コラム

 公開日: 2015-12-23 

新国立競技場、隈研吾氏デザイン採用に拍手!


【隈研吾氏デザインの愛媛県立武道館の主道場】

公共建築物にもっと国産材を使って欲しいと私はいつも考えています。
とくに少年少女が日常生活し、出入りする場所には国産材をと、いつも願っています。
隈研吾氏のファン(?)になったのは、2009年7月に後輩の紹介で愛媛県久万広域森林組合の大規模製材工場を見学した折、当森林組合の木を使って建てられた公共建築物の案内をしてもらったのがきっかけです。
県立武道館を見た時は衝撃的でした。
こんな大規模かつ大空間建築物が木でできるなんて思ってもみなかったからです。
大規模建築物は鉄とコンクリートと思い込んでいたんです。


【観客席も全部一枚モノの無垢材、座った時の手触り、温かさが違います】

新国立にも使われていますが、内部の大空間は鉄骨と無垢材のハイブリッド工法になります。
体育館というと寒々しい印象しかありませんでしたが、観客席、四方の木壁、木が複雑に張り巡らせた天井を見ているとお金を払って見学しても良いような素晴らしさです。
それに、これなら地震で天井が崩落するようなことはきっとないという安心感もあります。
武道館は少年少女が、柔道や剣道などを学ぶところです。つらい練習も木の温かさが癒してくれるのです。
また、大切な役割を担う指導者の先生方も地元産の木で建てられたこの武道館を誇りに思っておられると聞きました。


【久万高原町立 久万小学校】

次に案内されたのが久万小学校でした。案内してくれた方が校長先生と知り合いといことで、中も見学することができました。この建物も地元産の木、地元産の瓦を使っています。
県立武道館の時もそうでしたが、外部の丸い柱は大木を削った無垢材、内部は地元産の木で作った集成材がふんだんに使われています。そこそこ築年数が経っているのに木の香りがまだ漂っています。

民主党政権時代、「ブチ切れる子供」対策に木質内装化が論議されたこともありましたが、うやむやになってしまいました。
県立武道館を建築する際の裏話ですが、担当するゼネコンが盛んに資材の変更を画策したそうです。
地元の木、地元の瓦など材料を指定されると、資材は県側からの支給になります。
そうです、仕入れで儲けられないのです。その施工方法では保証ができないとか、揺さぶりをかけてきたらしいのですが、当初設計の通り、地元産業の人たちが押し切ったのです。


【小学校の教室の引戸も無垢材です】

なんとも見事なデザインの建具です。
教室の通気と採光、長期間に渡る引き戸の反りの両方を考慮した設計になっています。
廊下の床はさすがに樹脂で硬化処理をしてありましたが、元気な小学生を考えると仕方がないでしょう。
それでも、相当床に傷がありました。
一般的な民間マンションでは、ガラス引き戸が活躍する場面は少ないのですが、須磨区でも横尾団地や名谷団地などの田の字プランには合うので、提案していきたいと思います。
田の字プランでは、ダイニングとリビングの仕切に引き戸が使われます。住まいの中心に経年美化する無垢建具がくると全体のインテリアグレードが上がりますからね。


【鉄と木のハイブリッド工法の講堂】

「校訓 おもいやり、良く考え、たくましく」子供たちの成長を願う良い言葉ですね。
因みに私が通っていた中学校は「死ぬな、けがすな、病気すな」でした(笑)。
私の目を引いたのは窓下に貼ってあるハーフログの腰板でした。
ハーフログとは、細い木の四方を切り落とした「かまぼこ型」形状です。
間伐材の利用という点では良いのですが、細い丸太をこのように加工するには手間がかかります。
でも一度やってみたいな。

久万高原町の小中学校がこのように地元産の木で建てられるようになったのは、やはり時の町長さんが強力に推進したからだと聞きます。地元産業を活性化したいのは誰でも考えていますが、一方で開かれた行政でなくてはならないというジレンマも抱えます。
本格的な木造建築物が増えないと、日本の大工も育成できません。仕事は経験で鍛えられているのです。
そんな意味で、安倍首相の一言で白紙撤回となった新国立競技場の設計が、木を愛する隈研吾氏のデザインに決まったのはとても嬉しいのです。木の確保はまったく問題ありませんし、経験済みの工法ですから予算も守れます。
国主導で輸入材から国産材の流れをつくることを切に願います。

こんな素晴らしい日本の木を使ったマンションリフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/

神戸市須磨区でいつまでも長持ちする杉や桧で作った高断熱リフォームモデルルームを見学したい方はこちら⇒http://modelroom.forestreform.co.jp/

神戸市灘区で床断熱商品、杉の置き床生活を施工したモデルルームを見学したい方はこちら⇒http://livio.forestreform.co.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
折れ戸のクローゼットが全開口の2枚引き込み戸に変身!
イメージ

【高さが2300㎜の背高引き戸、取手(とって)は木製なので冷たくありません】折れ戸がベッドに当たって、クロ...

[ マンション 杉 引戸 ]

寝室を断熱工事すると、風邪をひきませんよ!
イメージ

【夜中から朝方の床の冷えを遮断する杉の置き床生活】冬の夜、皆さんの家で一番寒い部屋はどこですか?お...

[ マンション 窓断熱 ]

直角に曲がった廊下でも、長い方向に板目を合わせられる杉の置き床生活!
イメージ

【杉の置き床生活を施工する起点はやはり、LDからですね】今、専有面積112㎡のマンション(角住戸)の工事をさ...

[ マンション 杉の置き床生活 バリアフリー ]

かつて高級浴槽と言われたアクリル樹脂浴槽の経年劣化とその補修方法
イメージ

【浴槽に現れた皮疹のような現象】このぶつぶつ現象、気持ち悪いですよね。この浴槽はかつて高級浴槽と言わ...

[ マンション 浴室 断熱 ]

マンションの押入、クローゼット改造!
イメージ

マンション生活も長くなると持っているモノも徐々に変わります。子育ての時は子供のおもちゃや布団など、生活必...

[ マンション 収納家具 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ