コラム

 公開日: 2014-09-11 

「断熱」と積極的健康(2) 住環境整備のこれからの主役は「断熱工事」


【結露が極端にでるマンションの壁を室内から断熱】

●局所低温は健康の大敵
前回のコラムで、健康という視点から日本の住まいを見ると、冬に室温が低いことは致命的な問題であると書きました。

高齢者に多い心疾患・脳疾患・呼吸器系疾患ですが、これらで亡くなる人は冬に多いという統計が出ています。(厚生労働省 人口動態統計による)
つまり、「屋内の低温」が原因でこれらの疾患が起こるのですが、家の場所によって温度差が極端なのが、大きな問題なのです。
日本人は歴史的に局所暖房、いわゆる採暖が文化なのです。寒い所だけを温めればよいという考え方です。
暖房費は安くなりますが、それが室内に極端な温度差をつくっています。


【さらに熱伝導率の低い杉で仕上げました】

寒い所には極力行かなければよいのですが、わかっていてもトイレだけは我慢できません。
夜中に目が覚め、暖かい布団(約33℃)から出た寝室は10℃、廊下へ出ると8℃、そして一番寒いトイレ(約6℃)に行くことになります。場合によっては5℃以下のトイレもざらにあります。
この極端な温度差が、急激な血圧の変化と心拍数の上昇を引き起こし、結果、心筋梗塞や脳梗塞などで倒れることになります。


【築30年の戸建、屋根裏にグラスウールがこんなにあるのになぜか暑い!】

●どのように家の中を暖かくするか
しかし、玄関も廊下もトイレも浴室もすべて機械で暖房するというのは、現実的ではありませんし光熱費もたいへんです。

屋内の温度差を小さくするために効果的なのは、家全体の断熱性を上げることです。
築20~30年の戸建では、今の気候には合わない性能の断熱材を使っていますし、経年劣化していることも多々あります。また、構造材等の収縮や振動で建物にすき間が出来ています。

戸建住宅なら、隙間を埋めるような吹付断熱材を屋根裏・床下などに有効に使い、開口部(ドアや窓)にはペアガラスや二重サッシ等を使う。
マンションなら、コンクリートの壁面部分には断熱材がもともと入っていますから、開口部(ドアと窓)を効果的に断熱し、加えて床からのコンクリートの冷えを断熱すれば、ほぼ完璧と言えるでしょう。


【スキップフロアの基礎部分の断熱補強工事】

肝心なのは機械冷暖に全面的に頼らないことです。
光熱費がかかる。故障するからメンテが必要。空間的には場所も取る。
それが邪魔で、思い通りにインテリアができない。

構造的に断熱材で家をすっぽり覆うことで、屋内の温度差を少なくできるのです。


【私たちもすっぽり断熱が重要な年代です】

今、このコラムを読んでくださっているあなたはお若いかもしれません。
事実、40才くらいまでは、少々の暑さ寒さによる血圧変動は起きないと言われています。

でも、あなたのご両親はそんな影響を受ける年齢になっているはずです。
また、幼いあなたの子供さんもその影響を受ける可能性もあるのです。

断熱化リフォームをお考えの際には、断熱と健康に詳しいプロに現状をしっかり調査してもらい、これからの病気予防に本当に必要な断熱をしたいですね。

こんな健康と断熱を考えたリフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にモデルルームでその効果を確認したい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/about/modelroom.html

健康と断熱に詳しい建築・リフォームのプロを探したい方はこちら⇒http://www.kokumin-kaigi.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
折れ戸のクローゼットが全開口の2枚引き込み戸に変身!
イメージ

【高さが2300㎜の背高引き戸、取手(とって)は木製なので冷たくありません】折れ戸がベッドに当たって、クロ...

[ マンション 杉 引戸 ]

寝室を断熱工事すると、風邪をひきませんよ!
イメージ

【夜中から朝方の床の冷えを遮断する杉の置き床生活】冬の夜、皆さんの家で一番寒い部屋はどこですか?お...

[ マンション 窓断熱 ]

直角に曲がった廊下でも、長い方向に板目を合わせられる杉の置き床生活!
イメージ

【杉の置き床生活を施工する起点はやはり、LDからですね】今、専有面積112㎡のマンション(角住戸)の工事をさ...

[ マンション 杉の置き床生活 バリアフリー ]

かつて高級浴槽と言われたアクリル樹脂浴槽の経年劣化とその補修方法
イメージ

【浴槽に現れた皮疹のような現象】このぶつぶつ現象、気持ち悪いですよね。この浴槽はかつて高級浴槽と言わ...

[ マンション 浴室 断熱 ]

マンションの押入、クローゼット改造!
イメージ

マンション生活も長くなると持っているモノも徐々に変わります。子育ての時は子供のおもちゃや布団など、生活必...

[ マンション 収納家具 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ