コラム

 公開日: 2016-02-27 

睡眠時間とよい睡眠の質を確保するには?

皆さんは、何時に寝て何時に起きるのが一番体調がよいですか?
実はここ一年間、私は眠ることに苦労をしていたのです。今日は、眠ることについてお話ししようと思います。
私も今年で59歳になりますので、お年寄り仲間の入口に近くにきていることは間違いありません。
普通のサラリーマンだったら、あと数年で定年を迎える年齢の時に、自分で商売をやっているわけですから休みがほしいと言っていられる立場でもありません(笑)

若い頃に柔道をやっていたせいか、体力や腕力は多少人よりはある方です。
現場で職人さんと一緒に荷物を担いだり、作業をしても5年前位はまだまだ元気でした。
でも、それは勘違い(笑)で、そんな日は疲れ果てて夜の9時くらいには撃沈していたんです。
このまま朝までぐっすり眠れると思っていたところが、深夜の2時や3時に目が覚めてそのまま眠れなくなるんです。
当然、起きている時間が長くなりますから、夕方には身体がしんどくなってきます。これって、悪循環なんですね。

若い頃に比べて朝が早くなるというのが、通説になっていますよね。だから、そんなもんだと思っていたんですが、それでは毎日仕事をこなしていくにはダメなんです。
いろいろ試しましたよ。
① 温めのお風呂にゆっくり浸かる。でも、やはり僕は温いのは気持ちよくないんです。
② マッサージや鍼に行く。これはその日は抜群に回復して爆睡できますが、効果はそんなに長く続きません。
③ お酒を減らせばよい。妻から言われますが、嫌です。
そこで、寝る時間帯を変えながらひそかに(別に隠す必要もないんですが…)試していたんです。
僕は、昔から短時間熟睡が特技(?)で、5~6時間寝れば元気でした。まして、枕が変わると眠れないなどということもなかったので、睡眠時間が短いのはどーってことないと思っていたんです。
でも、この思い込みが自分で睡眠不足を引き起こしていたことに気が付きました。

結論から申しあげますと、11時~12時の間に床につくと、翌朝7時前後までぐっすり眠れることがわかりました。
そうすると、寝覚めもスッキリで一日仕事もてきぱきこなせるようになりました。
7時間~8時間眠れるようになったのは僕としては快挙です。落ちた体力を補うのはやはり睡眠時間だったのです。
僕が睡眠の意識改革ができたのは僕自身が一番嬉しいんです。

でも、一番眠れる時間帯を発見しただけでは不十分です。次は睡眠の質が重要です。
① すんなり眠りに入るにはどうすればよいか?
② 夜中、途中で目が覚めないようにするにはどうすればよいか?
精神的な話や、食事のことは横におきますよ。
ずばり、寝室が寒くないこと(暖かいこと)です。
気温は眠る頃より、明け方にかけて寒くなります。当然、室温も同じように下がります。
人には、室温がこれ以上下がると身体に悪影響を及ぼす基準があることが日本でも注目されてきています。
但し、これは私見ですが、早い人で厄年といわれるあたりから影響を受けやすくなると感じています。
女性の方が敏感で、男は頑固(鈍感)ですね。
一番はっきり表れるのが血圧です。50代くらいから、室内の寒さで血圧が上がる人が急増します。高血圧が身体に良くないのは皆さん周知のとおりです。

あとは、どうやって寒くない部屋にするかの方法論になります。
狭いマンションの部屋で、暖房を一晩中かけるのは無理があります。石油ストーブやガスストーブは換気が必要ですから、命の危険すらあります。無難なのはエアコンですが、空気が乾燥しすぎて喉が渇いて目が覚めることがあります。
加湿器を併用したことはありますが、よく眠れたという感覚はありません。加湿機能付きのエアコンは試したことがありません。それに、光熱費のことを考えると抵抗感がどうしてもあります。

マンションの場合、窓を二重にして、床からの冷えを止めて室内の保温力を高めることが、長期的に考えて一番継続性があり、トータルコストが安く、健康に影響が出にくいという結論になりました。
健康面をさらに考慮すると、結露をなくすことが重要であることもわかりました。
寒い時は、寝る前に寝室をよく温めておいて、その暖かさが朝まで持続することが理想的です。
森林浴生活の使命は、このためにあるといっても過言ではありません。
木製内窓(特許取得済)や杉の置き床生活(特許出願中)を開発したのもこのためです。

心地よく眠るためのマンションリフォームという観点があってもよいのではないでしょうか?

こんな天然木を使った快眠リフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/

その暖かさをご自分で体感したい方はこちら⇒http://modelroom.forestreform.co.jp/

総天然木でリノベーションされた高断熱マンションを買いたい方はこちら⇒http://mansion.forestreform.co.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コーナーFIX窓にも内窓はつきますが、木製枠工事が必要!
イメージ

最近、サッシ屋さんの職人さんの話を聞くと内窓工事が増えているようです。結露が減り、室内温度が安定するこの...

[ マンション 窓断熱 ]

木製内窓に続いて、杉の置き床生活をご採用頂きました!
イメージ

【元々の腰板を引き立たせる杉の置き床生活】昨年12月に全窓(4か所)に木製内窓を入れて頂いたアルテピア3番...

[ マンション 床断熱 無垢 ]

斜めの壁の窓に木製内窓を設置
イメージ

【中桟ありの細長の木製内窓】【施工前の写真】少し形の変わった木製内窓ですが、施工前の写真を見て頂...

[ マンション 木製二重窓 ]

ご高齢の母さまの為に木製内窓を採用されました!
イメージ

11月初めの現地案内会にお越し下さったM様ご夫妻は70代です。93歳のお母様と同居でこの8月に戸建てからアル...

[ マンション 木製二重窓 ]

超濃いダークブランカラーのマンションに杉の置き床生活を施工!
イメージ

一口にダークブラウンと言っても色んな濃度のブラウンがありますが、今回は2年前に床、家具、建具と設備一式を...

[ マンション 床断熱 無垢 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ