コラム

 公開日: 2015-10-30 

バリアフリー仕様マンションでも大丈夫、杉の置き床生活工事始まる!


【リビングダイニング、和室の高さが同じレベルです】

12年くらい前の新築マンションから、バリアフリー仕様が増えてきています。
どんな所がバリアフリーかと言うと…
① リビングダイニングと和室の段差がない(約3㎝の薄畳です)。
② 洗面所と廊下、洗面所と台所、トイレと廊下の段差がない。
③ バルコニーに出るサッシよりもベランダ床が下がっている(またがなくてよいのです)。

【和室とバルコニーへの出入口が上がっています】

それよりも古いマンションは、リビングと和室の段差が45~50㎜、洗面所と廊下などは約100㎜、ベランダに出る出入窓もやはり100㎜前後の段差があります。廊下よりリビングが100㎜下がっているマンションもよく見かけます。
水回りの段差は、全て配管を収めるスペースなんですね。
でも、高齢に差し掛かる住民の方はぼちぼちに足元を気にされます。

今の床を剥がさず、接着剤やビス・釘を使わない杉の置き床生活を施工する際には、古いマンションの方が、ほとんど幅木で押えられるので工事的にはらくなのです。
また、床が20㎜上がることで、各部の段差が低くなりますので歓迎されています。

【杉の置き床生活と木製内窓の施工例、壁と床の間の横木が幅木です】

でも、バリアフリー仕様となると、その段差の処理に一工夫必要になります。
杉の置き床生活は、杉が15㎜、ベニヤが4㎜、遮熱シートが0.9㎜の計約20㎜の厚みがあります。こうなった理由は…
① 低い天井のマンションでも影響がでない。
② ドアやクローゼット扉の下部カットが最小限で済む。
③ 運搬・施工時に重くない。
④ 床下の冷えを遮断する。
でも、バリアフリー仕様マンションの場合、全く段差がなかった部位に20㎜上がるので、段差の処理をしなくてはいけません。
そこで登場するのが、スロープ敷居、見切り材ということになります。

【リビングダイニングと和室の間のスロープ敷居】

杉の置き床生活は、決まった寸法があります。でも、敷居や見切り材はマンションの部位毎に作らなければなりません。
開き戸と引戸では敷居の長さだけではなく、幅も違ってきます。
ひとつひとつが現場を採寸してオーダーで作らないとうまく収まらないのです。
部屋の入口の開口枠も、金属枠やMDF枠、木枠などマンションによって様々なのです。

【引戸洗面所のスロープ敷居】

ですから、お見積もりは現地を確認してからじゃないと出せないのです。
杉の置き床生活一枚あたりの価格は、電話でもお知らせすることはできますが、それをうまく収めるための敷居、見切り材、施工費は専門家による現地確認がどうしても必要なのです。

たとえリフォームであっても、際(きわ)をスッキリ収めるのが「日本建築の美」「匠の技」なのです。
際(きわ)を柔らかい部材でおさめる方が凹凸を気にしなくてもよいのです。
でも、簡単におさめた所はすぐに剥がれてきます。お客様は結局、安物買いの銭失いです。
メーカーもそんな部材ばかりを開発しているようでは、職人さんの腕が落ちる一方です。

こんな工事省力化が、日本の家の質を下げてきたことにいい加減に気がついて欲しい!

こんな日本の職人の技を使った天然木リフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/

古民家の知恵が詰まったマンションモデルルームを実際にご覧になりたい方はこちら⇒http://modelroom.forestreform.co.jp/

丸4年を経過した総天然木のマンションモデルを確かめたい方はこちら⇒http://mansion.forestreform.co.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
単なるゆったりトイレが、オリジナルの和モダン空間に!
イメージ

【年代物の蔵戸に手を加えて作ったトイレ引き戸(廊下側)】和のデザインは専門家でも難しいようです。一...

[ マンション アンティーク家具 ]

木製内窓と(木製枠+プラマード)で全窓を断熱!
イメージ

【リビングダイニングに4連木製内窓】4枚引き戸のリビングに木製内窓を採用していただき、無事に納品設置が...

[ マンション 窓断熱 ]

コーナーFIX窓にも内窓はつきますが、木製枠工事が必要!
イメージ

最近、サッシ屋さんの職人さんの話を聞くと内窓工事が増えているようです。結露が減り、室内温度が安定するこの...

[ マンション 窓断熱 ]

木製内窓に続いて、杉の置き床生活をご採用頂きました!
イメージ

【元々の腰板を引き立たせる杉の置き床生活】昨年12月に全窓(4か所)に木製内窓を入れて頂いたアルテピア3番...

[ マンション 床断熱 無垢 ]

斜めの壁の窓に木製内窓を設置
イメージ

【中桟ありの細長の木製内窓】【施工前の写真】少し形の変わった木製内窓ですが、施工前の写真を見て頂...

[ マンション 木製二重窓 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ