コラム

 公開日: 2015-02-11 

健康・省エネシンポジウムINひょうご(2015/02/07 開催)


【姫路市医師会館大ホールで行われました】

当社では、マンションに住む人の健康確保と家計支援(光熱費と医療費の削減)のために無垢材を中心としたオリジナル商品の開発と工事をさせて頂いています。
実はこれらの活動はいち森林浴生活の思いではなく、行政・医療・建築業界が健康と省エネを推進する国民会議をヘッドにして全国規模で啓蒙実践している活動なのです。

この団体が従来と大きく異なるのは、医師たちがオブザーバーとしてこの活動を支えてくれている点です。
全国37都道府県で既に協議会が立ち上がっていますが、この度、全国で31回目となるひょうごシンポジウムが姫路で開催されました。

ひょうご協議会の会長である今村産業株式会社の今村会長の開会の挨拶と健康と省エネを推進する国民会議の上原理事長の挨拶でシンポジウムは幕を開けました。

今村会長
「今日のテーマは寒さ。しかも「室内の寒さ」、日本では浴室内の心肺停止事故が増えていて、兵庫県は特に多い。その原因は、国際的にみてもレベルが低い日本の家の断熱性である。本日は本地域の行政・建築・医療・林業の専門家がこのテーマについて討議する」


上原理事長
「1993年家族を守る運動から、日本医師会の推薦する事業となった。住宅の温熱環境と健康の取り組みは医療費の削減にもつながる大きなテーマです。改善意欲のある地域のトップランナーが市民、県民の健康のために切磋琢磨しましょう。」

上原理事長は、現役の歯科医師。1993年、新築住宅の化学物質が原因で発症するシックハウス症候群の被害者で、私財を投じてその医学的証明をし、その対策に自ら奔走して2003年の建築基準法の改正に導きました。


【国交省よりスマートウェルネス住宅事業についての説明】

国土交通省住宅局 安心住宅推進課 高齢者住宅企画係の熊原慎吾さまより、スマートウェルネス住宅等推進事業について、説明がありました。人口が減っているのに世帯数が増えていることが、家庭部門のエネルギー消費を押し上げている実態や日本の家の4割が無断熱住宅であるなどの興味深いお話がありました。


【伊香賀 俊治 慶應義塾大学 システムデザイン工学部教授の基調講演】

基調講演は以下の通りです。
伊香賀教授
「住宅の断熱性能と木質内装が居住者の健康に及ぼす影響に関する試行調査とひょうご協議会への期待」

自らお調べになった日本各地の実例を基に、断熱性能の悪さが原因で起こっている家庭内死亡事故の分析や日本以外の先進国が住宅室内の低温対策に積極的に関与している実態などを丁寧に公演してくださいました。

石川誠 石川病院理事長
「医学からみた健康と住宅環境」

住宅で一番大切な基本性能は、結露を出さないこと。結露がカビを呼び、ダニを誘引するからです。塩ビクロスの下はカビだらけで、塩ビクロスとグラスウールが戸建住宅の2大元凶だと持論を展開されました。


【上原理事長、協同組合しそうの森の木 三渡代表理事、姫路市石見市長】


【くぼクリニック久保先生、高石歯科医院 高石先生、松尾設計室 松尾代表取締役】

休憩をはさんで、以下のテーマでパネルディスカッションがありました。
「ひょうご型健康・省エネ住宅による地域創生と健康長寿社会の実現を目指して」

石見市長は高齢者が生涯現役を目指せる取り組みの一端をご披露していただきました。
高齢者の中で、多忙派よりも余裕派の方が幸福度が低いという話がとても興味を引きました。

久保先生は日頃から予防医学を提唱されています。
独自の健康定義と住宅の不健康要因4つをわかりやすく説明されました。

高石先生は、口腔衛生と歯の健康を怠ると如何に高齢者にとって恐ろしいかを実例写真を交えて説明してくださいました。歯周病はまさに万病の元でした。

有限会社松尾設計室の松尾代表取締役は、お若いながらドイツの高断熱住宅研究の第一人者です。
日本のサッシの断熱レベルが欧米ばかりか、中国・韓国よりもはるかに劣っている実態は衝撃的でした。

協同組合しそうの森の木の三渡代表理事は、高温多湿の日本の気候風土には呼吸をする無垢材の効用を訴えられました。まだ日本の木材の国内産使用率は26%という実態はショックでした。

このように健康と省エネを推進する国民会議は、地方協議会と連携して、それぞれの地域に、行政・建築・医療・林業が連携してその地域にふさわしい断熱住宅をつくることによって、高齢者の健康寿命を伸ばし、経済的にも地方が活性化する仕組みをつくろうとしています。

マスコミはすぐに効果が限定的だとか国の政策を腐していますが、地域に住む人の健康意識を変えていくことは並大抵ではできません。地道な啓蒙を続けて行ってこそ、実現がみえてくるのです。
森林浴生活は神戸で地道に市民のために健康住宅を開発していきます。

こんなマンションリフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にその暖かさを体験したい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/modelroom/

高断熱リフォームマンションの購入に興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/modelroom/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お1人様用の木製食卓を作らせて頂きました!
イメージ

一人暮らしの男性から、室内をゆったりと使いたいので、一人用の食卓を作ってほしいと依頼を受けました。「食卓...

[ マンション 収納家具 ]

折れ戸のクローゼットが全開口の2枚引き込み戸に変身!
イメージ

【高さが2300㎜の背高引き戸、取手(とって)は木製なので冷たくありません】折れ戸がベッドに当たって、クロ...

[ マンション 杉 引戸 ]

寝室を断熱工事すると、風邪をひきませんよ!
イメージ

【夜中から朝方の床の冷えを遮断する杉の置き床生活】冬の夜、皆さんの家で一番寒い部屋はどこですか?お...

[ マンション 窓断熱 ]

直角に曲がった廊下でも、長い方向に板目を合わせられる杉の置き床生活!
イメージ

【杉の置き床生活を施工する起点はやはり、LDからですね】今、専有面積112㎡のマンション(角住戸)の工事をさ...

[ マンション 杉の置き床生活 バリアフリー ]

かつて高級浴槽と言われたアクリル樹脂浴槽の経年劣化とその補修方法
イメージ

【浴槽に現れた皮疹のような現象】このぶつぶつ現象、気持ち悪いですよね。この浴槽はかつて高級浴槽と言わ...

[ マンション 浴室 断熱 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ