コラム

 公開日: 2013-08-21  最終更新日: 2014-08-01

講演「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」 〜和歌山県白浜町で先生対象の研修会〜

 昨日は和歌山県白浜町まで講演に行ってきました。
 テーマは「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」。
 聴いて下さるのは白浜町の保育園・幼稚園・小中学校の先生方です。
 白浜町教育研究会と白浜町人権教育研究会との合同研修会での講演です。



 子どもたちに命の大切さを伝える。
 それは一般論として「命は大切なものだ」と伝えるのではなく、何かこうもっと具体的にといいましょうか、その子にとって自分のこととしてと申しましょうか、「ああ、自分は大切な存在なんだ」と心で実感できるように伝えることが大切なんだと思います。

 以前公共広告機構のCMで
 「命は大切だ。命を大切に。そんなこと何千何万回言われるより『あなたが大切だ』誰かがそう言ってくれたらそれだけで生きていける。」
 というのがありましたが、
 いま子どもたちに一番必要なのは「あなたが大切だ」という心からの言葉や関わりだと思うのです。
 
 それでは、子どもたちを大切にする関わりとはどんなものでしょう?
 子どもたちはどんな時に自分は大切にされていると感じるのでしょう?



 まず一番にあげられるのが「子どもの話を聴く」ということです。
 聴くというと何か受け身な感じがしますが、実はこれほど肯定的で強力なメッセージはありません。
 子どもの話を聴く。
 それは、あなたは私にとって大切な存在ですよ、あなたのことを愛していますよ、あなたのことを理解したいと思っていますよと言ってるのと同じことなんですね。
 それが自己肯定感や自尊感情を養っていくんですね。

 子どもの話を聴く上で注意すべきなのは、私たちはついつい事実関係を中心に子どもの話を聞いてしまいがちだということです。
 ◯◯君が先にたたいた。
 ◯◯君がこう言った。
 こういったことも大切ですが、子どもが本当に聴いてほしいのはその時の自分の気持ちです。
 だから結論を急ぐことなく、その時の子どもの気持ちを丁寧に聴いてあげることが大切です。
 それはいいこと、それは悪いことといった評価を下さずに、子どもの気持ちを理解しようとすること。
 
 「気持ちをわかってもらえた」
 それは子どもにとって本当に嬉しいことです。
 
 そういった意味で、2番目にあげられるのは「子どもの気持ちをわかろうとする」ということです。
 子どもを大切にするということは、子どもの気持ちを大切にするということです。
 
 最後、3番目にあげられるのが「認めて、ほめる」ということです。
 認めるとは見留めるです。
 その子のいい所を目にとめるということです。
 そして君にはこんな素晴らしい所があるよと教えてあげるのが「ほめる」ということです。

 自分のことをちゃんと見ていてくれた。
 自分のことをそんないいふうに見ていてくれた。

 それは大切にされていると感じると同時に子どもの自信や勇気となり、「自分は大切な存在なんだ」と自己肯定感や自尊感情を高めることにもつながっていきます。


 「いのちの大切さを伝える」というとこちらが相手に伝えていくように思いがちですが、実は「話を聴く」とか「気持ちをわかろうとする」とか、こちらが受ける側になればなるほどよく伝わるようになります。 
 なぜならそのことによって子どもとのつながり、絆が太くなるからです。
 そして、子どもとの「あたたかい信頼し合える関係」の回復や「尊重し大切にし合える関係」の回復こそが子どもの自尊感情を高め、「自分の大切さ」つまり「いのちの大切さ」を伝えることになるのだと思います。

 
 そのようにお話しさせて頂きました。
 最後にミスターチルドレンの「GIFT」の曲にのせて、200種類のそれぞれに違った詩をお一人お一人にプレゼントしました。



 今回の講演では「自分のいのちの声を聴く」ということもお話しさせて頂きました。
 それは自分の素直な気持ちに耳を傾けるということ。
 自分の素直な気持ち、それが甘えであろうが、わがままであろうが、弱さであろうが、自分の正直な気持ちに耳を傾けられるからこそ、子どもの話にも耳を傾けられるようになるし、子どもの気持ちもわかるようになるのだと思います。
 自分を大切にするということは、そういう自分の素直な気持ち、正直な気持ちを大切にすることなんだと思います。
 

 聴いて下さった皆さん、本当にありがとうございました。
 送り迎えから、詩を配ることから、何から何までお世話いただいた坂本校長先生、本当にお世話になりました。おみやげにもらったお野菜、とてもおいしかったです。
 また、皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/


 
 

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

今日お聞きしたお話忘れません

二児の母で看護師です。 先生が紹介されたコラムと同様な10数...

福山由美
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ