コラム

 公開日: 2014-04-10  最終更新日: 2014-08-01

第35回ペアレントセミナー『心理学がわかれば子育てがわかる』 ありがとう<前編>

 4月6日(日)はペアレントセミナーの日でした。
 タイトルは「心理学がわかれば子育てが楽になる」。




 約30人の方が参加して下さいました。

 最初にこんな質問をしました。
 「最近、ご飯とかお菓子がおいしくてなかなか痩せられないのが悩みだという方、手を挙げてください。」
 「今、手を挙げられた方は幸せな方です。おいしくご飯を食べられるということは健康な証拠です。それは深刻な悩みがないということです。深刻な悩みがあったら、おいしく食べられないですもんね。」
 これは収入が多すぎて、ついブランド品を買ってしまうという悩みと同じようなものです。
 物事というのは「物の見方」で随分違って見えてくるものです。

 わたし、実は6、7年前借金がたくさんあったんですね。
 ある日、友達の家に遊びにいった時、その悩みを打ち明けたんですね。
 その場に友達のお父さんもおられてこう言うてくれはったんです。
 「借金が出来るということは、それだけ信用があるということや。長谷川君にはそれだけ信用があるということや。」
 それを聞いたとき、不思議なことに今まで肩に重く重くのしかかっていた借金が軽くなったような感じがして、
 「そうか、オレにはそれだけの信用があるってことか」
 そう思うと何か勇気がわいてきて「よし、頑張るぞ!」と前向きな気持ちになれました。
 
 これも「物の見方」です。
 「物の見方」一つで、同じ事柄でも幸せに感じたり、不幸に感じたり・・。

 子育ても「子どもへの見方」ひとつで、親も子も幸せにしたり、不幸にしたりもします。
 「子どもへの見方」は大きく分けて二通りの見方があります。
 一つは性善説に立った見方、もう一つは性悪説に立った見方です。

 性善説に立った見方とは、
 子どもは自ら向上していこうとする性質、良くなっていこうとする性質、つまり善性を宿しているから愛情を持ってあたたかく見守っていれば、自然にいい子に育つという見方です。言い換えれば「信じて待つ子育て、信頼型の子育て」です。

 それに対して性悪説に立った見方とは、
 子どもというものは放っておいたら何もしない、怠けよう怠けようとするものである。だから親や教師がちゃんと見張っていないといけない、やらせないといけない、導いてやらないといけないという見方です。そこから子どもを管理・強制する必要が出てきますから「管理・強制型の子育て」になっていきます。

 ここで皆さんに質問です。
 もし、あなたがもう一度この世に生まれるとしたら、あたたかく見守られる「信じて待つ、信頼型の子育て」の親に育ててもらいたいですか?
 それとも厳しい「管理・強制型の子育て」の親に育ててもらいたいですか?
 そりゃあ、「信じて待つ、信頼型の子育て」の親に育ててもらいたいですよね。
 子どもたちはみんなそういうふうに接してほしいと感じています。
 愛され、信頼され、あたたかい家庭の雰囲気の中で幸せに育っていきたいと願っています。
 
 また、親にとってもこの性善説に立った子育て、信頼型の子育てというのはとっても楽なんですね。
 親が頑張っていい子に育てなくても、子ども自身が自らの力で向上し、良くなっていってくれるわけですから。親がするのはただ一つだけ、愛情を注ぐことだけです。親として賢くある必要もなければ、強くある必要もありません。強いていえばあとひとつ、「信じて待つ」ことだけです。
 子どもを愛情を持って世話し、この子は善い子なんだ、素晴らしい子なんだと子どもを信頼し、任せる、待つ。
 それだけです。
 
 家には3人子どもがおるんですが、一番上の子は初めての子ということもあって随分かまって育てました。結果、いい子に育ちました。
 二番目の子は、二人目ということもあって親にも心の余裕が出来、のんびり育てました。結果、いい子に育ちました。
 三番目の子は、男の子で三番目ということもあって放ったらかして育てました。もちろん愛情はいっぱいかけましたが。結果、いい子に育ちました。

 今僕が思うのは、かまって育てようが、のんびり育てようが、放ったらかして育てようが、愛情を持って、子どもを信頼して育てれば、みんないい子に育つということです。

 みんないい子に育つのであれば、楽に楽しく子育てしていければそれが一番いいように思います。


 <中編>はコチラ→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/394107590.html

 <後編>はコチラ→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/394228161.html


この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「ありのままの自分でいいんですよ」と肯定してもらったようで、心が軽くなりました

 昨年の女性ネットワークでの研修会でのご講演ありがとうご...

S.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ