コラム

 公開日: 2014-09-10 

「断熱」と積極的健康(1) 「治療」から「予防」へ

当社は一般社団法人「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」のひょうご協議会メンバーです。現在、全国37都道府県で協議会が立ち上がっています。
9月1日に、これからの健康と住まいを考える第1回の勉強会がありました。
この勉強会で学んだこと、考えさせられたことが多々ありましたので、少しご報告したいと思います。


(木製内玄関扉)

ちなみに当社が取り組んでいるリフォームは、安倍政権の重要な政策である地方創生にも係わり、国交省の「スマートウェルネス住宅推進等モデル事業」の一つである「健康維持増進住宅の推進――断熱リフォームの普及」に当ります。

(廊下を流れる結露の川)

●積極的健康とは
WHO(世界保健機関)によると、「健康とは、完全な肉体的(physical)、精神的(mental)、および社会的(social)福祉の状態であり、単に疾病または病弱の存在しないことではない」と定義されています。
つまり、心身ともに元気で、家庭や職場、あるいは地域コミュニティなどで充実した役割を果たしている状態と言えるでしょう。

また、森林医学を共同編集した宮崎良文氏は、健康の概念を下記の2つに分けています。
【消極的健康】
自分の身の回りから、誰に聞いても知っているような有毒なものを遠ざけることを、あえて消極的健康と呼んでいます。その効果は、周知の事実なので納得感があります。
【積極的健康】
それに対して、自分特有の健康状態を改善するために自ら考えて健康になろうとすることを積極的健康と呼んでいます。その方法は一般的でなく、コストもよくわからないので手さぐりの状態になります。
いわゆる、個人差があるからな~で片づけられるような感じですね。

(洗面所のスギの引き分け戸)

●「治療」から「予防」へ
今や、日本は世界一の長寿国です。医療費は上がり続け、何と2010年には37兆円に達し、介護費は8兆円!
2025年には医療費が68兆円、介護費は24兆円に達するのではないかと試算されています。
増え続ける医療費と介護費は、各家庭の経済的・心理的負担が増すことだけにとどまらず、国の財政をも脅かす深刻な問題です。
この超高齢化社会に生きる私たちが、本当の意味で健康でいるために、今すぐ取り組まなければならないことは―
ズバリ、病気にならないような生活をすること。
これ以外にありません。
病気になったら医者や薬に治してもらう、という考えをきっぱり捨て、自分の健康は自分がつくるのだという覚悟が、私たち一人一人に求められています。

「いつまでも健康でいてこそ人生も楽しく、家族や周囲に迷惑をかけることなく過ごせる。
生きている間は元気で、自分のことは自分でやる。そして寝たきりにならず、死ぬときはコロッと行きたい。」
いわゆる、ピンピンコロリが理想だと誰もが思うのではないでしょうか。

(杉の木製二重サッシ)

●生活習慣は、食と運動だけか?
さて、病気になる原因のトップが生活習慣と言われて久しいですね。
高齢者に非常に多い心臓病・心筋梗塞・狭心症などの心疾患、脳梗塞・くも膜下出血・脳卒中などの脳血流疾患、肺炎・気管支ぜんそくなどの呼吸器系疾患をはじめ、高血圧症や糖尿病は生活習慣病ですし、癌になりにくい体質になるにも生活習慣は大切だと言われています。

生活習慣を改めてくださいと言われれば、即、バランスのとれた食事をして、喫煙や飲酒などのし好品を減らし、適度な運動をすること、と思い浮かびます。
誰も異論はありません。ところが、日本人が軽視している重要な生活習慣がまだあるのです。
気づいていないと言った方がいいかもしれません。

(赤外線サーモグラフィで測った冬の窓周り温度)

それは、どのような住環境で生活しているかという「住まい」の問題です。
あなたが今まで暮らしてきた家が、最大のストレスかもしれないのです。
この健康増進という視点から日本の住まいを見た時、欧米諸外国に比べて居住環境の水準は決して高いとは言えません。

最大の問題の一つが、冬の屋内温度が低いことです。
この問題が健康にどのような影響を及ぼしているのか、次回のコラムで記したいと思います。

自然素材でマンションを高断熱リフォームすることに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にモデルルームで確かめたい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/about/modelroom.html

健康と省エネ住宅を推進する国民会議のホームページはこちら⇒http://www.kokumin-kaigi.jp/

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
単なるゆったりトイレが、オリジナルの和モダン空間に!
イメージ

【年代物の蔵戸に手を加えて作ったトイレ引き戸(廊下側)】和のデザインは専門家でも難しいようです。一...

[ マンション アンティーク家具 ]

木製内窓と(木製枠+プラマード)で全窓を断熱!
イメージ

【リビングダイニングに4連木製内窓】4枚引き戸のリビングに木製内窓を採用していただき、無事に納品設置が...

[ マンション 窓断熱 ]

コーナーFIX窓にも内窓はつきますが、木製枠工事が必要!
イメージ

最近、サッシ屋さんの職人さんの話を聞くと内窓工事が増えているようです。結露が減り、室内温度が安定するこの...

[ マンション 窓断熱 ]

木製内窓に続いて、杉の置き床生活をご採用頂きました!
イメージ

【元々の腰板を引き立たせる杉の置き床生活】昨年12月に全窓(4か所)に木製内窓を入れて頂いたアルテピア3番...

[ マンション 床断熱 無垢 ]

斜めの壁の窓に木製内窓を設置
イメージ

【中桟ありの細長の木製内窓】【施工前の写真】少し形の変わった木製内窓ですが、施工前の写真を見て頂...

[ マンション 木製二重窓 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ