コラム

 公開日: 2012-07-14  最終更新日: 2012-07-17

宿題・提出物をきちんと出さない子

 子どもの中には、宿題や提出物をきちんと出さない子がいます。
 親は三者面談のたびに、先生から「提出物が出てません。」と、まるで家でのしつけが出来ていないかのように言われ、恥ずかしい思いをする。何度叱っても、子どもは相変わらず、ちゃんと提出物を出さない。これだけ先生にも親にも注意され、叱られているのに、いっこうに直そうとする気配のない子に「どうして?」という気持ちになる。

 提出物を出さない子どもたちは、大人が想像できないくらい宿題をすることが邪魔臭いのです、今は。まず読むのがめんどくさい、字を書くのはもっとめんどくさい・・。

 こんなに面倒くさがり屋であったなら、社会に出てから仕事なんか出来ないと大人は考えがちですが、そんなことはありません。学校の勉強は邪魔臭くても、仕事は全然邪魔臭く思わない人はいっぱいいます。たとえて言えば、家事は邪魔臭いけれども仕事はきちんとする人みたいなものです。人によって邪魔臭いことってちがうんですよね。だから、今、学校時代に提出物を出さないからといって、心配する必要は全くありません。また、人って変わるもんです。あんなに面倒くさがりだった子が、大人になってすごく几帳面になったり、いい加減だった子が責任感のある人になったり・・。

 とはいっても、しなければならないことや決められたこともちゃんと出来ないなんて・・と、親はそんな子どもの様子を見て腹が立ちます。これは当然と言えば当然。あたり前の話です。でも、怒っても無駄だし、親子関係がギスギスしたものになるばかりです。

 では、どうすればいいのか?

 最もいい解決方法は、子どものそのダメな所を完全に『受け入れてしまう』ことです。
 先生に「提出物が出てません」と言われ続けることを覚悟し、その度に「すいません」と頭を下げることを受け入れることです。
 よく、考えたらそれって、そんなに大したことじゃないんですよね。親が毎日、先生に叱られるわけじゃないし、一年に何度か、ほんの少し恥ずかしい思いをするだけのこと。そして三者面談で恥ずかしい思いをしたあと、帰り道「恥をかくのも、謝るのも親の仕事やから。」と言ってあげたら、自分はこんなに母親から信頼されていると、かえって反省してちゃんと提出物を出すようになるかもしれないし、たとえそうはならなくても、いい親子関係が築ける機会にはなるように思います。

 子どもの欠点を責めるのではなく、「あなたは大丈夫」と信頼していくところに親子の強い信頼関係が生まれ、その温かく信じ合う関係が子どもを自然に善くしていきます。親から無条件に愛され、信頼されていると感じているなら、その子は必ず善くなっていきます。誰だって、そんなふうに愛され信頼されたら、その人の信頼に応えようとするでしょうから。

 無条件に愛しているよ、無条件に信頼しているよと伝える機会として、子どもはダメなところを表すのかもしれません。
 ダメな所がなければ、無条件に愛していることも、無条件に信頼していることも示しようがありませんから。
 そして、その素晴らしい機会を私たち親は常に持っているのだと思います。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/



この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

45
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

昨日の講演会ほんとに心が癒やされ、 色々思い悩んでた気持ちが楽になりました。

昨日の講演会ほんとに心が癒やされ、 色々思い悩んでた気持ち...

C.M
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ