コラム

 公開日: 2012-06-17 

親学10か条 その10、家をのんびりできる場所にする


 集中力のある子というのは、ある意味リラックスのうまい子でもあります。
 勉強面で集中力が発揮出来る子は、心ゆくまで十分遊んでる子です。
 好きなだけ遊べたから、今度は勉強がんばるぞ!てなります。
 なあ~んて書いたら、うちの子はそうならないんですけど・・って声が聞こえてきそうですけど、それは待ち方がせわしないからです。子どものヤル気、集中力を待つなら年単位で待たないと。1年、2年とのんびり待つ覚悟がないと,子どものヤル気、集中力は引き出せません。

 うちの一番下の息子は、小学校の時は、まったくの普通、クラスのど真ん中の成績でしたが,好きに遊ばせていました。塾にもやりませんでしたし、勉強しなさいとも言いませんでした。本当に好き放題させていました。

 中学校に入ってからも、部活から帰って晩ご飯を食べたら,テレビを見るかマンガを描くか、とにかく勉強はしてませんでした。それでも何も言いませんでした。僕もそうでしたから。テスト前しかやらなかった。家で何度も予復習しようとしましたが,結局出来ず、結論としては,家では勉強しないので、せめて学校の授業だけはしっかり聞こう、と思ってましたから。息子にもそう言っていました。
 
 そうしたら、中3になって、急に行きたい高校ができて、勉強がんばると言ってきたので、中3から僕が週2回教えることにしました。
 教えてみたら、すごい集中力でした。
 なぜか?
 人間は好きなことをしてる時は集中してるものです。息子は、好きなことをする中で、結果的に集中力が養われていたのです。
 
 勉強はちっともしないで、マンガばっかり読んでいる、マンガばっかり描いている、ゲームばっかりしている・・、こういう子は大抵,集中力があります。だから,子どもの様子がそんなふうであったら、「この子は集中力があるんだ」とプラスに見るようにしましょう。そうすればイライラしなくて済みます。事実、僕自身がたくさんの生徒を見てきて、マンガ好きゲーム好きな子は頭が良かったり、集中力がある子が多かったです。
 ゲームってすごく頭も使うし、集中力や注意力、推理力がないとクリアー出来ないので、ゲームをやる中でそれらの力がつくことは当たり前なんですけどね。大人はそういったプラス面はあまり見なくて、マイナス面ばかりを見がちですけど。

 家ではあまり子どもを縛らない方がいいように思います。
 ただし、お手伝いはいっぱいしてもらって、いっぱい「ありがとう」を言ってあげて下さい。子どもがしてくれたことに、いちいち「ありがとう」と感謝し喜んであげて下さい。そうすれば,人の役に立つ喜び、人に喜んでもらえる喜びがわかる子に育ちます。

 家でゆっくりできる。ありのままでいられる。だらしなくいられる。
 それって、本当に素晴らしいことで,必要なことで、だらだらしてるからこそココ一番という時に、がんばれるんであって、ず~っと張りつめたまんまだと、ココ一番で力が発揮出来ません。普段リラックスしてるからこそ集中出来る。

 家で好きなことをする。
 それは人間が喜びをもって生きるために必要なことです。
 大人であれ、子どもであれ、一日最低2時間は自分が好きなことをする時間を持ちましょう。
 その時間がないと、あなたも子どもも生き生き生きることはできません。
 まず、お母さんであるあなたから一日2時間、自由に好きなことをする時間をとって幸せを感じましょう。そうすれば,子どもが家で好きにしていても腹が立たなくなります。

 子どもが安心してありのままでいられる。それは子どもに「心休まる居場所」をつくってあげるということ。お母さんが「心休まる居場所」になってあげるということです。それでこそ,子どもにとって家が真のホームになるのだと思います。
 家庭において3つの「 あ 」(あいじょう、あんしん、ありのまま)が実現していれば、家庭には笑顔があふれています。
 そんな家庭で育つ子はいい子に育つに決まっています。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/



この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「ありのままの自分でいいんですよ」と肯定してもらったようで、心が軽くなりました

 昨年の女性ネットワークでの研修会でのご講演ありがとうご...

S.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
貧困のボーダーラインは、親子3人の世帯収入が211万円以下、親子4人の世帯収入が244万円以下

 今や子ども6人のうち1人が貧困と言われており、ひとり親世帯に限ると実に半数以上が貧困状態にあります。...

第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」
イメージ

  「ほめない、叱らない」 「親子関係を横の関係に、親友に接するように子どもに接する」 「相互...

[ ペアレントセミナー ]

参加型子育てパネルトーク「いい親になろうとせず いい子に育てようとせず」開催しました
イメージ

 2月5日(日)は午後2時から加古川ウエルネスパークで初めての「参加型子育てパネルトーク」を開催しました。...

一緒に子育てについて語り合いませんか? 参加型子育てパネルトーク参加者募集!
イメージ

 この日曜日ははどうやら雨の予報です。 子育ての悩みや子育てについての疑問、一人で考えているよりもみん...

150万円脅し取られてもいじめと認めない横浜市教育長の発言の背景は?

 沖縄のいじめ問題。 当初学校側も教育委員会も「いじめとはみていない」と発言しておきながら、批判が激しい...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ