コラム

 公開日: 2015-10-08 

「神戸の冬は寒くなっているぞ」、これからは北海道並みの断熱仕様が経済的!

地球温暖化というと一年を通じて気温が高いイメージがありますが、意外にも冬は寒くなっているのです。
温暖化という字面に騙されてはいけません。
事実、2014~2015の冬は、神戸でも日中の最高気温が0℃の日がありました。
私たちは、年間の温度差が大きい「過激な気候」にさらされています。

【2014-12-17夕方4時。外気温1℃、木製内窓の内側は14℃、暖房なし。】

天災に対しては強度No.1の鉄筋コンクリートマンションですが、弱点はコンクリートが熱を溜めこむことです。
夏は熱く焼けつき、冬はキンキンに冷えます。
「戸建てに比べるとマンションは冬は暖かい」という認識は、どうかと思いますよ。
その証拠に、神戸市北区に住んでいる複数の知人から、今年1月の光熱費が約5万円(電気代3万、ガス代2万)だったと聞きました。マンションも冬は寒いのです。

予定通り、10月から関電が電気代の大幅値上げを実施しました。
暖房機器をバンバン使っていては、光熱費地獄に陥ること間違いなし!
だからと言って寒さをがまんすると、風邪を引きやすくなり、病院代もかかります。

特に高齢者は深刻な事態になるリスクが高く、脳疾患などで後遺症が残るようになると、その子供さん達や周辺の人は介護地獄に陥る可能性もあります。
親の介護に働き盛りの人が年間10万人も離職しているのをご存知ですか? 
安倍政権の次の公約にも、介護離職を防ぐことが掲げられているのです。

そろそろ真剣に、寒さ対策の考え方をチェンジしましょう。
住まいの断熱グレードを北海道並みに上げて、暖房器具は補助的に使うのです。そのほうが長期コストパフォーマンスは高いです。

【どんな窓にも対応できる当社の木製内窓(特許出願中)、着色バージョン】

ほとんどのマンションでは、外壁の内側に断熱材が入っていますから、熱量の50%以上が出入りすると言われる“窓”を内側から二重にすると、大きく断熱性がアップします。

ところが、外壁の内側に断熱材が入っていないマンションもあります。
特に、梁の出っ張りが少ない壁工法の“低層高級マンション”に多いのです。
低層マンションだけに窓も多く、夏の風通しは良いが、冬はとても寒いのです。

【3階建て高級マンションの2階。外壁の冷えと結露で天井と壁に黒カビが出ています。】

最近、このタイプのマンションに住む方から、立て続けに問い合わせがありました。
皆さん「とにかく寒い、結露もひどい、カビもひどい。」とのこと。
当社は、オリジナル木製内窓をつけることに加え、壁断熱をすることを提案しました。
多くのリフォーム業者が言う方法(窓を既製品の内窓で二重にし、湿気を吸収する素材を壁に塗るor貼る)では、キンキンに冷えたコンクリート壁から伝わる冷気も、その冷気がもたらす結露もカビも解消できないケースを、幾つか見てきたからです。

【赤外線サーモグラフィーで窓のサッシの温度を測定。寒いはず。1.5℃!】

残念ながら、「北海道でもないのに、そこまで必要ないでしょう」ということで、断熱の必要性をご理解いただくことはできませんでした。
ところが、北海道の方が家の中はあたたかいのです。断熱がしっかりしているので暖房費も安い、政策的も安い。
普通の家庭でも窓は3重以上で、セントラルヒーティングが普及しています。
実は、急激な血圧変動で倒れて救急搬送されるケースは、北海道が一番少ないのです。

【当社オリジナルの木製内玄関扉。鉄のドアが伝える冷気と結露をシャットアウト。夏は網戸として使えるオールシーズンタイプ】

“がまんは美徳”とされ、寒さに耐えることで身体が丈夫になるという考えが根強い日本。
温暖な気候だし、寒さも北国以外はたいしたことない、という思い込みもあるのでしょう。
こと“断熱”に関しては、日本は超・超・超後進国なのです。
ガラスサッシの断熱・気密基準値では、韓国や中国にも遅れをとっている始末です。

もともと“断熱”という概念がなく、スカスカの住宅が多い日本ですが、最近ようやく建築家や学者が、寒さが及ぼす健康被害と「断熱の重要性」を提唱し始めました。
(⇒「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」http://www.kokumin-kaigi.jp/200.html
しかし、日本人に断熱の重要性という概念が普及するには、もう少し時間がかかりそうです。
訴求方法にも工夫が必要だと痛感しています。

私たちが住んでいるアルテピアモデルルームは、全ての窓を木製内窓で二重にし、玄関も内玄関扉で二重にしています。
暖房はエアコンのみで十分です。今年1月の光熱費は、約¥18,000(電気代1万1千円、ガス代7千円)で、風邪を引くこともありませんでした。
健康と家計を守るために、マンションもこれからは北海道並みの断熱が必要ですね。

断熱についてもっと知りたい方は⇒http://forestreform.co.jp/

モデルルームで断熱手段を実際に見たい方は⇒http://modelroom.forestreform.co.jp/

総天然素材の断熱のちからを体感したい方は⇒http://mansion.forestreform.co.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お1人様用の木製食卓を作らせて頂きました!
イメージ

一人暮らしの男性から、室内をゆったりと使いたいので、一人用の食卓を作ってほしいと依頼を受けました。「食卓...

[ マンション 収納家具 ]

折れ戸のクローゼットが全開口の2枚引き込み戸に変身!
イメージ

【高さが2300㎜の背高引き戸、取手(とって)は木製なので冷たくありません】折れ戸がベッドに当たって、クロ...

[ マンション 杉 引戸 ]

寝室を断熱工事すると、風邪をひきませんよ!
イメージ

【夜中から朝方の床の冷えを遮断する杉の置き床生活】冬の夜、皆さんの家で一番寒い部屋はどこですか?お...

[ マンション 窓断熱 ]

直角に曲がった廊下でも、長い方向に板目を合わせられる杉の置き床生活!
イメージ

【杉の置き床生活を施工する起点はやはり、LDからですね】今、専有面積112㎡のマンション(角住戸)の工事をさ...

[ マンション 杉の置き床生活 バリアフリー ]

かつて高級浴槽と言われたアクリル樹脂浴槽の経年劣化とその補修方法
イメージ

【浴槽に現れた皮疹のような現象】このぶつぶつ現象、気持ち悪いですよね。この浴槽はかつて高級浴槽と言わ...

[ マンション 浴室 断熱 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ