コラム

 公開日: 2014-01-18  最終更新日: 2014-08-01

三重県桑名市での講演会「反抗期や思春期での子どもとのつきあい方」

 今日は朝6時9分の電車に乗って、三重県桑名市まで講演にやってきました。



 演題は「反抗期や思春期での子どもとのつきあい方」です。



 まず最初に子どもをプラス視点で見ていくことの大切さを実例を上げながらお話ししました。
 『子どもを変えようとするのではなく、子どもへの見方を変える』
 これは教育の大転換なんですね。
 それはつまり「子どもをどうするのか」ではなく、「親の自分がどうあろうとするのか」ということであり、子どもの問題から自分の心のありようの問題へと見方を変えるということです。

 そこで今日は皆さんに紹介したい詩があります。
 「もし思春期をやり直せるなら」という詩です。
 ちょっと読まさせていただきます。

    詩 「もし思春期をやり直せるなら」

    もし子どもの思春期をやり直せるなら、
    勉強のことばかり言わずに
    もっと楽しい話で笑い合うようにします。
    注意やダメ出しばかりしないで
    子どものいい所を見るようにします。
    学費や老後の為だと節約ばかりしないで
    私が生き生きすることに
    もっとお金も時間も使います。
    「あんたが悪いんでしょ」と何もかも子どものせいにしないで
    「ごめんね」と素直に謝ります。
    子どもの問題を子どもの問題とせず
    自分の問題と捉えて
    自分のありようを振り返ります。
    子どもを変えようとせず
    そのままを愛します。
    子どもの将来の為だと
    自分の価値観を押しつけることをやめます。
    口うるさく口出ししないで
    温かく見守ります。
    脅したり厳しいことばかり言わないで
    「大丈夫。なんとかなる。」と
    安心させてあげます。
    子どものことばかりに気をとられていないで
    しっかりと自分の人生を生きるようにします。
    子どもは思い通りにならないものと早々にあきらめて
    望んだ時に援助するように心がけます。
    家庭はラブワゴンで
    家族はあいのりメンバーで
    悩んだり苦しんだりしながら
    それぞれに成長しているのだと考えます。
    家庭生活とは真実の愛を探す旅であり
    真実の愛はいつもそこにあることを忘れずに
    家族全員に
    感謝と尊敬をもって
    接していくようにします。
    遠い幸せではなく
    今ここにある幸せを
    大切に暮らしていきます。
 
                      by はせがわみつる

 「もし皆さんがこの詩で共感される部分があれば教えていただきたいのですが・・」
 と前列の方に聞いてみました。



 「ごめんね」と素直に謝ります。
 に共感される方が2名ほどおられて、なかなか子どもに素直に「ごめんね」と言えないから・・と仰っていました。
 勘違いで怒ってしまったのに、それを素直に子どもに謝るのが難しいときってありますよね。「あんたがちゃんと言わないからでしょ」とか言って、本当は悪いと思っているのに・・。
 でも親だって勘違いもあれば、間違えることだってあります。
 素直に「ごめんね」という気持ちをそのまま言葉に出来たらいいですね。
 
 そのあと、思春期の子どもの特徴とその接し方について資料をもとにお話ししました。

    < 思春期の子どもの特徴 >

1、親に対して批判的になり、矛盾をつくようになる。

2、あまりしゃべらなくなる。秘密を持つようになる。

3、自分の部屋で過ごす時間が多くなる。

4、友人関係を大切にするようになる。

5、外見や能力、周りの目に敏感になり、劣等感を持ちやすい。

6、親に対する言葉遣いや態度が悪くなる。

7、言うことが日によって違う。感情が変わりやすい。


   < 思春期の子どもへの接し方 >

1、親の考えを押しつけない。正論で言い負かさない。

2、決めつけない。頭ごなしに叱らない。

3、兄弟や親戚、同級生と較べない。

4、子どものいい所を見る。

5、「口を出す」愛情ではなく、「そっと見守る」愛情を持つ。

6、「勉強しなさい」等、上から命令口調でものを言わない。

7、強制・管理したりせず、ゆっくりくつろげる家庭にする。


 
 講演の最後に熊木杏里さんの「誕生日」の曲にのせてお一人お一人にそれぞれ違う詩をプレゼントしました。

 皆さん大変熱心に聞いて下さいました。
 本当にありがとうございました。
 またお会い出来る日を楽しみにしております。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/


この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

『元気が一番!』親も子も幸せにする魔法のコトバと素敵な詩をありがとうございました。

 今回のお話の中で  「お母さんが子どもの愛に包まれてい...

K・T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(26

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
岐阜県本巣市連合PTAでの講演会「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」
イメージ

 11月17日(金)は岐阜県本巣市まで講演に行ってきました。 本巣市連合PTA研修大会での講演です。...

[ 講演会 ]

加古川市立志方小学校での講演会「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」
イメージ

 今日11月10日(金)は午前中、加古川市立志方小学校に講演に行ってきました。 テーマは「自信とやる気を引...

[ 講演会 ]

たつの市御津子育てつどいの広場での講演会「無為の子育て 〜あなたのままで100点満点〜」
イメージ

 11月8日(水)は午前中、たつの市御津子育てつどいの広場の「わくわく親子講座」で講演してきました。 テー...

[ 講演会 ]

11月2日の読売新聞朝刊でペアレントセミナーや子育て講演への思いを紹介して頂きました。
イメージ

 今日11月2日(木)の読売新聞朝刊でペアレントセミナーの活動や子育て講演への思いを紹介してくださいました。...

絵本にもなった「世界で一番貧しい大統領 ホセ・ムヒカ氏」の言葉が刺さる!
イメージ

 昨年の4月に来日された元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏が講演で日本の学生に語られた言葉の中に、こんな言葉...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ