コラム

 公開日: 2014-08-28 

交通事故の営業用車両の損害

宝塚花のみち法律事務所,弁護士の木野達夫です。

今回は,交通事故の物損のうち,営業用車両の損害について取り上げます。


交通事故で営業用車両が損傷した場合,どのような損害が考えられるでしょうか。分かりやすくするために,過失割合は100対0とします。


まずは,修理費ですね。
過失割合が100対0なので,修理費は全額相手に請求できると思われるかもしれませんが,そうではありません。


修理費が車両の時価を上回る場合は,「経済的全損」と言って,同等の自動車を買い換えるための費用に限られます。


例えば,新車で200万円で購入した自動車が損傷したとします。
修理費の見積を自動車修理工場に頼むと100万円だと言われました。
しかし,その車は年式や走行距離などからして,中古車市場での売買価格が50万円だとします。
すると,請求できる金額は50万円程度ということになります。


被害者にしてみれば,「自分は全く悪くないのだから,相手がすべて元通りにする責任があるだろう。元通りにするのに100万円かかるんだったら,当然相手が100万円出すべきだ。」と考えます。


しかし,法律の世界では「損害の公平な分担」という考え方があります。


これは,誤って相手に損害を与えた場合に損害を賠償する責任があるのは当然だけれども,必要以上に加害者に負担をかけるべきではない,という考え方です。


具体的には,先ほどの事例では,同程度の中古車を購入できれば,被害者はこれまでと同じような生活ができるのであるから,それで許してあげなさい,ということです。


次に,評価損(いわゆる格落ち)というものがあります。
修理が完了したとしても事故を起こした車ということで,将来,中古車屋に売るときに評価が下がってしまうという損害です。


これについては,裁判例では肯定例と否定例があります。裁判例が別れていること分かるように難しい問題です。


認められるかどうかの基準については,通常,損傷の程度,修理内容,修理額,初年度からの経過期間,走行距離,車種などを総合考慮して決められます。


あと,代車損害とか休車損害(営業用車両の場合)があります。
今回の例では営業用車両なので,休車損害についてお話しします。


休車損害というのは,営業用の車両が損傷したことによって,営業上の損失が発生することです。


算定方法は,その車が1日当たりに得る収入から変動経費を控除して,修理又は買い換えに必要な期間を乗じて算出します。


具体的には,例えば,その車を使うことで1日10万円の売上があるとします。
しかし,その車が使えなければ,その車の燃料代はかかりません。高速代もかかりませんよね。


つまり,10万円を売り上げるためには,燃料代や高速代がかかっています。燃料代と高速代の合計が平均1日3万円だとすると,10万円を売り上げても利益は7万円です。
事故が起きてその車が動かないとなると,3万円の出費もないわけですから,10万円をもらうともらいすぎということになります。
ですから,この3万円を経費として控除します(これを変動経費といいます)。


変動経費として何が算入されるかについては難しい問題ですので,ここでは省略します。


その他,注意する点としては,事故をした車を修理に出している間,他の車(遊休車両)で代わりが務まれば(売上が下がらなければ),休車損害は請求できません

この記事を書いたプロ

宝塚花のみち法律事務所 [ホームページ]

弁護士 木野達夫

兵庫県宝塚市栄町1-1-11 タカラコスモス六番館3階 [地図]
TEL:0797-85-3770

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メールマガジン

宝塚花のみち法律事務所ではメールマガジンを発行しています。以下は,メールマガジンからの引用です少し前になりますが,テレビコマーシャルで有名な引越社が,...

 
このプロの紹介記事
「宝塚花のみち法律事務所」の木野達夫弁護士

民事・家事のほか企業法務で地域住民や中小企業をサポートする弁護士(1/3)

 交通事故や離婚など、暮らしの中で直面するさまざまなトラブルは、法律のプロに相談してみては。「私は街のみなさまの力になりたいと考えています。困ったことがあれば、どんなことでもすぐにお問い合わせください」と話すのは、「宝塚花のみち法律事務所」...

木野達夫プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 宝塚花のみち法律事務所
住所 : 兵庫県宝塚市栄町1-1-11 タカラコスモス六番館3階 [地図]
TEL : 0797-85-3770

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0797-85-3770

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木野達夫(きのたつお)

宝塚花のみち法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
駐車中の事故

駐車中の事故について駐停車中の事故に自賠法が適用されるでしょうか?自賠法1条の「運行によって」と言...

[ 交通事故・全般 ]

交通事故における「信頼の原則」

交通事故において「信頼の原則」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?判例によると,信頼の原則とは「...

[ 交通事故・全般 ]

自賠責保険が適用される「運行」とは

自賠法では,「自動車の運行によって人の生命又は身体が害された場合」に保険金が出るとされています(自賠法1条...

[ 交通事故・全般 ]

交通事故・物損編(レッカー代その他)

物損シリーズの最終です。レッカー代その他について。事故によって必要になったレッカー代は一般的には認め...

[ 交通事故・物損 ]

交通事故・物損編(休車損害)

今回は休車損害について。営業用車両が修理のために使用できず、それによって利益が減少した場合に利益の減...

[ 交通事故・物損 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ