コラム

 公開日: 2012-07-22  最終更新日: 2014-09-12

不登校の相談事

 僕はよく不登校の相談を受けます。
 お母さん方の相談内容は色々なのですが、相談の一つに「無理にでも学校に行くようにした方がいいのか、それとも今は無理をせずあたたかく見守ってやった方がいいのか。」というのがあります。
 まあ、無理にでも学校に行くようにすると言ったって、子どももある程度大きくなればそんなことは出来ないし、何らかの対策をとって学校に行けるようにしっかり働きかけた方がいいのか、といったことにはなるのですが・・。

 そういったご相談の際にはこんなふうにお尋ねすることがあります。

 「もし、あなたがお子さんの立場で何らかの事情で学校に行きたくないとして、そのとき親にどんなふうに接してほしいですか?」
 「うう・・ん、それはそっとしといてほしいというか・・、無理矢理学校に行かせられるのは嫌かもしれません。」
 「だったら、子どもさんも同じ気持ちかもしれませんね。」
 「でも、そのまま放っておいたら、どんどん行けなくなってしまいませんか?」
 「そのことが不安なんですね。そういう不安があるから、そっと見守ってやるってことが難しいのかもしれませんね。」
 「ええ、そうですね。不安ですね・・」
 「これ、不安っていうことであれば学校に行けてない当の本人が一番不安かもしれませんね。まず第一に学校に行く事に対して不安があるから学校に行けないわけだし・・」
 「え、ええ。それはあると思います。」
 「もし、いじめられているのであれば、そりゃあ不安だろうし・・、そうでなくても何らかの息苦しさは感じているのだと思います。また、学校に行くのが嫌やのに行かされるという不安も持っているかもしれません。」
 「ああ、それはあるかもしれませんね。」
 「僕、思うんですけど、この不安ってやつがどうも、こうした方がいいんやけどと思っていてもそうさせない働きをしているんだと思うんです。たとえば、お母さんは休むのを認めてしまうと子どもは安心してしまってそのままになっちゃうんじゃないかって思ってそれができないし、子どもの方は子どもの方で一回行ってしまうと行けるんじゃない、て思われて無理矢理行かされるハメになるって思ってるかもしれないし・・」
 「えーっ、そんなこと思いますか。」
 「いや、思わないかもしれません。でも、親は自分の気持ちよりも何とかして学校に行かせようとしているとは思っているでしょうね。行かされる・・、そう思うと、どうにかして行かなくてもいいように出来ひんかなあって、余計行かない方向に気持ちが向いてしまうのはあたり前のように思いませんか。」
 「そうですね・・」
 「結局、子どもが自分から学校に行こうとする気持ちが出てこなければ、どっちみち学校には行けるようにはならないのではないですか。」
 「では、子どもがそういう気持ちになるまで待てと・・。」
 「僕もどうしたらお子さんが学校に行けるようになるのかはわからないんです、正直なところ。そして、それは誰にもわからないんじゃないでしょうか。不登校は一人一人違います。こうすれば誰でも学校に行くようになるなんて方法はないんですね。」
 「そうですよね・・。どうしたらいいんでしょうね・・。」
 「どうしたらいいんでしょうね・・。ちょっと質問を変えてみましょう。
  どうしたいですか?」
 「どうしたい・・、う~ん、今はそっと見守ってやりたいです。でも、学校の先生は今が大事な時だから無理にでも校門まで連れてきて下さい、ておっしゃるし・・。」
 「学校の先生は学校の先生のお考えがあるでしょう。でも、あなたはどうしたいかです。」
 「しばらくはそっと見守ってやる方がいいと思いますし、私もそうしたいです。」
 「じゃあ、とりあえずそっと見守ってやりましょう。」
 「はい、そうします。なんか少しスッキリしました。来てよかったです。」
 「そうですか、それはよかった。またいつでも相談に来て下さい。」
 
 不登校の相談に対してマニュアルはありません。
 ですから、いつもこのように話が進むわけでもありませんし、僕も同じ話はしません。
 ただ、できるだけお母さんのことも生徒さんのことも両方とも尊重した話をするようにしています。お母さんがいくら子どもに学校に行ってほしくても子どもの気持ちもあるわけですから、一方的にお母さんの願いを叶えるにはどうしたらいいかって考えるのは片手落ちだと思います。
 その子は今どうしたいのか。
 その子のことですから、その子の気持ちは一番尊重すべきことです。
 その子にとって、どうすることが一番いいのか、そのご家庭にとってどうすることが一番いいのか、それは僕には見通せていない、僕にはわかっていないということを前提に一緒に考えていきます。
 そのうえで、どうしたらいいのかとか、どうすべきなのかではなく、
 「どうしたいですか」って尋ねることが多くあります。
 お母さんが何を感じ、どうされたいのか、それを一番に尊重したいと思っています。
 自分の考えを与えるのではなく、お母さん自身の直観とか思いをもう一度信じてもらう。
 その直観に従って行動してもらう。
 そういうことが大切だと思っています。

 自然に自分の中から湧いてくる思いや直観を信じて、それに賭けてみる。あとは自然の流れに委ねていく。
 良い方向に向かおうとする流れがある、それを信じてその流れを邪魔しないようにすることが大切だとも思っています。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

『あなたも子どももそのままでいい』その言葉に感銘を受け講演をお願いしました。

   参加された方に感想を伺うと 皆さん「泣いた」「ハンカ...

M・R
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(33

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ