コラム

 公開日: 2012-07-06 

心の成長 その9(成人中期 思旬期)


 「成人中期 思旬期」(40~50才)について

 40才の誕生日を迎えますと「ああ、人生の約半分まできたなあ」となんとなく、しみじみした感じがあります。体力的にもはっきりと若い頃との違いを感じますし、何か折り返し地点に来たような、、ちょっと今まで歩んできた人生を振り返って、残された人生をどう生きていこうか、、そんなことを漠然と考えたりしてしまいます。

 男の人はすぐに厄年(満40~42才)に入ります。事実この年齢付近は何故か病気や事故、リストラ等が多いと言われています。ただ、それをきっかけに今までの生き方を見直して、かえって充実した人生を歩まれる方も多く、そういった意味からも40才過ぎたあたりからは人生のターニングポイントに入っている、といえます。

 また40代は、子どもが思春期であることが多く、不登校や非行などの問題に直面したり、親の介護や親の死といった問題もあります。
これらの問題は単に努力でどうにかできるものではないので、「どうしたらいいのか?」と途方にくれることもあります。
 しかし、どうしようもなく途方にくれる経験こそ、この時期の恵みでもあります。
 そうなって初めて人は、自分のこれまでのありようを変え始めます。本当にドン詰まりにならないと、なかなか人は変わらないものです。

 「でも、どうして変わらなければならないの?」という疑問もあります。もちろん変わらなくてもかまいません。
 ただユングをはじめ、河井隼雄さん等 多くの臨床心理学者が「中年の危機」と呼んで、この時期を深く研究してきました。
 そして彼らの答えは「中年期(40代)には色々と精神的に悩むようなことがおこり、それを乗り越えた人は以前の人生より、ずっと豊かで自分らしく充実した人生を送るようになる」というものです。
 ユングはこれを個性化または「自己実現」と呼びました。

 現代では自己実現というと「夢をかなえること」という意味になってしまっていますが、本来は中年の危機を乗り越え、真に自分らしく生きるようになることなのです。

 ぼくはこの40代を「思旬期」と呼んでいます。悩み模索しながら真の自己実現に目覚めていく時期だからです。(子どもの「思春期」は悩み模索しながら自我に目覚めていく時期です。)

 子どもの思春期には「性」ということが大きなテーマとしてありますが、大人の思旬期には「死」が大きなテーマとして浮かび上がってきます。
 ぼく自身も40才で友人を亡くし、44才で父を亡くしました。
 そういう事があると「死」というものを、どうしても考えてしまいます。自分が今、死ぬとしたら何か心残りはあるだろうか、、とか。死を意識しだすと、残りの人生を充実した心豊かなもの、後悔のないものにしたい と思うようになりました。
 本当に自分がしたいことは何か、どんな自分でありたいのか、そんなことも考えるようになりました。

 でも、そんな問いは、日常の仕事に忙しく追われる中でどんどん隅に追いやられ忘れさられていきます。そんな時に、経済的な問題や健康上の問題、人間関係の問題(夫婦、嫁姑、親子 など)が持ち上がり、いやでもそれらの問題に直面せざるを得なくなります。
 そして、それらの問題の中に「本当に自分がしたいこと」や「どんな自分でありたいのか」のヒントやメッセージが隠されています。

 本当に困らなければ、人間は真剣に考えません。どうしようもない所に追い込まれて初めて、人は変わることができます。そこでやっと何が大切か気づくことがあります。
 成人中期までの発達課題はすべて「~の獲得」でした。成人中期の発達課題は「人生の危機と問い」(今まで通りでいいのか?)です。
 もう何かを獲得するのではなく、「変わる」ことこそが課題です。
 自分が変わる時のキーワードとなるのが「許す」「放す」です。そして「捨てる」です。これらの言葉が表しているのは、古い自分からの解放です。
 自分を縛っているのは実は自分自身です。自己実現への変化をもっとも恐れているのは自分(自我)です。
 何故か?自己実現とは自我(古い自分)から解放されて、真の自分を生きることだからです。

 自我は「不安」や「心配」をネタにその人自身を支配しています。
 だからこそ「許す」「放す」「捨てる」をキーワードとして、色々な問題に対処していくことが大切です。それは自我(古い自分)を許すことであり、放すことであり、捨てることにつながります。


 次回はこの心の成長シリーズの最後「成人後期」(自己実現 50才~)です。 




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/




この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

悩んでいた事が、話を聞いているうちにスーッと消えて行くような感じでした。

今日は先生のお話を聞く事ができて本当に良かったです。 自...

T・M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「子育ては待つ練習、夫婦は許す練習、人生は笑う練習」太子町立石海幼稚園の講演より
イメージ

 今日は10月17日(火)は午前中、太子町立石海幼稚園に講演に行ってきました。 テーマは「子育ては待つ...

[ 講演会 ]

福岡県北九州国際会議場での講演会「親学講座」 〜親としての自分を見つめ直す〜
イメージ

 昨日10月15日(日)は午前中、北九州国際会議場で講演会がありました。 テーマは「親学講座」。...

[ 講演会 ]

兵庫県加古川市立野口小学校での講演会「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」
イメージ

 10月12日(木)は午前中、加古川市立野口小学校で講演会がありました。 テーマは「自信とやる気を引き...

[ 講演会 ]

すべての学力の基本は読解力!子どもの基礎読解力を高める3つの方法。
イメージ

  すべての学力の基本は読解力です。 子どもの読解力はどのようにすれば高められるのか。 家庭で...

第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合えばいいか〜発達障害、不登校、・・〜」
イメージ

 昨日は第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合うか ~発達障害、不登校、いじめ、反抗期、進学...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ