コラム

 公開日: 2015-10-08 

築140年超の古民家、玄関庇(ひさし)の改修始まる!

この古民家、約30年前に敷地内移動をしたそうです。
農地の区画整理に伴い、地盤を2mも土盛りをして、曳き屋さんに少しずつ移動してもらったそうです。
区画整理当時は、潰して別の敷地に建てようという話(そちらの方が安くつく)もあったそうなのですが、おじいさんが若い頃にお建てになった家で、それを継いだお父さんが、がんとしてお許しにならなかったのです。

【庇の瓦を降ろして、土を取り除いています】

家を曳いたとき、母屋と離れは切り離しましたが、瓦はそのままで引っぱりました。
瓦は愛知県のものだと言われていたので、たぶん三州瓦のいぶしだと思われます。
今回、欠けているところは多少見受けられましたが、表面は何ともなっていませんでした。
10年余りで再塗装をしなければならない〇ラーベストとは雲泥の違いがありますね。
瓦を固定する土は、いわゆる土壁の家の土です。乾くとカチカチになります。
今のように釘ではなく、壁土の上に瓦をのせて重ねているだけです。

【面積の少ない庇にも大量の土と瓦がのっていました】

最終的に、降ろした瓦は1トン車の荷台をほぼ占領、土は軽トラックに小盛りいっぱいありました。
そうとうな重量ですが、これを140年も風雪に耐えて木が支えていたのかと思うと、感動的ですらあります。
もともとは茅葺(かやぶき)屋根でしたが、茅が寿命だったので30年前に鉄の安全屋根をかぶせたのです。
将来、茅そのものが無くなるだろうと心配されて、当時、茅を葺きかえるのをあきらめられたそうです。

【庇が下がっているのがわかりますか?】

今日の仕事のメインは、W字型に波打っている軒先をまっすぐに揃えることです。
土の下は杉板が葺いてありました(今は瓦仕様でもほとんどが合板ですね)。通気性を重んじる日本伝統の知恵です。
垂木(たるき)も、雨が強くあたる場所はさすがに腐っていますが、少し中に入るとなんともありません。
ビスがしっかりきく強度を維持していました。垂木(たるき)はたわみに強い松が使われています。
今でも、梁に常に使われる強い木です。今回、補強で入れる垂木も松になります。

【たわんでいる箇所に、垂木を差し込んでいきます】

垂木は、丸桁の上に差し込まれていますが、古い垂木が場所によって曲がったり、傷んだりしていますので、横一文字に糸を張って高さの不ぞろいを見ながら作業します。古い垂木の箇所ごとに合わせて現場でくさびを作ります。
バールで起こし、職人さんが肩で支えながらほこりまみれで作業が続きます。
棟梁、大工さん、サポートさんの、まさに三位一体の仕事です。

【何度も修正しながら、何とか初日で庇をまっすぐにできました】

「だいぶ、あがったな」
「そうですね、でももう少しあげられますよ」
「そこ、もう少し上がらんか」
「そこのくさび、代えてみたらどうや」

丸一日作業場におりましたが、この妥協のない職人魂が家づくりを支えるのです。
水平に糸を張ったぎりぎりの高さまで、上げたり下げたりしながら丁寧に仕事をしてくれました。
明日は、板金の下地づくり、軒裏化粧板の準備になります。
こんな職人さんが、当社の置き床生活や木製内窓の工事をしてくれるのです。
感謝感激であります。

こんな日本の伝統技術をマンションリフォームに活用することに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/

丸4年経った総天然木のリノベーションマンションを実際にご覧になりたい方はこちら⇒http://mansion.forestreform.co.jp/

日本の古民家の知恵を活かしたマンションモデルルームを実際にご覧になりたい方はこちら⇒http://modelroom.forestreform.co.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
木製内窓と(木製枠+プラマード)で全窓を断熱!
イメージ

【リビングダイニングに4連木製内窓】4枚引き戸のリビングに木製内窓を採用していただき、無事に納品設置が...

[ マンション 窓断熱 ]

コーナーFIX窓にも内窓はつきますが、木製枠工事が必要!
イメージ

最近、サッシ屋さんの職人さんの話を聞くと内窓工事が増えているようです。結露が減り、室内温度が安定するこの...

[ マンション 窓断熱 ]

木製内窓に続いて、杉の置き床生活をご採用頂きました!
イメージ

【元々の腰板を引き立たせる杉の置き床生活】昨年12月に全窓(4か所)に木製内窓を入れて頂いたアルテピア3番...

[ マンション 床断熱 無垢 ]

斜めの壁の窓に木製内窓を設置
イメージ

【中桟ありの細長の木製内窓】【施工前の写真】少し形の変わった木製内窓ですが、施工前の写真を見て頂...

[ マンション 木製二重窓 ]

ご高齢の母さまの為に木製内窓を採用されました!
イメージ

11月初めの現地案内会にお越し下さったM様ご夫妻は70代です。93歳のお母様と同居でこの8月に戸建てからアル...

[ マンション 木製二重窓 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ