コラム

 公開日: 2013-05-30 

保釈について

宝塚花のみち法律事務所の弁護士木野達夫です。

今回は、たまには刑事事件について書いてみようと思います。
実生活上では、普通、刑事事件には関わりはないと思いますが、マスコミなどでは民事事件よりも刑事事件のほうが大きく取り上げられてますので関心のある方も多いかと思います。


今回は、刑事事件のニュースでよく出てくる「保釈」の話です。


ときどき誤解されている方がおられますが、「保釈」は無罪放免ではありません。
「お金持ちはお金を払えば許されるのか」とお怒りになる方がおられますが、そうではありません。


「保釈」というのは、一時的に「勾留」が解かれるだけです。
「勾留」というのは、一定の犯罪の容疑があり、証拠隠滅のおそれがあるなどの一定の要件がある場合に、裁判官の命令で行われる身体拘束です(逮捕と勾留の違いは省略します)。あくまで裁判が終わるまでの一時的なものです。
裁判が確定して懲役刑(で執行猶予がつかない場合、いわゆる「実刑」)となると、「刑務所」に入りますが、「勾留」は「刑務所」には入りません。「拘置所」に入ります。


ご存じのとおり、刑事被告人には「無罪推定」の原則があります。
有罪判決が確定するまでは無罪と推定されている状態です。ですから、無罪の人を刑務所に収容できないのは当然のことです。


では、なぜ、「拘置所」に収容してもいいのか?
それは、裁判を適切かつスムーズに行うためです。被告人が逃亡すれば裁判がスムーズに行きませんよね。被告人が証拠を捏造したりすれば裁判が適切にできませんよね。
だから、そのようなおそれがある場合には、「悪いけど裁判が終わるまで拘置所にいて下さい」ということです。


それで、「保釈」というのは、被告人に一定のお金を出させて、「ルールを破ればお金を取り上げますよ」と警告をして被告人を拘置所から外に出すことです。
被告人はお金を取り上げられたくないので、逃亡したり証拠を捏造したりすることはやめようと考えるのです(そう考えない人がたまにいるのですが・・・)。


ですから、「お金を取り上げますよ」という警告が意味のないものでは困ります。大金持ちに200万円程度出させても、何とも思わないかもしれません。
だから、その人の資産状況も1つの参考にして金額を決めます。
世間を賑わすような人(政治家とか経済界の大物とか)の場合、保釈金額が大きいのはそのためです。「さすがにこれだけの金額なら取り上げられるのは辛いだろう」という金額を設定するのです。


そういうことですので、「金持ちは大金を積めば外に出られるというのはけしからん」というのは誤解です。
金持ちでなければ大金を積まなくても外に出られるのです(もちろん、取り上げられたくないと感じるようなそれなりの金額にはなりますが)。


もっとも、「保釈」という制度は、お金を積めば必ず出られるわけではないことに注意が必要です。
保釈が認められるためには法律で決められた細かな要件を満たす必要があります。要件は結構複雑ですのでここでは省略します。


このように、「保釈」とは「妙なことをすればお金を取り上げるぞ」と警告して、裁判が終わるまで一時的に被告人を外に出す制度なのです。
もし、近くに誤解している方がおられたら教えてあげて下さい。

この記事を書いたプロ

宝塚花のみち法律事務所 [ホームページ]

弁護士 木野達夫

兵庫県宝塚市栄町1-1-11 タカラコスモス六番館3階 [地図]
TEL:0797-85-3770

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メールマガジン

宝塚花のみち法律事務所ではメールマガジンを発行しています。以下は,メールマガジンからの引用です少し前になりますが,テレビコマーシャルで有名な引越社が,...

 
このプロの紹介記事
「宝塚花のみち法律事務所」の木野達夫弁護士

民事・家事のほか企業法務で地域住民や中小企業をサポートする弁護士(1/3)

 交通事故や離婚など、暮らしの中で直面するさまざまなトラブルは、法律のプロに相談してみては。「私は街のみなさまの力になりたいと考えています。困ったことがあれば、どんなことでもすぐにお問い合わせください」と話すのは、「宝塚花のみち法律事務所」...

木野達夫プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 宝塚花のみち法律事務所
住所 : 兵庫県宝塚市栄町1-1-11 タカラコスモス六番館3階 [地図]
TEL : 0797-85-3770

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0797-85-3770

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木野達夫(きのたつお)

宝塚花のみち法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
駐車中の事故

駐車中の事故について駐停車中の事故に自賠法が適用されるでしょうか?自賠法1条の「運行によって」と言...

[ 交通事故・全般 ]

交通事故における「信頼の原則」

交通事故において「信頼の原則」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?判例によると,信頼の原則とは「...

[ 交通事故・全般 ]

自賠責保険が適用される「運行」とは

自賠法では,「自動車の運行によって人の生命又は身体が害された場合」に保険金が出るとされています(自賠法1条...

[ 交通事故・全般 ]

交通事故・物損編(レッカー代その他)

物損シリーズの最終です。レッカー代その他について。事故によって必要になったレッカー代は一般的には認め...

[ 交通事故・物損 ]

交通事故・物損編(休車損害)

今回は休車損害について。営業用車両が修理のために使用できず、それによって利益が減少した場合に利益の減...

[ 交通事故・物損 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ