Q&A(このプロの回答)

「こむら返り」の原因と改善策
かなり前(高校生くらい?)から、時たま「こむら返り」になってしまいます。いつも寝ているときです。起きている時には、ほとんどなったことがありません。何か原因があるのでしょうか?対策とか改善策があれば教えて欲しいです。
投稿日時:2010-10-08 12:55:04
医療・健康

五反田重夫 ごたんだしげお

五反田重夫の回答

こむら返りについて

こむら返りとは、腓腹筋(ふくらはぎ)の筋けいれんのことを指します。確かに就寝中に起きることが多いようです。その理由としては、寝ているあいだは呼吸数が少なくなり、筋肉内の酸素量が減っいるにもかかわらず、無意識下で寝返りや伸びをした際に、急激に酸素が消費され筋けいれんが起こるとされています。もう一つの要因としてミネラル不足があげられます。おもにカリウムやマグネシウム等の不足が指摘されています。対策としては野菜(ブロッコリー等カリウムを含むもの)やミネラルウォーターなどを十分補給することと、就寝前のお風呂で、ふくらはぎにシヤワーで、温と冷を交互に何度か当てる交代浴を行い、血流やリンパ液の流れを促進させる事をお勧めします。
それでも起こってしまったら、当院で行っている方法で、胃の裏側辺りの背骨(第11胸椎辺り)をこぶしで軽く叩打(トントントントントンとやや早いリズムで)してみてください。そのときのアドバイスとして、痛い部分のことを意識から遠ざけて、呼吸はゆっくりと深めにして、パニックからリラックスした状態へと導いてください。その刺激が脊髄神経に伝達され筋けいれんが緩和すると思われます。一度おためしあれ!

回答日時:2013-01-16

Q&A一覧に戻る

Q&A
 
このプロの紹介記事
熟練の柔道整復師である五反田整骨院院長の五反田重夫先生。NPO法人JATAC認定のアスレチックトレーナー(スポーツトレーナー)でもあり、気軽にスポーツのケガや故障、痛みの相談・診断をしてくれる

スポーツによる痛みや不具合を早く取り除いてあげたい(1/3)

 “柔道整復師”を知っていますか?古くは 「ほねつぎ」「接骨師」「整骨師」と呼ばれ、武術の傷を治療する活法を応用した独特の手技によって、骨折や脱臼、捻挫、打撲、筋や健の損傷などの外傷を整復する先生です。大正初期の1920年に国家資格となり、...

五反田重夫プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 五反田接骨院
住所 : 兵庫県神戸市西区桜が丘東町4-1-2 [地図]
TEL : 078-995-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-995-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五反田重夫(ごたんだしげお)

五反田接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ