コラム

 公開日: 2013-04-27  最終更新日: 2014-08-01

和歌山県田辺市で「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」を講演

 きのうは和歌山県田辺市へ講演に行ってきました。
 田辺・西牟婁地区の小中学校の教頭先生対象の講演です。
 講演のテーマは「いのちの大切さをこどもたちにどう伝えるか」。






 以前、公共広告機構のCMで
 「命は大切だ。命を大切に。そんなこと何千何万回言われるより『あなたが大切だ』。誰かがそう言ってくれたら、それだけで生きていける。」というのがありました。
 今、子どもたちに最も必要なメッセージとは『あなたが大切だ』という心からの言葉や関わりなんだと思います。では、それをどう伝えていくか。

 自己肯定感を高める取り組みは学校現場でも必要なことですが、やはり最も重要なのは家庭での関わりです。自己肯定感の基盤は親子の愛情関係にあります。親御さんに子どもとどう関わってもらうか、<自己肯定感を育てる親子関係の作り方>という資料をもとに皆さんと考えていくことにしました。


 <自己肯定感を育てる親子関係の作り方>

 1、言葉とスキンシップで愛情を表現していますか

 2、子どもの話を聞いていますか

 3、子どもの欠点や失敗をあたたかく受け入れていますか

 4、待つことや任せることで、信頼していることを伝えていますか

 5、そのままの子どもを愛していますか


 どうして「~していますか」と疑問形なのか。
 それは子どもの自己肯定感を育てる上で「どんな子どもに育てるか」が重要なのではなく、親である自分が「どうあろうとするのか、どうありたいのか」と自分のありかたを見つめ直すその姿勢こそが大事だからです。自己肯定感は関係の中で育まれます。子どもに求めるのではなく自分のあり方を見つめ直そうとする、親の謙虚な姿勢こそが「自己肯定感を育てる親子関係』をつくるのです。
 絵本も紹介しながらお話ししました。



 「あなたが大切だ」ということは「あなたの弱さも大切だ」ということです。
 なぜなら、あなたの弱さもあなたの大切な一部だからです。
 人は一人で生きているのではありません。
 人は支え合って、つながり合って生きています。
 それは人間が強いからではなく、弱いからこそ助け合って生きているのだと思います。
 弱さは否定されるものではなく、むしろ人と人がつながり合って生きていくための大切なものなのではないでしょうか。

 大人が悩み苦しみを抱えているように、子どもたちもまた苦しみや悲しさを抱えています。
 私たちはその痛みに気づき、寄り添い、それを分ち合うことこそが「いのちの大切」を伝えることになるのだと思います。
 そしてそう出来るのは、私たちが賢いからでもなく、敏感だからでもなく、私たちもまた痛みを抱え、弱さを持った存在だからです。
 自分の弱さを認め、受け入れた時、それは他者への思いやりや「許す力」へと変容します。
 そして、それを持つことができた時、はじめて本当の意味で「命の大切さ」を伝えることが出来るようになるのだと思います。

 最後に詩「弱さという贈りもの」(http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/111147112.html)を朗読したあと、小田和正さんの「たしかなこと」という曲にのせて皆さんにプレゼントしました。

 
 皆さん、熱心に聞いて下さいました。
 本当にありがとうございました。
 またお会いできる日を楽しみにしています。




 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/


この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

今日は、改めて、子どもがたまらなく愛おしく感じました。

長谷川先生、今日の長崎での出逢いに、感謝します。 お疲れあ...

日田陽子
  • 女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ