コラム

 公開日: 2012-10-04 

塩化亜鉛療法(いわゆるBスポット療法)~上咽頭炎の治療について

 「鼻の奥のつきあたり」、「のどの上のほう」、「上あごの裏側」、などなど、さまざまな表現で呼ばれることがありますが、この部分を上咽頭と呼びます。子供で大きく腫れることがある「アデノイド」というのを聞いたことがありませんか? アデノイドは上咽頭にあるリンパ組織(扁桃腺の一種)が大きく腫れたものです。

 もともとアデノイドがある場所ですので、上咽頭にはリンパ組織があります。この部分に炎症が起こると、お薬などで治療をしても、お薬が行きわたりにくいため、効果が十分でなく、なかなかすっきりしないことがあります。

 また、上咽頭で生じた膿や粘液がのどに落ちて、のどに炎症を引き起こし、のどの痛みや咳、声嗄れなどの症状をおこしたりします。痰やのどの違和感の原因になったりすることもあります。

 これらの症状は、のど自体を治療してもなかなか良くならず、原因となっている上咽頭炎を治療することで、良くなることがあると言われています。

 なかなかお薬の届きにくい上咽頭の炎症、そのための治療法が、塩化亜鉛溶液を上咽頭に塗布するいわゆるBスポット療法です。上咽頭に週2回程度、塩化亜鉛溶液を塗布することで、上咽頭の炎症が軽減し、鼻からのどに粘液が下りてくる、のどの違和感、のどの痛み、などの症状が改善します。

 治療を行っている施設は限られていますので、ご希望の方はお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

耳鼻咽喉科 藤木クリニック [ホームページ]

耳鼻咽喉科医 藤木暢也

兵庫県神戸市東灘区田中町1-11-20 KOMATSU GREEN BUILDING2階 [地図]
TEL:078-412-3387

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

42

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「耳鼻咽喉科 藤木クリニック」の藤木暢也さん

声楽家などの声帯のトラブルに、声楽に精通した医師が治療と並行して発声法をアドバイス(1/3)

 JR摂津本山駅を南側に出て歩いてすぐのところにある「耳鼻咽喉科 藤木クリニック」はグリーンの建物が目印。院長の藤木暢也さんが、「遠方から訪れる患者さんのためにも、アクセスの便利なところで」と選んだ場所です。「多くの人たちの治療に迅速かつ丁...

藤木暢也プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

医院名 : 耳鼻咽喉科 藤木クリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区田中町1-11-20 KOMATSU GREEN BUILDING2階 [地図]
TEL : 078-412-3387

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-412-3387

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤木暢也(ふじきのぶや)

耳鼻咽喉科 藤木クリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
手術治療について

 従来、手術は入院して行うものという感じでしたが、最近は、さまざまな社会情勢の変化(なかなか入院などしてい...

[ 手術 ]

声の健康管理とメンテナンス

 声は声帯で出ていると思いがちです。 もちろん、声帯は、喉頭原音を発生する、楽器で言うとヴァイオリンの弦...

[ ]

魚の骨

さんまがおいしい季節になってきました。そのせいか、最近、さんまの骨がのどに刺さった方が、ちらほら受診されて...

[ のどの病気 ]

Q.最近、鼻がつまった感じで鼻全体の通りが悪く息苦しい感じがします。

耳鼻咽喉科 藤木クリニックの院長 藤木暢也です。日常よくいただくご質問について、このコラムで可能な限りお答...

[ 鼻の病気Q&A ]

Q.私は春と秋にかけて、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりがひどくなります。

耳鼻咽喉科 藤木クリニック 院長の藤木暢也です。今回も、前回に続いて、お鼻の症状についてのご質問です。そ...

[ 鼻の病気Q&A ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ