コラム

 公開日: 2012-10-31  最終更新日: 2014-08-01

兵庫県加古川市立野口南幼稚園での講演会 「子どもの気持ち、親の気持ち」

 
 昨日30日は午前中、野口南幼稚園に講演に行ってきました。
 タイトルは「子どもの気持ち、親の気持ち」。



 親の気持ち、親の願いっていうのは、これは人によって様々です。
 強い子にしたいとお考えの方もいれば、やさしい子にと願われる方もおられるでしょう。
 それらはどれが正しいとか、どれがいいとかはなくて、その親御さんによって色々です。
 でも、子どもの気持ち、子どもの願いというものはだいたい共通しています。
 
 子どもはまず何よりも大好きなお母さんから「愛されたい」と願っています。
 いい子として愛されたいのではありません。
 そのままの自分で愛されたいのです。
 「そのままの自分で愛されている」
 子どもにとってそう思えることが、どんなに幸せで、どんなに嬉しく、どんなに自信がつくことでしょう。
 「そのままのあなたが大好き」
 その言葉は親が子どもに贈ることができる最高のプレゼントです。
 これこそが自己肯定感を育む言葉です。
 では、その言葉をどのようにして伝えればいいのか。
 今日は皆さんに紹介したい絵本があります。
 「いいこってどんなこ?」という絵本です。



 うさぎのバニー坊やがお母さんに尋ねます。
 「いいこってどんなこ?泣かないのがいい子なの?」
 「泣いたっていいのよ」
 「強い子がいい子なの?」
 「強くなくてもいいのよ」
 バニー坊やがどんなふうに尋ねてもお母さんは「いいのよ」と受け入れてくれます。



 バニー坊やは最後にこう尋ねました。
 「じゃあ、お母さんは僕がどんな子だったらうれしい?」
 お母さんはにっこり笑って答えました。
 「バニーはバニーらしくしてくれるのが一番よ。
  だってお母さんはいまのバニーがだいすきなんですもの」
 
 おしまい。

 そうして、もう一度、今度はこの絵本を読んでやっている我が子にこう言ってやってください。
「◯◯ちゃんは◯◯ちゃんらしくしてくれるのが一番よ。
 だってお母さんはいまの◯◯ちゃんが大好きなんですもの」
 そう言ってハグして、やさしく微笑んで「おやすみ」と言って寝かしてやってください。

 そうして幸せのうちに眠りにつく世界一幸せな子どもたちがいます。
 
 実はこの絵本は、そのようにして読むと「おねしょ」がぴたりと止まる魔法の絵本と呼ばれているのです。

 子どもの問題の8割以上が愛情伝達不足から来ています。
 愛情はあるのです、親には。でもそれをちゃんと伝えていないことが多いのです。
 だから、絵本きっかけでもいいですから1日1度は「あなたが大好き」ということを伝えてあげてください。

 次に子どもは「甘えたい」と願っています。
 今、幼稚園や保育園で子どもたちがままごとをしたら何の役が人気だと思いますか。
 実は、赤ちゃんです。みんな赤ちゃんになりたがるんです。
 甘えられるからです。
 もっと最近では、ペットです。
 赤ちゃんよりもペットになった方が、もっと甘えられるからです。
 それだけ家で甘えられていない子が多いということです。
 甘えさせると弱い子になるというのはただの思い込みです。
 子どもらしく甘えられる時期に、十分に甘えるということは、精神発達上とても大切な事なのです。
 甘えさせると、自立出来ないんじゃないかと心配される方がありますが、実は逆なんです。
 甘えの欲求を十分に満たされた子どもが自立していけるのです。
 甘えの欲求が満たされ、子どもの心の中にしっかりと親子の絆が結ばれているからこそ、子どもは親から離れていけるのです。

 3つ目は「ほめられたい」。
 ほめられる喜びは自信となり、前向きな意欲を呼び起こします。

 4つ目は「喜ばれたい」。
 自分は喜ばれる存在である。そう思えることは本当に嬉しいことです。だから、子どもは自分から「お手伝いする」って言うでしょ。子どもにお手伝いしてもらう目的の一つは子どもに「ありがとう」を言うことです。子どもはありがとうって言われるたび、人の役に立てる喜びや、喜んでもらう喜びを知ります。

 まとめますと子どもは「愛されたい」「甘えたい」「ほめられたい」「喜ばれたい」と願っています。
 そしてこれらの願いが満たされて育つことが、子どもが健全に育つ上で大切なことなのです。

 そのようなお話をしました。

 最後に小田和正さんの「たしかなこと」にのせて、お一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。






 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/



この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

今日お聞きしたお話忘れません

二児の母で看護師です。 先生が紹介されたコラムと同様な10数...

福山由美
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「子育ては待つ練習、夫婦は許す練習、人生は笑う練習」太子町立石海幼稚園の講演より
イメージ

 今日は10月17日(火)は午前中、太子町立石海幼稚園に講演に行ってきました。 テーマは「子育ては待つ...

[ 講演会 ]

福岡県北九州国際会議場での講演会「親学講座」 〜親としての自分を見つめ直す〜
イメージ

 昨日10月15日(日)は午前中、北九州国際会議場で講演会がありました。 テーマは「親学講座」。...

[ 講演会 ]

兵庫県加古川市立野口小学校での講演会「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」
イメージ

 10月12日(木)は午前中、加古川市立野口小学校で講演会がありました。 テーマは「自信とやる気を引き...

[ 講演会 ]

すべての学力の基本は読解力!子どもの基礎読解力を高める3つの方法。
イメージ

  すべての学力の基本は読解力です。 子どもの読解力はどのようにすれば高められるのか。 家庭で...

第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合えばいいか〜発達障害、不登校、・・〜」
イメージ

 昨日は第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合うか ~発達障害、不登校、いじめ、反抗期、進学...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ