コラム

 公開日: 2014-10-20 

スケッチパースで打ち合わせ

設計打ち合わせでお施主さんと最も意思疎通をしやすい資料は、
建物を3次元で表現するパースではないでしょうか。

建築図面は2次元で表現しますが、やはり見慣れていないと
その内容を理解することは困難です。

我々は平面図だけでもおおよその立体的な空間を見ることができます。
それに断面図や展開図などを加えて全ての要素を明確にしていきます。

最近ではCGで表現することも安易になりましたが、
シンプルでメリハリがある空間ではそれもいいかもしれません。
仕上がりきらさない空間の場合はCGでは表現が難しいです。

この物件のご要望は、仕上がらないように仕上げるというもの。
あくまでイメージを言葉にしたようなものですが、とても難しい。。。

手描きのパースで、こんな感じこんな感じと話をしながら、
最終的に図面で表現するのがいいかな?と考えています。

ラフなパースとはいえ、なかなか時間がかかるので、
タフな作業でございます。



最近では年のせいか、鉛筆を持つ手が震えることがあります。
昔はフリーハンドで真っ直ぐの線をそれなりに長く描けたのですが、
途中で手先の力のバランスが崩れるような感覚があります。
定規を使わないと辛くなりました。。。
あと目もすぐに疲れます。
まさに満身創痍!
パースを描くたびに生命エネルギーを大きく燃焼させているようです。

そしてそのエネルギーを補うように、
毎週「やすとものどこいこ!?」を観ています。

スケッチパース→やすとも→打ち合わせ→スケッチ・・・・
この物件に対する「やすとも」の影響は多大なものです。

新築されたら毎週家族全員で「やすとものどこいこ!?」観てください。



グランデザイン一級建築士事務所
http://www.gran-design.com/

この記事を書いたプロ

株式会社グランデザイン一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 高宮透

兵庫県神戸市中央区海岸通2-3-11 昭和ビル303号室 [地図]
TEL:078-381-8757

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「グランデザイン一級建築士事務所」の高宮透さん

機能性とデザイン性を兼ね備えた芸術的な建築設計を提案(1/3)

 「神戸市は、2008年からユネスコ創造都市ネットワークのデザイン都市に認定され『デザイン都市・神戸』として、さまざまなクリエイティブ活動を展開しています。建築設計に携わる者として、芸術都市にふさわしい住まいや店舗、オフィスビルなどをプラン...

高宮透プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社グランデザイン一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区海岸通2-3-11 昭和ビル303号室 [地図]
TEL : 078-381-8757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-381-8757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高宮透(たかみやとおる)

株式会社グランデザイン一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
あこがれの平屋と2階建のコスト比較
イメージ

住宅を建てようと考えた時に、はじめから諦めがちな平屋。それにはいろんな理由があると思います。土地の広...

[ 兵庫設計事務所 ]

建物の坪単価の考え方とプラン提案
イメージ

昨日は、舞鶴市で計画中の美容院併用住宅のプレゼンテーションでした。プランは、やはり予算に応じた形で提案...

[ 兵庫設計事務所 ]

世界の建築ポータルサイトhomifyに掲載していただきました
イメージ

homifyは、世界の住宅デザイン・北欧インテリア・収納雑貨・DIYアイデアなど、最新の情報を得られる「住まい」総合...

[ 兵庫住宅設計 ]

横浜ドックヤードガーデンにてロマンを感じる
イメージ

昨日は、神奈川県で住宅の打ち合わせでした。神奈川県は初めて訪れましたので、打ち合わせ後に少しだけ横浜を...

[ 兵庫設計事務所 ]

照明のありかた
イメージ

明るさとは、人それぞれ感じ方が違います。育ってきた環境、ライフスタイル、体質、好みなどなど、明るさを決...

[ 兵庫設計事務所 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ