コラム

 公開日: 2012-09-25  最終更新日: 2014-08-01

テクノストレスと快適性



【山梨県北杜市 清泉寮の森】

森林・自然と感性医学の分野で、日本生理人類学会会長をつとめていた佐藤方彦氏が次のように述べています。

人類の祖先が生まれて、霊長類の仲間として森に住みはじめたのが約600万年前。
猿人⇒原人⇒旧人⇒新人と進化し、ヒトが人間にとなってからの500万年の間、人間が生活してきたのは自然、自然、自然環境でした。

人間の歴史の中で都市が出現したのは、ごく最近のことです。
太古の野生の森や草原に生きた脳を持って、私たちは都市生活を営んでいるのです。

人間の生理機能は、脳、神経、筋肉、肺、消化器、肝臓や感覚系も、全て自然環境の下で進化し、自然環境仕様に作られています。

産業革命以降を都市化とするなら、「99.99%」を人間は自然環境仕様で暮らしてきたことになる。つまり、人類は都市の中で「無理をして暮らしている」ことになる。

ハイテクの現代を私たちは、太古の時代に造られた脳で生きているのです。
あなただけがしんどいのではないのですよ、みんなストレスがあって当たり前なんですよっておっしゃっています。

これがテクノストレスという考え方です。ちょっとホッとしますね。

多分、都会に住む人はいまさらそんなことを言われてもと、取り合わないかもしれません。

でも、過剰なほどのIT化が進む過緊張時代で、原因不明の疲れだとか、若年層のいじめ現象など説明のつかないことが、この考えを肯定すると納得がいきます。
以前であれば、少し休暇を取る、リフレッシュするだけで本来の自分に戻れたのが、今はなかなか戻れないのです。


【杉の木製二重サッシ 須磨区妙法寺 サンヴェール須磨妙法寺モデルルーム】

宮崎良文先生は、以前の対策を「消極的快適性」と呼びます。
安全や健康の維持を含む欠乏欲求で、不快の除去を目的とするものです。

でも、今の時代はどうもそれだけでは本来の姿を取り戻せないように思います。

そこで、必要なのが宮崎良文先生の言う「積極的快適性」だと思います。
積極的快適性とは、適度な刺激によってもたらされる成長的欲求で、プラスαの獲得を目的とすると定義されています。

消極的快適性をかみ砕くとこんな風になります。
例えば、家の中から有毒で臭いものを取りぞくようなことです。この毒は世間でも毒と認知されているので、誰に聞いてもその通りだと賛同されて安心。これがなくなれば、静かで安定した生活が長期間、確保される。めでたしめでたし。

しかし、よくわからないけれど、予想を超えるストレスが心身を蝕むために「何かプラスαの対策を打たないと快適性が確保されない」あなたになってしまったのです。

しかも、あなたが求める快適さは、他人のそれとは違うので友人や親に聞いてもわかってもらえない。その道の専門家を自分で探して、効果があるかどうか自分で判断しなければならない。
その金銭的価値も自分で決めないといけないので、とても悩むのです。

これが積極的快適性の追求ということです(あってるかな? )。
宮崎良文先生の理論が紹介されているホームページはこちら⇒http://www.fo-society.jp/therapy/

森林浴生活は、昔からこの日本で使われていた天然素材と副作用のない工業製品を、新しい発想で融合させ、中古マンションに住む人に「積極的快適性」という新しい満足を提供しようとするのが使命です。
ホームページはこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

迷っているあなた、百聞は一見にしかず! あなたの探し物が見つかるかもしれない!
あなたの感性で当社のモデルルームを見学してください。いつでもどうぞ!
モデルルームはこちら⇒http://forestreform.co.jp/about/modelroom.html

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

世界一守ってあげたい愛が形になりました。国産イ草生産量ナンバーワンの熊本県、そのイ草で作った畳の香りのよさはまさしく日本の伝統文化の象徴です。江戸時代中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
折れ戸のクローゼットが全開口の2枚引き込み戸に変身!
イメージ

【高さが2300㎜の背高引き戸、取手(とって)は木製なので冷たくありません】折れ戸がベッドに当たって、クロ...

[ マンション 杉 引戸 ]

寝室を断熱工事すると、風邪をひきませんよ!
イメージ

【夜中から朝方の床の冷えを遮断する杉の置き床生活】冬の夜、皆さんの家で一番寒い部屋はどこですか?お...

[ マンション 窓断熱 ]

直角に曲がった廊下でも、長い方向に板目を合わせられる杉の置き床生活!
イメージ

【杉の置き床生活を施工する起点はやはり、LDからですね】今、専有面積112㎡のマンション(角住戸)の工事をさ...

[ マンション 杉の置き床生活 バリアフリー ]

かつて高級浴槽と言われたアクリル樹脂浴槽の経年劣化とその補修方法
イメージ

【浴槽に現れた皮疹のような現象】このぶつぶつ現象、気持ち悪いですよね。この浴槽はかつて高級浴槽と言わ...

[ マンション 浴室 断熱 ]

マンションの押入、クローゼット改造!
イメージ

マンション生活も長くなると持っているモノも徐々に変わります。子育ての時は子供のおもちゃや布団など、生活必...

[ マンション 収納家具 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ