コラム

 公開日: 2015-10-01 

築140年の古民家、長寿命の謎とは?


【三田市にある茅葺+安全屋根の古民家】

来月から築140年超の古民家の改装工事に入ります。
そもそも100年を超える日本の古民家はなぜ、朽ち果てずに残っているのでしょう?
いつのころからか、日本の住宅の平均寿命は26年と言われるまでになりました。
先進国ではもちろん最低。住宅ローンも終わらないうちに家がなくなるんですよ。
温暖化による気候変動はあっても、高温多湿の夏は以前と変わらないのになぜ、30年も経たないうちに住めなくなってしまったのでしょう?

【玄関庇、樋もかなり傷んでいます】

昔の日本の家は高温多湿の夏をベースに考えられていたので、素材のすべてに通気性を優先しています。
山で採れた木、土壁、紙ですね。

色んな情報を集めると、合板(ベニヤ板)の普及に関係があるようなのです。
日本の合板(ベニヤ板)の歴史は1912年から始まります。今から103年前ですね。
古い家の中を歩くと床が沈みますよね。外壁から水が浸入して内側が剥がれたり、膨らんでいる古家を見たことはありませんか?
昔の家は、木束がシロアリに食われて床が下がっていました。床板は杉や桧でした。
相当前から束は鋼製が増えています。鉄はシロアリに食われないのに、今は合板などの床板そのものが湿気を含んでどうしようもなくなっています。

【さすがに、軒裏の板も所々腐っています】

合板(ベニヤ板)に通気性はありません。
丸太を薄切りにして接着剤で幾層にも貼りあわせたのが合板なんですね。
100年以上前の日本の家は、1階の床や壁、屋根などには通気性のある無垢材が使われていました(ベニヤはなかったし…)。それが、結果的にメンテナンスをしながら100年を超すような長寿命につながっていたのです。
建物に水分(水蒸気や雨)が侵入するのは、1階の床下地、外壁下地、屋根下地ですから、本来はこの部分には、合板を使うべきではないのです。

【瓦がかなりずれてきています】


屋根や外壁にはアスファルトルーフィングを使いますが、その防水効果はさほど長続きしません。
住宅メーカー時代、建て替え受注の絡みで、多くの木造住宅の解体に立ち会ってきましたが、20年にも満たない古家の床、外壁、屋根の下地は防水が切れて無残なものでした。
最近は、構造強度を上げるために外壁に合板がバンバン使われていますが、相当こまめに(10年ごとかな?)防水メンテをしないと大変ですね。釘打ちしたサイディング外壁やカラーベスト屋根も同様です。

メンテにお金がかかりすぎる家になっています。
まさに、安物買いの銭失いですね。それも、巨額の損失です。

【室内は、まさに100年超の古民家です】

無垢材も合板同様、外部に使う場合は注意が必要です。呼吸する素材なので、呼吸を妨げる塗装をしてしまうと、あっという間にボロボロになります。窒息死させてはだめですよ。

でも、無垢材を雨に曝されない内装に使っていただくと、驚くべき長寿命、経年美化商品に早変わりします。
それは戸建であっても、マンションであっても同じことです。
特に、気密性が高く、湿気や結露を呼びやすい鉄筋コンクリートの塊に命の息吹を吹き込むのは、杉や檜などの天然木なのです。

日本人の知恵をマンションライフに採用してみませんか?

こんな天然木を使った健康快適で長寿命リフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/

古民家の知恵を活かしたモデルルームをご覧になりたい方はこちら⇒http://modelroom.forestreform.co.jp/

期間限定、丸4年経った総天然木リノベーションマンションをご覧になりたい方はこちら⇒http://mansion.forestreform.co.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
単なるゆったりトイレが、オリジナルの和モダン空間に!
イメージ

【年代物の蔵戸に手を加えて作ったトイレ引き戸(廊下側)】和のデザインは専門家でも難しいようです。一...

[ マンション アンティーク家具 ]

木製内窓と(木製枠+プラマード)で全窓を断熱!
イメージ

【リビングダイニングに4連木製内窓】4枚引き戸のリビングに木製内窓を採用していただき、無事に納品設置が...

[ マンション 窓断熱 ]

コーナーFIX窓にも内窓はつきますが、木製枠工事が必要!
イメージ

最近、サッシ屋さんの職人さんの話を聞くと内窓工事が増えているようです。結露が減り、室内温度が安定するこの...

[ マンション 窓断熱 ]

木製内窓に続いて、杉の置き床生活をご採用頂きました!
イメージ

【元々の腰板を引き立たせる杉の置き床生活】昨年12月に全窓(4か所)に木製内窓を入れて頂いたアルテピア3番...

[ マンション 床断熱 無垢 ]

斜めの壁の窓に木製内窓を設置
イメージ

【中桟ありの細長の木製内窓】【施工前の写真】少し形の変わった木製内窓ですが、施工前の写真を見て頂...

[ マンション 木製二重窓 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ