コラム

 公開日: 2014-01-07  最終更新日: 2014-08-01

第34回ペアレントセミナー『子どもを幸せに育てる10のルール』 <前半>

 昨年12月29日(日)は第34回ペアレントセミナー『子どもを幸せに育てる10のルール』の日でした。
 年末の忙しい時期にも関わらず40名くらいの方が参加して下さいました。



 
  < 子どもを幸せに育てる10のルール >

 1、10歳までは寝る前に「大好き」とハグしてあげて下さい。

 2、好き嫌いは無理に直そうとしないで下さい。それは小さなことです。

 3、急かさないであげて下さい。待つことは愛情です。

 4、子どもの話に耳と心を傾けてあげて下さい。聴くことも愛情です。

 5、そのままを愛してあげて下さい。自信はそこから生まれます。

 6、勉強を強制しないで下さい。強制されると嫌いになってしまいます。

 7、習い事は2つまで。やめたいと言い出したらやめさせてあげて下さい。

 8、甘えさせてあげて下さい。十分に甘えられた子が自立できるのです。

 9、子どもの喜びを一緒に喜んであげて下さい。

10、幸せなお母さんでいて下さい。幸せな親が幸せな子どもを育てます。


 
 これを実際に出来るようになるためには「自分を許すこと」が必要です。
 では、どうすれば自分を許せるようになるのでしょう。

 心屋仁之助さんではありませんが 
 「今から私が言うフレーズを口に出して言って下さい。」
 そう言って一人の方に実際に口に出して言ってもらいました。




 「私はいい母親でなくてもいい」


 「私はもっと私を大切にしてもいい」


 「私はもう頑張らなくてもいい
  私は今の私のままでいい」


 「私はもっと自分のために
  お金も時間も使ってもいい」



 そこまで言うと、その方の目には涙があふれてきました。

 「今、どんなお気持ちですか?」

 「なぜか涙が出て来て・・、泣けてきて・・」

 「そうですか・・。また一人女性を泣かせてしまいました。
  僕は罪な男です。」(会場笑い)

 
 みんなお母さんたちは多かれ少なかれ「いい母親」であろうとし、でも思うようには出来なくて自分を責めているところがあるのです。
 みんなお母さんたちは自分のことは二の次、三の次にして子どものため家族のためを思って、買いたいものも買わず、したいことやりたいことも我慢しているのです。
 でも、心の中では辛抱ばかりさせられている自分は泣いているのです。

 そして、自分に辛抱を強いている張本人は自分自身なのです。
 口に出して「私は◯◯してもいい」というのは、自分が自分に禁止してきた本当の心の声なのです。
 それが言えた。今まではそれを言えなかったのです。
 自分の本当の気持ちを言えた。
 だから涙があふれるのです。
 そしてまた、それは自分を縛っていたものからの解放を促すのです。

 その方は、帰り際「スッキリしました」と言っておられました。




 自分を許すと楽になりますが、子どもや夫を許しても楽になるんですね。

 「私はもう夫のことを許してもいい」

 「私は夫に機嫌良く接してもいい、やさしくしてもいい」

 「私は子どもの欠点やダメなところを許してもいい」

 「私は子どもを公立高校に入れなくてもいい
  私立高校でもいい、お金がかかってもいい」

 「私は家事を手抜きしてもいい
  子どもも勉強を手抜きしてもいい」

 「私はしんどい時は仕事に行かなくてもいい
  子どももしんどい時は学校に行かなくてもいい」

 「私はだらしなくてもいい、のんびりしてもいい
  子どももだらしなくていい、のんびりしてもいい」


 皆さん、どうでしょうか?
 夫や子どもを許すと楽になるでしょ。
 なぜでしょうか。
 それは「許すことは許されること」だからです。

 
 (後半につづく→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/384023974.html




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/


この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ひとつひとつの言葉が本当に優しく、心にすごく響きました。

 「いい子にしようとするから怒らないといけませんけど、  ...

T・T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(29

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
教育委員会定例会で「しあわせになるれんしゅう」を教育長が紹介してくださいました。
イメージ

 今日、何気なく「長谷川満 しあわせになるれんしゅう」と検索してみたら、2ページ目に2年前の赤磐市の教育委...

子どもの自己肯定感や自尊感情を育む講演テーマベスト5
イメージ

  自己肯定感をテーマに講演をお考えの主催者様へ  今、教育界では自己肯定感や自尊感情という言...

[ 教育講演会・人権講演会のテーマ ]

「6歳の娘の指吸いをやめさせたい」という相談から見えてきたお母さんの思い

 先日の第5回参加型子育てパネルトークがあった際、 一人のお母さんからお悩み相談を受けました。 6歳...

アドラー心理学の子育てには「対等な関係」だけでなく「共同体感覚」の養成が必須
イメージ

 昨日6月3日(日)は午後から第5回参加型子育てパネルトークがありました。 テーマは「アドラー心理学の子...

[ 子育てパネルトーク ]

第68回「社会を明るくする運動・青少年健全育成」彦根市大会で講演します。会場/ビバシティ彦根
イメージ

 平成30年7月1日(日)ビバシティ彦根で講演します。 テーマは「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」。...

[ 教育・人権講演会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ