コラム

 公開日: 2012-06-21 

親学10か条 その4、子どもを親の思い通りに育てようとしない


 子どもを思い通りに育てようとしない、ということは子どもの内にある「いのち」(自己成長力)に敬意をはらい、信頼し任せていくということです。それは育てる親が主人公になって「どう育てるのか」ではなく、成長していく子どもの「いのち」の自己実現を助けていくということです。

 子どもの中に宿る「いのち」は、その本来の個性を実現しようという衝動を持っています。それは未だかつてこの世に表れたことのない「新しい善さ、新しい美しさ」をこの世に表すことです。その「新しい善さ、新しい美しさ」が何であるかは親にも子にもわかりません。その子が40歳、50歳以降になって始めてわかることも多いので、孔子さまは「五十にして天命を知る」とおっしゃいました。

 それはその時代その社会において高く評価され、もてはやされることもあれば、ひっそりと野辺に咲く花のように、静かに幸せに咲いていられることもあります。どちらが幸せとは言い切れませんが、その個性が花開き、「新しい善さ、新しい美しさ」が表れ、周りの人達に喜びや癒しをもたらすことは「いのち」の大いなる喜びであることは間違いありません。

 親の思い通りに育てようとすることは、上に述べたような可能性をつぶしかねません。

 例えば、ここに何の花の種かわからない種があったとして、それを親が勝手にバラの花をつけさせたいと考えても、たまたまバラの種だったらバラの花が咲きますが、朝顔の種やひまわりの種だったら、バラのように育てようとすれば枯れてしまうかもしれません。
 何の種かわからないのですから、とりあえず毎日適量のお水をあげて、やさしい言葉をかけて、日光にあたるようにして、見守るしかありません。どんな芽を出すか、楽しみに待つことです。そして芽がでたら、いっぱい誉めることです。そうすることで花も励まされ元気に育っていきます。
 花を本当に育てるのは、花自身に内在する「いのち」であり自己成長力です。それを励ましサポートすることはできますが、それはその花が自分の花を咲かせ、実を結ぶのを助けることでしかありません。
 
 子ども本来の花をつけられるように、見守り世話することが大切であり、子どもという花を使って親の自己実現に利用してはいけません。子どもの自己実現をたすけることが育てることの本質であり、子どもを「生かす」ことの本質です。

 華道家の川瀬敏郎さんは「生け花」について、

 花とはいのちの形であり、こころの言葉そのものであるから、心の扉を開く一輪の花を生けたいと思うなら「花にならう」心になることが大切。
 とおっしゃっています。

 花の心を聴くことができて本当に花を「生けられる」ように、子どもの心を聴くことが出来て、子どもを「生かす」子育てができるのだと思います。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/



この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

今日は、改めて、子どもがたまらなく愛おしく感じました。

長谷川先生、今日の長崎での出逢いに、感謝します。 お疲れあ...

日田陽子
  • 女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
兵庫県高砂市立高砂こども園での講演会「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」
イメージ

 11月12日(土)は午前中、高砂こども園で講演会がありました。 演題は「自信と意欲を引き出す親子関係の...

[ 講演会 ]

兵庫県高砂市文化保健センターでの講演会「無為の子育て~あなたのままで100点満点~」
イメージ

 10月25日は高砂市文化保健センターで講演会がありました。 テーマは「無為の子育て ~あなたのままで10...

[ 講演会 ]

受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ