コラム

 公開日: 2013-06-12  最終更新日: 2014-08-01

兵庫県平岡東小学校での講演会 「 無為の子育て 」

 今日は午前中、加古川市立平岡東小学校で講演会がありました。
 演題は『 無為の子育て ~あなたのままで100点満点~ 』。



 無為とは、2500年前の中国の老子の言葉です。
 「はからうことなく、ありのままにそのままに、自然にお任せする」という意味です。
 ですから「無為の子育て」とは、強い子にしようとか賢い子にしようとか、そういうはからいを捨てて、あるがまま自然のままに子育てしていきましょうということです。
 あるがままですから、親である自分も「いい親」になろうとしない。
 いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、そのまま育てていく。
 それが一番楽だし、幸せだし、子どもが本来持っている意欲や能力も一番よく伸びるんですね。

 今「奇跡のりんご」という映画をやっていますが、
 子育てを、無農薬・無肥料でりんごの木を育てることに例えるなら、何より重要なのは「 土 」です。
 あったかくて、やわらかくて、自然の匂いがする「 土 」があって初めてりんごはその根をたくましく伸ばしていくことができます。
 では、子どもにとって「 土 」にあたるものは何でしょう。
 それは親です。
 子どもが伸びるために一番重要なのは、あったかくて、やわらかくて、つまり堅いことは言わないで、自然のままの、ありのままの自分で育てるということです。
 


 「奇跡のりんご」のモデルとなられた木村秋則さんはこんなことを仰っています。
 「人間はどんなにがんばっても自分ではりんごの花ひとつも咲かすことは出来ない。
  主人公は人間じゃなくてりんごの木だってことがわからなかったんだよ。
  自分がりんごを作ると思い込んでいたの。
  自分がりんごの木を管理しているんだと。
  でも、そうじゃない。
  私に出来ることはりんごの木の手伝いでしかないんだよ。
  失敗に失敗を重ねて、ようやくそのことがわかった。
  それがわかるまで本当に長い時間がかかったな。」

 これって子育てにも言えますよね。

 「主人公は親じゃなくて子どもなんだってことがわからなかったんだよ。
  自分が子どもを育てると思い込んでいたの。
  自分が子どもを管理しているんだと。
  でも、そうじゃない。
  親に出来ることは子どもの手伝いでしかないんだよ。
  失敗に失敗を重ねて、ようやくそのことがわかった。」

 ほら、ピッタリとあてはまるでしょ。
 木村さんはこんなことも仰っておられます。
 「自分は、育ててやってるって上から見下ろす傲慢な考えだった。
  やっぱりりんごの立場で考えないと。主役はりんごなんですよ。」
 私たち親も、知らず知らずのうちに子どもに対して傲慢になっている気がします。
 もっと子どもに寄り添う姿勢で、もっと謙虚な姿勢で子どもに向き合う必要があるように思います。


 そのようにお話しした後、「無為の子育て」の3つのポイントを解説しました。

 
       < 無為の子育て >

   1、子どもに求めない

   2、ありのままの自分でありのままの子どもを愛する

   3、素晴らしい子だと信じる


 解説の途中、絵本「かみさまからのおくりもの」を皆さんに紹介しました。


 
 曲はビートルズの「 Let it be 」を訳詞付きの歌詞をみてもらいながら聴いてもらいました。

 最後にこのようにお話ししました。
 「子どもは尊敬されれば、それに値する人になろうとします。
  子どもを変えようとするのではなく、子どもへの見方を変える。
  子どもがどんなときも『あなたは素晴らしい』と言ってあげて下さい。
  子どもたちは、自分の良さや自分の素晴らしさをまだ知りません。
  だから教えてあげてほしいのです。
  あなたはこんなに素晴らしいと。
  でも、それは何かが出来るから素晴らしいのではありません。
  あなたがいてくれることが素晴らしいのです。
  あなたがいてくれるだけで素晴らしいのです。
  それは私のもとに生まれてきてくれてありがとうということです。
  最後に皆さんに曲と詩のプレゼントがあります。
  曲は浜崎あゆみさんの「 How beautiful you are 」です。
  日本語に訳しますと「あなたはなんて素晴らしい」。
  詩はお一人お一人それぞれに違う詩です。
  あなたのもとに来た詩はあなたのだけの詩です。
  その詩があなたに幸せな気づきをもたらすことを心より願っております。
  本日は本当にありがとうございました。」






 講演会に参加して下さった皆さん本当にありがとうございました。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/


この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「ありのままの自分でいいんですよ」と肯定してもらったようで、心が軽くなりました

 昨年の女性ネットワークでの研修会でのご講演ありがとうご...

S.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
平岡北小学校から講演「自信と意欲を引き出す『プラスの問いかけ』」のお礼状が届きました!
イメージ

 11月30日(木)に講演させていただいた平岡北小学校からお礼状が届きました。  (2017年11月3...

[ 講演会の感想 ]

おかげさまで30周年!家庭教師システム学院 入会金半額¥10,800円 

 2017年12月1日で家庭教師システム学院は30周年を迎えることができました。 こうして30年間やっ...

人権教育講演会「自信とやる気を引き出す『プラスの問いかけ』」加古川市立平岡北小学校
イメージ

 昨日11月30日は加古川市立平岡北小学校で人権教育講演会がありました。 約51名の保護者の方が参加して...

[ 講演会 ]

自己実現する、自己実現を援助するためには「自分勝手である覚悟」が必要だ

 昨日のブログの続きです。 昨日のブログはこちら➡︎http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/455087709....

『はるや日記』のユミエさん「諦めるとか、許すとか、信じるとか、それらはみんな同じこと」
イメージ

 11月23日はずーーっとお会いしたいと思っていた「はるや日記」のユミエさんに会ってきました。 京都の...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ