 人間は成長すればするほど幸せになっていくのです。
 そのままの自分を受け入れれば受け入れるほど、そのままの他者を受け入れれば受け入れるほど、自由にそして幸せに生きられるようになります。
 そしてそれはそんなに難しいことではありません。
 それを今日皆さんは体験なさったはずです。
 
 自分の思いを正直に話す、それをグループのみんなに理解し、受け入れてもらえばもらうほど、自分の意見を譲れるようになりましたね。
 安心出来たんですね。
 安心出来たからこだわる必要がなくなったんですね。

 人の思いを良い悪い、好き嫌いの判断をせずに「この人はこう考えておられるんや」とその人の思いを理解しようとしてその人の話を話を聴くことができましたね。
 その聴き方で子どもの話を聞いたらいいんです。
 皆さんが今日グループのみんなにしたように。
 そうしたら心は通じ合うのです。

 最後に皆さんにこの曲をプレゼントします。
 ゆずの「雨のち晴レルヤ」です。
 この曲の歌詞の中に「どんな君でも愛している」てあるんです。
 素敵な言葉ですね。
 「どんな君でも愛している」
 親の本当の気持ちってこれじゃないでしょうか。
 その気持ちに正直に子どもたちに接していけるようこの曲をプレゼントします。
 本日はどうもありがとうございました。

 この曲にのせて皆さんお一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。




 今回のペアレントセミナーに参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
 また次回のペアレントセミナーでお会いできるのを楽しみにしております。


 
 

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ひとつひとつの言葉が本当に優しく、心にすごく響きました。

 「いい子にしようとするから怒らないといけませんけど、  ...

T・T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(29

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ