コラム

 公開日: 2014-01-08  最終更新日: 2014-08-01

第34回ペアレントセミナー『子どもを幸せに育てる10のルール』 <後半>

 昨日の記事の続きです。
 最初から読みたい方は→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/383938117.html




 でも、子どもを許そう、夫を許そうと思っている間は実は本当には許せないものなんですね。
 そうではなくて、
 自分は許す側ではなくて、許してもらう側だったと気がついたとき、感謝の気持ちがわいてきて本当に許すことができるのです。

 たとえば皆さんが誰かと喧嘩したとします。
 兄弟でも、友達でもいいです。
 そして、喧嘩した相手が「本当にごめんなさい。自分が悪かった」と心から謝ってきたとき、「いや自分の方こそ悪かった、こちらこそ本当にごめんなさい」と思うし、そう口にするでしょ。

 あれが「許す」ということです。 

 相手が悪いんじゃない、自分が悪かったんだと思えたとき、人は人を許すことができるのです。
 そしてこの「自分が悪かった」と思えることこそが救いの扉なんですね。
 自分が正しいと思っている間は人と争ってばかりいなければなりません。
 まさに地獄です。
 「自分が悪かった」と心から頭を下げることができた時、そこに天国の扉は開かれるんですね。
 『天国は狭き門より入れ』て言うでしょ。
 頭を下げて低くしないと天国には入れないんですね。


 

 キリスト教で神様を信じていなかった者が神様を信じるようになることを「回心(かいしん)」と言います。
 心がくるりと一回転して神様の方を向くようになるということですね。
 仏教でも同じように仏様を信仰するようになることを「回心(えしん)」と言います。
 まったく同じ字なんですね。
 心がくるりと一回転して神様、仏様の方を向くとはどういうことか。
 実例を示してわかりやすくお話ししていきます。
 まずは石塚朋子さんという方の詩を聞いて下さい。

      わが子

   ありがとう 千恵
   おかげさま 三希子
   すまなかった 万里子
   あなたがたを導く資格は
   この母になし
   気がつけば わたしが
   手を合わさねばならない方々であった
   三人のわが子
   菩薩さま
            (石塚朋子)


 子どもを導くのではなくて、子どもに導かれていた。
 自分は許す側ではなくて、許される側であったという自覚と同じですね。
 こんな悪い自分であるのに許されていた・・、許してくれていた・・
 そこに感謝の念が起こり、本当の許しが完成するのです。

 もう一つ、詩を紹介したいと思います。
 次は山村暮鳥という方の詩です。
 
   ある時 よくよく見ると
   その瞳の中には
   黄金(きん)の阿弥陀様が
   ちらちらうつっているようだ
   玲子よ 千草よ
   とうちゃんと呼んでくれるか
   自分は恥じる
             (山村暮鳥)
   

 どちらの詩でも子どもを阿弥陀様、菩薩さまと見ていますね。
 神様、仏様とは?
 それは高いお空におられるのではなく、私たちのすぐそばにいる子どもたちかもしれませんね。
 子どもたちは私たちに幸せや喜びを与えてくれ、そして色々なことを教えてくれ、導いてくれています。

 そして、これは非常に逆説的なのですが、
 「この母に導く資格なし」と自覚して初めて子どもを導く資格が生まれるのです。
 「とうちゃんと呼んでくれるか 自分は恥じる」という謙虚な心になって初めて子どもを教え導くことが出来るようになるのです。
 そんな親の言葉であれば、必ず子どもの心に届くのです。
 子どもが親の言うことを聞かないのは親が傲慢だからです。
 「この母に導く資格なし」という謙虚な心で子どもに対するならば、子どもは必ず親の言葉を聴くようになります。
 そこに家庭の天国が実現するのだと思います。

 そのあと、自我(エゴ)と「いのちの心」の観点からも回心について解説しました。
 
 最後に映画『魔女の宅急便』の「やさしさに包まれたなら」の曲にのせて、お一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。








 
 そのあと20分ほど質疑応答の時間を取りましたが、皆さん大変熱心に質問して下さり大盛り上がりでした。
 今回のペアレントセミナーはだいぶん濃い内容の話だったんですが、皆さん熱心に聞いて下さいましたし、「心が楽になりました」「心が軽くなりました」「もっと自分の好きなことをして楽しみます」という感想を言って下さる方が多かったです。
 
 みなさん、本当に年末のお忙しい時に来て下さってありがとうございました。
 また、4月頃には第35回ペアレントセミナーをやる予定ですので、そのときにお会い出来るのを楽しみにしています。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/




この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

『あなたも子どももそのままでいい』その言葉に感銘を受け講演をお願いしました。

   参加された方に感想を伺うと 皆さん「泣いた」「ハンカ...

M・R
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(33

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ