コラム

 公開日: 2012-10-17  最終更新日: 2014-08-01

兵庫県加古川市立平荘小学校での講演会

 今日は午前中、加古川市立平荘小学校で講演会がありました。
 小学校と幼稚園の保護者の方を対象にお話ししました。
 タイトルは『親も子もありのままで ~無為の子育て~』です。
 最初に子どもの詩を紹介しました。



 
 「 見つめてもらって 」
             黒沢尻北小学校3年生 岩崎裕也

 「ゆうやはこのくらいでも痛がるんだぜ。」
 同じ組の子が たたいた
 そしたら 周りの子も
 ニヤニヤしながら
 ぼくを たたいた
 おもしろがって
 何人もの子が たたいた
 
 家に帰って
 お母さんが
 「今日は 何があったの」
 と いつものように 聞いた
 ぼくは 心配をかけたくなくて
 だまって 聞こえないふりをした
 二人ともだまっていた

 ふと顔をあげると
 お母さんは
 ぼくの顔を
 じいっと見ていた。

 ぼくは わらって 言った
 「ちょっとね、学校でたたかれた」
 お母さんは 体のどこかに
 大きなきずができたみたいな
 くるしそうな顔をした
 それから
 やさしい目になって だまって
 ぼくを見つめてくれた
 ぼくの目から なみだが出た

 ぼくは ぼくをたたいた子に
 思いきって 自分の気持ちを ぶつけた
 それからは もう やられなくなった

 お母さん ぼく 自分を守ったよ
 お母さんが 大切に育ててくれている
 自分を
 これからも 大切にする


 自分を大切に思う気持ちって、こういうところから生まれてくるんだと思います。
「大好きなお母さんが、大切にしてくれている自分。そんな自分は大切な存在なんだ。」
 そう思えることが、勇気や自信や自己肯定感につながっていくのだと思います。
 今、いじめが問題になっていますが、「お母さんが大切に育ててくれている自分。だから僕はたたかれたり、いじめられたりしていいはずなんかない。僕は自分を守る。」
 そう思えたら子どもは一人ではありません。
 心の中にはいつもお母さんがいます。
 僕は一人じゃない。
 そう思えるから立ち向かえる勇気も生まれるのだと思います。

 6年ほど前、公共広告機構のCMで
 「命は大切だ。命を大切に。そんなこと何千何万回言われるより『あなたが大切だ』。
 誰かがそう言ってくれたら、それだけで生きていける。」
 というのがありましたが、
 今、子どもたちにとって一番必要なメッセージって「あなたが大切」で、それを本当に心から言えるのは親なんだと思います。そしてその気持ちをちゃんと伝えていくこと。それが大切なことであるように思います。



 今日は『親も子もありのままで ~無為の子育て~』というテーマでお話しするのですが、どういう子育てかと言いますと、「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、ありのままの自分でありのままの子どもを愛し、育てていきましょう」というものです。無為とは、「自然に、自然体で」というような意味です。

 子育ては水泳と似ています。
 力が入り過ぎると体が沈んでしまってうまく泳げません。
 まずは力を抜いて体が浮くようにするのが大切です。
 子育ても一緒です。
 「いい子にしよう」「いい親でなければ」と力が入ると、かえってうまくいきません。
 ま、いっかー、と力を抜いて大らかに育てていく方がうまくいくんですね。



 ここで皆さんに質問です。
 「ここに一人のお母さんがおられます。このたび、一人息子さんが結婚されることになりました。そして同居することになりました。このお母さんはお嫁さんに『いいお嫁さんになってほしい』と望まれています。
 さて、どうすればいいお嫁さんになってもらえるでしょうか?」

 そんな いいお嫁さんになってもらう方法なんてあるのでしょうか。
 
 あります。 

 来てくれたお嫁さんにこう言うんです。
 「◯◯ちゃん、本当にこの家に来てくれてありがとう。
 ◯◯ちゃんがこの家に来てくれた、それだけで嬉しい。
 ◯◯ちゃんは◯◯ちゃんのままでいいからね。
 この家が◯◯ちゃんの家だと思って、のんびりしてくれたらいいからね。」
 そう言ってお嫁さんに対して、何も求めず、何も望まず、いてくれることを喜び、お嫁さんの悪いところは見ないで、いいところだけを見て感謝して暮らす。
 そうすれば、そのお嫁さんは必ずいいお嫁さんになります。
 お嫁さんに問題があるように見えるのは、何もお嫁さんが悪いのではありません。
 お姑さんのありようや、ものの考え方、接し方が良ければお嫁さんは善くなるんです。

 子育てもおなじです。

 子どもに問題があるように見えるのは、何も子どもが悪いのではありません。
 親のありようや、ものの考え方、接し方が良ければ子どもは善くなります。

 子どもに多くを求めず、いてくれることを喜び、いてくれることに感謝して、悪いところではなくいいところを見て育てていけば、自然にいい子に育ちます。

 つまり、子育てというのは「子どもをどう育てるのか」が大切なのではなく、「親の自分がどうあろうとするのか」ということが大切なんですね。だから、子育ては自分育てなんです。



 そのあと、『ありのままを愛する』ことについてお話ししました。
 ありのままを愛するとは、弱い子であれば、弱いままのその子を愛するということです。
 強い子にしようとしない。
 子どもを変えようとしないということです。
 「そのままでいいよ。そのままのあなたが大好き。」
 その言葉こそ子どもを変える魔法の言葉なのです。
 「あなたはあなたのままでいい」
 「そのままでいい」その言葉が子どもを善くしていくのです。
 「そのままでいい」て英語でなんて言うかご存知ですか。
 「 Let it be 」って言います。

 そしてビートルズの名曲「 Let it be 」を訳詞を見ながら聞いてもらいました。

 最後に小田和正さんの「たしかなこと」という曲にのせて、お一人お一人それぞれに違った詩をプレゼントしました。
 詩を手渡ししていたとき、すごくあたたかい雰囲気で迎えて下さって嬉しかったです。






 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/



この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

講演会に参加して下さったお一人お一人の心に響くものがあったように思います。

 講演会に参加して下さった皆さんお一人お一人の心に響くも...

平荘小学校人権教育部
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
兵庫県高砂市文化保健センターでの講演会「無為の子育て~あなたのままで100点満点~」
イメージ

 10月25日は高砂市文化保健センターで講演会がありました。 テーマは「無為の子育て ~あなたのままで10...

[ 講演会 ]

受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ