コラム

 公開日: 2012-12-16 

勉強は強制されると嫌いになる


 子どもに勉強を強制することは慎まなければなりません。

 なぜなら、何事にせよ、自分の意思に反して、強制され無理やりさせられると嫌いになってしまうからです。

 強制すればするほど、勉強について叱れば叱るほど、子どもは勉強が嫌いになっていきます。それだけでなく反抗的になり、親子関係も悪くなってしまいがちに・・。
 そうなってしまうと、子どもは勉強するフリをするようになり、親がこんなに塾に行かせたりしているのに、どうして成績が上がらないの?という事態になります。

 では、どうすればいいのか?

 自分自身の子育てを振り返って見ると・・、
 勉強は言われてするものでもなければ、言われて出来るものでもない。
 本人にやる気がなければ、周りがいくらうるさく言っても、それは勉強を嫌いにさせるばかりだ、と思っていましたので、管理・強制はしませんでした。
 (皆さんが子どもだった時もそうだったでしょう?自分がしようと思わなければしなかったのでは?)

 自分の子どもの時を思い返しても、自分で「やろう」と思った時は勉強したし、「やろう」と思わなければ、誰に何を言われても勉強しませんでした。むしろ言われれば言われるほど余計に嫌になりました。あまのじゃくで、言われることの反対のことばかりをしていました。その遺伝子を受け継いでいる子どもたちですから、「勉強しなさい」なんて言えば逆効果なのは明らかです。「勉強しなさい」と言うのはマイナスだと本気で思っていましたから、言いませんでした。
 
 子どもに勉強を強制したばっかりに、親子関係が悪くなったのでは何にもなりません。親は自分を強制・管理するばかりで、ちっとも自分の気持ちなんか理解しようとしてくれない、と子どもが感じるようなら、全く子どもの為にはなっていないのではないでしょうか。
 逆に、お父さんお母さんは僕の気持ちやペースを大切にしてくれた、勉強を押し付けることはなかった、いつも私の気持ちや希望を最優先にしてくれた、と子どもが思えるなら、困った時でも色んなことを相談しやすいかな、なんて思います。

 子どもの気持ちや自由を尊重しながら学習を支援する。
 時には支援を提案する。でも、押し付けはしない。
 それには、親自身が、子どもの気持ちや自由を尊重できるだけの精神的余裕やそれを認められる心の広さが必要です。
 
 結局、子どもの問題というものは、いつも自分(親)のあり方の問題に戻ってきます。  

                       (ブログ「長谷川満の親学講座」より)
 

 家庭教師として多くの生徒たちを指導するうちに、子どもを管理・強制することはできないし、そんなことは逆効果になるだけだということを実感しました。何を言おうが、何をしようが、子どもを思い通りに変えることはできないし、子どもを大人の思ういい子にしようなんてことは大人の傲慢なのではないかと考えるようになりました。それは、教育の敗北ではなくて、人間の自由の崇高さを表しているのだと思います。

 そのままの子どもを認め、尊重し、「君は素晴らしいよ」「君はどんどん伸びるよ」とプラスの関わりをしていれば、子どもは自然に善くなっていくことを経験的に知りました。子どもの善さを引き出すためには、教育にあたるものがそれを見出し、認めて誉めていく。そうするとそれがどんどん引き出されてきます。教育とは本来、その子の中にあるものを引き出すことであって、大人が必要だと思うものを詰め込むものではないのだと思います。

 子どもをよくしようとして色々と注意したり、時には強制・管理することは、現状の子どもを否定することでもあるのです。「今の君では不十分だ」と。否定されたらヤル気は起きません。

 君はそのままで素晴らしいよ、と現状を肯定されると、嬉しいし、安心するし、かえってヤル気も出ます。よし、もっとがんばろうって。
 
 そういうプラスの関わりこそが子どもを伸ばす、と僕は考えています。


 

 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/


この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

『あなたも子どももそのままでいい』その言葉に感銘を受け講演をお願いしました。

   参加された方に感想を伺うと 皆さん「泣いた」「ハンカ...

M・R
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(33

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
講演会のご感想「ガミガミ怒ってしまう自分、子どもの話を聴けていない自分を反省しました」

 また、『たつの市立小宅保育所』の保護者の方から講演会の感想のコメントをいただきました。 兵庫県たつ...

[ 講演会の感想 ]

「甘え」や退行を受け入れられることで幼稚園児の成長は支えられている
イメージ

 孫のめいちゃん(4歳)はこの春から幼稚園に通いだし、その成長には著しいものがあります。 お友達に譲る...

「主人に結婚してくれてありがとうと伝えました!」たつの市立小宅保育所から喜びの感想
イメージ

 6月22日に講演しました『たつの市立小宅保育所』の保護者の方からこんなコメントをいただきました。 ...

[ 講演会の感想 ]

「アドラー心理学の子育てについて語り合う」6月3日(日)第5回参加型子育てパネルトーク
イメージ

   「すべての悩みは人間関係の悩みである」by アドラー 人生を生きる上で人間関係ほど大切なも...

兵庫県たつの市立小宅保育所で「甘える、待つ、自己肯定感の大切さ」について講演しました
イメージ

 今日5月22日(火)は午前中、たつの市立小宅保育所まで講演しに行ってきました。 テーマは「子どもが伸び...

[ 講演会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ