コラム

 公開日: 2015-02-20 

介護地獄をなくせ!=医師が語る住宅と健康の関係

先日(2/7)行われた「健康・省エネシンポジウム IN ひょうご」で、各分野の専門家から病気と住宅に関して貴重なご報告を頂きました。


【ひょうご協議会 今村会長さんの挨拶(今村産業株式会社 社長)

「介護地獄をなくせ!」 ある断熱のプロフェッショナル建築家が激白した言葉です。

年老いた親の介護が原因で、子世帯が苦労する話はたくさんありますね。
親につきっきりで心身共くたくた…
親の介護費用が家計を圧迫して…
遠方の親の介護で、今の職場を辞めなければならなかった…
親の介護が原因で、夫婦・兄弟が不仲になった…

親が子供の意見に耳を傾けていてくれさえすれば、防げたかもしれないのです。
その子供の意見とは…?

「家を暖かくしておいてほしい」という、たったそれだけのことなのです。


【くぼクリニック 医院長 久保清景氏→http://www.kubo-cl.jp/

高齢者の浴室内死亡事故(溺死)はこんなメカニズムで起こります。
① 暖かい居間から風呂に入るために脱衣所に移動します。
② 脱衣場で服を脱いでさらに寒い浴室に入ります。
③ 熱いお風呂(高齢者は高温好みです)にざぶ~ん。
④ 意識を失って溺死。
特に無断熱の戸建住宅の室内温度格差は激しいモノがあります。
(日本の家の4割は無断熱と言われています)

暖かい居間から寒い脱衣所・浴室に移動する際に血圧が急上昇します。
湯船に浸かった途端に血圧が急降下して、そのまま意識を失ってしまうのです。
私の後輩のお父さんは、昨年の9月にこのパターンで亡くなりました。
残暑厳しい9月ですよ。室内は暑いが、脱衣所が冷えていて温度差が大きかったのです。

でも、大変なのは一命を取り留めた場合です。
親の命が助かったのに大変とは不謹慎かもしれませんが、後遺症が残って自分一人では何もできなくなるのです。
その介護の大変さを、その建築家は介護地獄と呼んだのです。


【オリジナル木製二重サッシ&木製枠(特許申請中)】

では、どのようにして暖かくすればよいのか?

一番簡単なのは、建物全体を暖房しまくって温度差を解消することです。
廊下や脱衣所、浴室内に暖房機を設置して常に温度を保っておけばリスクは減ります。
でも、高齢者の方が光熱費を使いまくる話は聞いたことがありません。
電気・ガス代が家計をびっくりするほど圧迫するからです。

では、どのようにすればよいか?
建物全体を断熱することで、室内を高気密高断熱空間に変えてしますのです。
戸建て住宅は、全てが所有者の自由になりますので、断熱工事をする部位が多く、時には断熱工事だけでも高額になるケースもあるでしょう。

でも、マンションの場合は、共用部と専有部分に分かれているので工事個所が限定されます。
従って、戸建住宅よりも安価で十分な断熱工事をすることができます。


【木製二重サッシの温度差 外気温0℃、内窓12℃】

まずは開口部、窓と玄関。ガラスや鉄板から逃げる熱の量はすさまじく、また副産物として結露が発生します。

次が床です。外壁のコンクリート壁は断熱材が入っていますが、床のスラブは無断熱です。
マンションは、下の人が暖房をするから暖かいとまことしやかに言う人がいますが、そんなことはあり得ません。
コンクリートが温まったり、冷えたりするのはとてつもない熱量と時間が必要なのです。


【カーペットに置いていく杉の置き床生活】

初期費用はそれなりにかかりますが、長期間のランニングコストと医療費で十分に元が取れます。
介護で苦労をしたくなければ、親を説得して「あたたかい家」にしてもらうことがみんなの幸せなのです。
でも、子供の言うことに耳を傾ける親はすくないからなあ…

こんな介護地獄に陥らないマンションリフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にその暖かさを体験したい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/modelroom/

高断熱改修したマンションを西神南で買いたいと考えている方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/modelroom/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
折れ戸のクローゼットが全開口の2枚引き込み戸に変身!
イメージ

【高さが2300㎜の背高引き戸、取手(とって)は木製なので冷たくありません】折れ戸がベッドに当たって、クロ...

[ マンション 杉 引戸 ]

寝室を断熱工事すると、風邪をひきませんよ!
イメージ

【夜中から朝方の床の冷えを遮断する杉の置き床生活】冬の夜、皆さんの家で一番寒い部屋はどこですか?お...

[ マンション 窓断熱 ]

直角に曲がった廊下でも、長い方向に板目を合わせられる杉の置き床生活!
イメージ

【杉の置き床生活を施工する起点はやはり、LDからですね】今、専有面積112㎡のマンション(角住戸)の工事をさ...

[ マンション 杉の置き床生活 バリアフリー ]

かつて高級浴槽と言われたアクリル樹脂浴槽の経年劣化とその補修方法
イメージ

【浴槽に現れた皮疹のような現象】このぶつぶつ現象、気持ち悪いですよね。この浴槽はかつて高級浴槽と言わ...

[ マンション 浴室 断熱 ]

マンションの押入、クローゼット改造!
イメージ

マンション生活も長くなると持っているモノも徐々に変わります。子育ての時は子供のおもちゃや布団など、生活必...

[ マンション 収納家具 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ