コラム

 公開日: 2013-08-28 

放てば手に満てり ~不登校について考える~

 冬季オリンピックで銅メダルに輝いた高橋大輔選手は一度、右膝のケガのリハビリの苦しさと再起への不安から、連絡先も言わず、1週間ほど全てを投げ出して失踪したことがあったそうです。

 行方がわからなくなって1週間後、彼が姿を現したのは大学時代住み込みでお世話になった長光歌子コーチの自宅でした。中学生の頃から彼を指導し、彼が失踪してからというもの、ず~っと心配されていた長光コーチは高橋大輔選手にこう言います。

「大輔、戻っておいでよ。
そんなにしんどかったら、フィギュアやめたっていいんやで・・。
フィギュアをやっていようが、辞めようが、私にとって大輔は大輔やし・・。
本当にやめてもいいんやで。私から、スタッフみんなに謝ったるから・・、
それも大切な私の仕事やから。」

 コーチの言葉に心が楽になった高橋選手は、同時に自分がどれだけ愛されていたかを知ります。
 「もう一度、僕に力を貸して下さい。」
 高橋選手は待っていてくれたチーム大輔のスタッフに頭を下げて頼みます。
 「よし、がんばるか。」
 笑顔で応えてくれたスタッフを見て、いかに自分が多くの人に応援され支えられていたかを高橋選手は知ります。

 それからの厳しいリハビリ、再起への不安、プレッシャー、猛練習・・
 それは本当に過酷な闘いの連続であったのですが、「一度は逃げ出した僕を、こんな僕を許し、支え、応援してくれているみんながいる。自分は一人ではない。」そんな思いが彼を支え、あのオリンピックでメダルを取るまでになりました。

 そして「いろんなことがあったけど、今はそれらも全部込みでよかったって思えます。」と。

 話は変わって・・

 子どもが不登校になった時、
 それは高橋選手が失踪した時と同じなのではないでしょうか。
 あの時コーチにあんなふうに言ってもえなかったら、彼は戻って来れなかったかもしれない。
 
 子どもが不登校になった時、
 きっと親にはわからない逃げ出したいようなことがあるのでしょう。
 そんな時、「学校に行っていようが、行っていまいが、お母さんにとっては、あんたはかわいい我が子。ゆっくり休んだらいいやん。」と言ってもらえたら、どんなに嬉しく心休まることでしょう。そして心癒されて元気が出てきて、学校に行く勇気もわいてくるように思います。

 長光歌子コーチは、フィギュアの高橋大輔選手ではなく、ありのままの、弱いままの、そのままの高橋大輔でいいと自分の中の「我の思い」を手放された。
 そして、それがありのままの高橋大輔だけではなく、フィギュアスケーターの高橋大輔選手も戻ってくることになった。

 放てば手に満てり・・

 不登校の子に対しても、ありのままの、弱いままの、そのままの我が子でいいと「我の思い」を手放せた時に、元気に学校に通う我が子が戻ってくるのかもしれません。

 

 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/



この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

共育フォーラムの趣旨にピッタリの講演でした。

 優しい語り口調で心温まる講演でした。  お話をお聞きして...

T.K
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
教育委員会定例会で「しあわせになるれんしゅう」を教育長が紹介してくださいました。
イメージ

 今日、何気なく「長谷川満 しあわせになるれんしゅう」と検索してみたら、2ページ目に2年前の赤磐市の教育委...

子どもの自己肯定感や自尊感情を育む講演テーマベスト5
イメージ

  自己肯定感をテーマに講演をお考えの主催者様へ  今、教育界では自己肯定感や自尊感情という言...

[ 教育講演会・人権講演会のテーマ ]

「6歳の娘の指吸いをやめさせたい」という相談から見えてきたお母さんの思い

 先日の第5回参加型子育てパネルトークがあった際、 一人のお母さんからお悩み相談を受けました。 6歳...

アドラー心理学の子育てには「対等な関係」だけでなく「共同体感覚」の養成が必須
イメージ

 昨日6月3日(日)は午後から第5回参加型子育てパネルトークがありました。 テーマは「アドラー心理学の子...

[ 子育てパネルトーク ]

第68回「社会を明るくする運動・青少年健全育成」彦根市大会で講演します。会場/ビバシティ彦根
イメージ

 平成30年7月1日(日)ビバシティ彦根で講演します。 テーマは「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」。...

[ 教育・人権講演会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ