コラム

 公開日: 2016-01-19 

壁の結露やカビがひどい時は、無断熱を疑うべき?

壁の結露が本当にひどいマンションがちょくちょくあります。原因は壁に断熱材が入っていないからです。
そんな馬鹿なと思われるかもしれませんが、実際にあるのです。
アルミサッシやガラス窓につく結露は、当社の木製内窓(特許取得済み)が最も効果がありますが、壁の断熱対策はいろんな取り合いがあって単純にはいきません。
断熱材が必要なのは、外壁に面している壁です。全面的に接しているなら全てですし、外壁に直角に面している外壁では、外壁面から60~70㎝以上は最低必要です。


【断熱材が入っていた横尾団地の最上階】

横尾団地の最上階を改装した時の写真です。
吊り天井(二重天井)を落としたら、天井部全体には断熱材は有りませんでしたが、外壁に面した所には吹付断熱材が施工されていました。
既に解散した神戸市住宅供給公社が売り出したマンションですが、当時の断熱基準としてどうだったかはわかりませんが、外壁からの熱伝導を緩和する効果はあります。
この現場は、断熱部分を石膏ボードで囲み、他の天井部分はそのまま塗装しましたが、生活上の支障は出ていません。


【サンヴェール須磨妙法寺の外壁側の石膏ボードを解体した時の写真です】

吹付断熱材がしっかり施工されていました。壁とサッシ下にもしっかり吹付られています。
ただ、当時は炭酸ガスで膨らませていたようで、経年劣化で若干しぼんだ感じがあります。
徐々にですが断熱効果は低下します。実際、少し結露があったのでしょう。幅木を止めている釘の先が錆びていました。
当時の物件としては問題ないという判断になると思います。


【同じ横尾団地で断熱材が入っていなかった現場写真】

事前に台所が寒すぎるというお客様からの話がありましたので、それなりに断熱材を何種類か準備して取り組んだ現場です。驚いたことに流し台を解体したら、外壁側にも間仕切りコンクリート壁にも断熱材が施工された跡がありませんでした。たぶん、新築時からでしょうね。これは明らかに手抜か、施工忘れ、検査漏れです。


【流し台を据える床にも遮熱シートを敷き込みました】


【コンクリートの外壁と間仕切り壁に遮熱シートを仕込みました】

成形物の断熱材は普通20㎜くらいの厚みがあります。この現場では、流し台の先に窓がありましたので、それだけの空間がありませんでした。
お客様に説明の上、苦肉の策で遮熱シートを使用しました。
これが、想像以上の断熱効果を発揮してくれたおかげで、お客様には十分、満足していただける結果になりました。
このように壁断熱は、どの程度、室内側にせりだしてきても良いかが、お客様の判断になります。
窓があれば、窓枠よりも壁が前に出てくる場合、窓枠のおさめ方を変えなければなりません。
だから、マンションの場合、壁断熱は簡単ではないのです。

まず、壁から伝わる冷えを遮断することを考えましょう。
水分を吸着するのはそれからです。
断熱せずに珪藻土や漆喰などの調湿建材を使うと、3年後にはカビで真っ黒になります。

こんな冬や夏の断熱を中心に考えたマンションリフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/

実際にその暖かさをモデルルームで体験したい方はこちら⇒http://modelroom.forestreform.co.jp/

床や窓、壁まで天然木で高断熱リノベーション済のマンションを買いたい方はこちら⇒http://mansion.forestreform.co.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
木製内窓と(木製枠+プラマード)で全窓を断熱!
イメージ

【リビングダイニングに4連木製内窓】4枚引き戸のリビングに木製内窓を採用していただき、無事に納品設置が...

[ マンション 窓断熱 ]

コーナーFIX窓にも内窓はつきますが、木製枠工事が必要!
イメージ

最近、サッシ屋さんの職人さんの話を聞くと内窓工事が増えているようです。結露が減り、室内温度が安定するこの...

[ マンション 窓断熱 ]

木製内窓に続いて、杉の置き床生活をご採用頂きました!
イメージ

【元々の腰板を引き立たせる杉の置き床生活】昨年12月に全窓(4か所)に木製内窓を入れて頂いたアルテピア3番...

[ マンション 床断熱 無垢 ]

斜めの壁の窓に木製内窓を設置
イメージ

【中桟ありの細長の木製内窓】【施工前の写真】少し形の変わった木製内窓ですが、施工前の写真を見て頂...

[ マンション 木製二重窓 ]

ご高齢の母さまの為に木製内窓を採用されました!
イメージ

11月初めの現地案内会にお越し下さったM様ご夫妻は70代です。93歳のお母様と同居でこの8月に戸建てからアル...

[ マンション 木製二重窓 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ