コラム

 公開日: 2012-09-27  最終更新日: 2012-09-30

睡眠時無呼吸症候群の治療について

耳鼻咽喉科 藤木クリニック 院長の藤木暢也です。

 今回は、睡眠時無呼吸症候群の治療についてお話します。

 睡眠時無呼吸症候群の治療法は、狭くなっている部位や無呼吸の程度(重症度)によって、勧められる治療法が異なりますが、次のような方法の中から選択することになります。

1.減量
 肥満が無呼吸の原因の一つと考えられる場合には、ダイエットによる治療効果が期待できる場合があります。

2.横向きに寝る
 舌が落ち込むことによって無呼吸が起こっている場合は、仰向け(仰臥位)で症状が強くでることが多いため、横向きに寝ることによって、症状が軽くなる場合があります。

3.歯科装具(スリープ・スプリント)
 下あごを前に出すようなマウス・ピースを作り、装着して眠ることにより、舌が落ち込むことを軽減し、無呼吸を改善します。ただし、中等症以上の方は、この治療のみでは不十分なことが多いです。

4.手術(鼻腔形態修正手術、咽頭形態修正手術、他)
 鼻づまりが原因となっている場合、鼻中隔彎曲症や肥厚性鼻炎、慢性副鼻腔炎や鼻茸(ポリープ)などいった疾患がある場合があります。このような場合には、鼻腔形態を修正する、鼻中隔矯正術、鼻甲介切除術や、副鼻腔炎手術の適応となります。また、アレルギー性鼻炎で鼻甲介が腫れている場合、粘膜照灼術といった鼻甲介の粘膜を焼く手術の適応となります。
 また、口蓋扁桃(いわゆる扁桃腺)が大きく、咽頭が狭くなって、無呼吸になっている場合、口蓋扁桃摘出術や軟口蓋形成手術の適応となる場合があります。

5.経鼻的持続陽圧呼吸装置(nCPAP)
 現在、最も効果があるとされる治療が、CPAPです。寝ている間に鼻マスクをつけて、息のつまり具合に合わせて、空気を送り込むことにより、無呼吸を改善します。この治療を続けることで、睡眠時無呼吸による心臓病のリスクを低減させることができることがわかっています。難点は、器械を装着しない場合は無呼吸が改善しないため、ずっと使い続ける必要がある点です。

以上、どの治療法を選択すべきかは、医師の診断・検査が不可欠です。お近くの専門医に受診していただくようにお願いします。

この記事を書いたプロ

耳鼻咽喉科 藤木クリニック [ホームページ]

耳鼻咽喉科医 藤木暢也

兵庫県神戸市東灘区田中町1-11-20 KOMATSU GREEN BUILDING2階 [地図]
TEL:078-412-3387

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「耳鼻咽喉科 藤木クリニック」の藤木暢也さん

声楽家などの声帯のトラブルに、声楽に精通した医師が治療と並行して発声法をアドバイス(1/3)

 JR摂津本山駅を南側に出て歩いてすぐのところにある「耳鼻咽喉科 藤木クリニック」はグリーンの建物が目印。院長の藤木暢也さんが、「遠方から訪れる患者さんのためにも、アクセスの便利なところで」と選んだ場所です。「多くの人たちの治療に迅速かつ丁...

藤木暢也プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

医院名 : 耳鼻咽喉科 藤木クリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区田中町1-11-20 KOMATSU GREEN BUILDING2階 [地図]
TEL : 078-412-3387

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-412-3387

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤木暢也(ふじきのぶや)

耳鼻咽喉科 藤木クリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
手術治療について

 従来、手術は入院して行うものという感じでしたが、最近は、さまざまな社会情勢の変化(なかなか入院などしてい...

[ 手術 ]

声の健康管理とメンテナンス

 声は声帯で出ていると思いがちです。 もちろん、声帯は、喉頭原音を発生する、楽器で言うとヴァイオリンの弦...

[ ]

魚の骨

さんまがおいしい季節になってきました。そのせいか、最近、さんまの骨がのどに刺さった方が、ちらほら受診されて...

[ のどの病気 ]

Q.最近、鼻がつまった感じで鼻全体の通りが悪く息苦しい感じがします。

耳鼻咽喉科 藤木クリニックの院長 藤木暢也です。日常よくいただくご質問について、このコラムで可能な限りお答...

[ 鼻の病気Q&A ]

Q.私は春と秋にかけて、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりがひどくなります。

耳鼻咽喉科 藤木クリニック 院長の藤木暢也です。今回も、前回に続いて、お鼻の症状についてのご質問です。そ...

[ 鼻の病気Q&A ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ