コラム

 公開日: 2013-11-14 

悟りと子育て

 親であれば誰しも子どもを「いい子」に、「賢い子」に、「強い子」にと育てようと思うものです。
 この思い自体は何もおかしくありませんし自然なことですが、「ではどうすれば?」ということになってくるとちょっと考えなくてはなりません。

 「いい子」に育てるために厳しく接するようにすると、子どもが健全に成長していくために必要な「甘えを受け容れてもらうこと」が不足し、かえって育ちを歪めてしまうことになってしまいます。
 また、「賢い子」にしようと早くから、机に座って勉強することを強要すると、学習はつらいもの嫌なものという先入観念を植え付けてしまうことにもなりかねません。

 では、どうすれば?
 
 少し例を引いて説明してみます。
 たとえばここに悟りを開きたいと熱望する若きひとりの僧がいたとします。
 彼は悟りを開くために、あらゆる修行、苦行を重ねます。
 でも、いくら修行を重ねても悟りを開きたいという思いに執着していては悟りを開くことはできません。
 悟りとは、実は「執着を離れた心の状態」に至ることなので、その「思い」を手放していくことこそが必要なのです。
 ここで一つの矛盾に突き当たります。

 悟りを開くために努力している。
 その努力は「悟りを開きたい」という執着からきている。
 その執着を手放す必要がある。
 それは悟りを開く努力を放棄することを意味する。

 悟りを開くためには、悟りを開く努力を放棄しなければなりません。

 実際、お釈迦様(ゴータマ・シッダルータ)は6年もの苦行の末、悟りを得ることは出来ず、苦行をお捨てになります。飢えと乾きに耐えきれず、スジャータの差し出す乳粥を飲まれたのです。彼はその後、菩提樹の下に座り瞑想に入ります。様々な煩悩が浮かんでは消えてゆきます。彼は煩悩を抑えようとはせず、その自らのあるがままの煩悩を見つめます。すべての煩悩が彼の脳裏を通り過ぎていったとき、「空(くう)」と一体となり悟りを開かれたと言われています。

 悟りとはどんなものか、宇宙と一体である自覚とか、絶対安心の境地とか様々に言われますが、平たく言えば「本当のことが見えるようになった」ということのようです。そして、その本当のことというのは「すべては美しい」ということのようです。それを言葉ではなく、心で実感するのでしょうね。

 子育てもこの「悟りを得ること」ととても似ていて、いい子にしようと親が一生懸命努力している間はかえってうまくいかなくて、そういう「我の思い」や「執着」を手放して、「元気やったらそれでいい」と子どものありのままを愛していくようにするとかえって「いい子」に、「強い子」に、「賢い子」に育っていきます。

 そのとき、悟りではありませんが、はじめからこの子は素晴らしい子であったと本当のことが見えるようになるのではないでしょうか。

 さしずめ、子どもの悪い所ばかりが目についている間は、仏教で言う「迷い」の状態であり、目を覚まさなければいけないのは、子どもの善さ、素晴らしさが見えていない私たち親の方かもしれません。





 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/



この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ひとつひとつの言葉が本当に優しく、心にすごく響きました。

 「いい子にしようとするから怒らないといけませんけど、  ...

T・T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(29

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」 ありがとう<後編>
イメージ

前編からお読みになりたい方は→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/447811932.html  では、もう...

[ ペアレントセミナー ]

第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」 ありがとう<前編>
イメージ

 3月11日(土)は第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」がありました。 約...

[ ペアレントセミナー ]

明日 3月11日(土)は午後2時20分から「アドラー心理学の子育てについて考える」があります。
イメージ

 明日 3月11日(土)は午後2時20から 加古川総合庁舎1階 東播磨生活創造センター「かこむ」講座研修...

兵庫県三木市立教育センターでの講演会「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
イメージ

 3月6日(月)は午後1時から三木市立教育センターで講演してきました。  三木市教育委員会さま...

[ 講演会 ]

貧困のボーダーラインは、親子3人の世帯収入が211万円以下、親子4人の世帯収入が244万円以下

 今や子ども6人のうち1人が貧困と言われており、ひとり親世帯に限ると実に半数以上が貧困状態にあります。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ