コラム

 公開日: 2012-06-19 

親学10か条 その7、子どもの話を聴く

 小学校4年生から高校卒業まで約9年間指導した生徒がいたのですが、進路も決まり最後の指導が終わってしばらく経った頃、そこのお家から菓子折りとお礼状が届きました。
 お礼状は、お母様のものと生徒本人のものと2通入っていました。
 お母様の方のお手紙には、ご丁寧なお礼の言葉のあと、このように書かれていました。
 「・・長谷川先生と過ごす時間を、息子はとても楽しみにしていて、なにより先生が話を聞いて下さり温かく受け入れて下さったことが、あの子にとっては、大きな幸せだったと思います。・・」
 また生徒の方の手紙にも
 「・・いろいろな話を聞いて下さりありがとうございました。・・」
 とありました。

 9年間指導してきて一番感謝されたこと、それは「話を聞くこと」だったのです。

 その子はちょっと変わっていて、ベートーベンやモーツワルトといった音楽家に興味があったり、トルコの歴史に興味があったり、新撰組に興味があったり・・、同じ年頃の子どうしだとなかなかそんな話も出来なかっただろうし、親御さんもそうそう話につき合ってられないでしょうから、その子の話を興味を持って聞いていたのは僕だけだったのかもしれません。

 僕は休憩時間に色々と教えてもらいながら彼とおしゃべりするのが楽しかっただけで、話を聴いてあげようと努力していた訳ではありません。ただ、彼の「人と変わっているところ」が大好きでした。だから、彼と話すのが楽しかったし、彼もそう感じていてくれたのだと思います。

 話を聴く、それは「あなたの話は面白い、聞く価値がある」「私はあなたに関心がある、好意を持っている」という無言のメッセージでもあると思います。

 僕は講演で話をしますが、ちゃんと話を聞いてもらえると、「自分は受け入れられている」と感じますし、自信を持って話をすることが出来ます。
 話を聴く、というと何か受け身な感じがしますが、実はこれほど相手に対して肯定的で強力なメッセージはありません。褒め言葉だと、時に相手に誤解されることもあるかもしれませんが、「聴く」という姿勢は肯定的な意味しか相手に伝えません。

 子どもの話を聴く。
 それは、あなたは私にとって大切な存在ですよ、あなたのことを愛していますよ、あなたに関心がありますよ、あなたのことを理解したいと思っていますよ、ということを言ってるのと同じことです。だから、子どもは安心するのだと思います。
 また、あなたの話は聴く価値があるということは、あなたには価値があると言ってるのと同じことです。だからこそ自信がもてるようになるのだと思います。

 大人だって、話を聴いてもらったり、わかってもらったり、共感してもらったら元気が出ますよね。
 ありがとうって感謝しますよね。
 それは「聴く」ということが、一つの愛情表現であるからなんだと思います。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/



この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

講演は大・大・大成功でした。役員の皆さんが、本当にいい笑顔をされていたのが印象的でした

 先日は、遠方よりお越しいただきまして、  そして、感動...

真岡西小PTA会長
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
兵庫県高砂市文化保健センターでの講演会「無為の子育て~あなたのままで100点満点~」
イメージ

 10月25日は高砂市文化保健センターで講演会がありました。 テーマは「無為の子育て ~あなたのままで10...

[ 講演会 ]

受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ