プロTOP:長谷川満プロのご紹介

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(2/3)

学習カウンセラーとして活躍

子どもを尊重し、お互いに尊敬できる関係を築いて学習意欲を向上

 長谷川さんは、今までの経験から子どもの学習意欲を引き出すカギは「生徒と家庭教師との良好なコミュニケーション」にあると言います。成績を伸ばしている家庭教師は例外なく子どもといい関係にあり、楽しく勉強できているのだそうです。
 そういった意味で生徒との信頼関係の構築には最も力を入れているとのこと。「私は、子どもと家庭教師は対等だと考えています。夫婦でも友人でも、尊敬の念がなければ長くお付き合いしていくことが難しいでしょう? それと同じで、まず家庭教師が子どもを信頼し尊敬していかなければなりません。そうすることで、子どももまた家庭教師を信頼し尊敬するようになります」
 事実、長谷川さんは命令形を使うことがありません。「やってみようか」「そうしてくれると、先生はうれしいな」など、押しつける表現を用いることはないと言います。「相手をリスペクトすれば、それを受ける側も自然と感謝の思いで接してくれます。子どもたちも、素直になって心を開いてくれます。こちらが『この子のために、こういう風に授業を工夫してみよう』と苦心すれば、『この先生の言うことならがんばってみる』と、お互いに理解し合い、一生懸命に励む姿がモチベーションとなって効果を上げていくことができます。これは人間関係の基本で、後の人生にも生かされてくると思います」

<次ページへ続く>

【次ページ】 教育講演では、保護者に向けて「愛情・安心・ありのまま」の3つの「あ」を提唱

最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中学生対象の講演会も行っており...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

悩んでいた事が、話を聞いているうちにスーッと消えて行くような感じでした。

今日は先生のお話を聞く事ができて本当に良かったです。 自...

T・M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『子どもから幸せをもらっている』「のび太の結婚前夜」のお話が好評でした。 
イメージ

 7月18日(水)は午後7時から烏丸ダイニング「プレミアム百」さんでお話し会&交流会でした。...

[ 教育・人権講演会 ]

7月18日(水)19時から京都の烏丸ダイニング「プレミアム百」でお話会&懇親会します!
イメージ

 7月18日(水)19時から京都四条烏丸北へ約200m、烏丸ダイニング「プレミアム百」さんでお話会&懇親会をし...

ドラえもんは理想の家庭教師 〜 子どもが変わるのは良き先生や友達との出会い〜
イメージ

 「あなたはどんな家庭教師でありたいですか?」 と問われたなら、迷わず 「ドラえもんのような家庭教...

生徒たちに大好評!中学生向け講演会「学力向上のための7つの問いかけ」 
イメージ

 中学生を対象に「学力向上」を目的にした講演会をさせていただいていますが、 生徒たちに大変好評です。...

[ 教育講演会・人権講演会のテーマ ]

『ファンタジーは現実を救う』 ある校長先生の個人的なお悩みにお答えしました。

 教育講演会や人権講演会で、よく幼稚園や小中学校に行かせていただきます。 その際、園長先生や校長先生か...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

長谷川満のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は長谷川満さんが更新している外部メディアサイトです。

ページの先頭へ