コラム

 公開日: 2012-06-22  最終更新日: 2014-08-01

格子を使ったマンションリフォーム

ガラスは入れていません
格子の引込み戸

圧迫感がなくなりました
間仕切壁を格子壁にしました。

狭い空間を広く見せるマンションリフォームは簡単ではありません。
写真は須磨区妙法寺字ぬめり石6-4サンヴェール須磨妙法寺にある
当社のモデルルームです。

マンションで狭く感じるのは、玄関付近と長い廊下の真ん中、ちょうど居間に入る
ドア付近になります。
当モデルは木製二重サッシと木製の内玄関扉で開口部の断熱対策は万全なので、
格子引込戸にはガラスは入れずに、室内の通風を優先しています。

玄関付近の間仕切り壁に変えて格子壁にしたのは、狭い玄関を広く、かつ通風を優先したからです。
実はこの部屋は寝室です。布団収納畳ベッド2台にいつもベッドカバーをかけてすっきりさせています。
ものを増やさない生活を心がけると、おしゃれなインテリアが手に入りますよ。

この記事を書いたプロ

森林浴生活株式会社 [ホームページ]

福祉住環境コーディネーター 髙岡恭平

兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL:078-766-2435

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
イメージ

マンションの構造的課題の一つに収納不足があります。布団は押入れにしまうものと決めつけていませんか?この新改良版・ふとん収納たたみベッドなら、敷き布団、掛け...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森林浴生活株式会社の髙岡恭平さん

スギやヒノキを用いた「森林浴リフォーム」で快適空間を(1/3)

冬になると、リビングは暖かいのに、廊下に出ればひんやりし、トイレは凍えるほど寒い…。こうした日本の住まいの温度差は、心疾患や脳疾患、呼吸器疾患などの症状を引き起こす原因となり、高齢になるほど身体への負担は大きくなります。この「ヒートショ...

髙岡恭平プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

無垢材の心地よさを取り入れた住まいで温度バリアフリーを実現

会社名 : 森林浴生活株式会社
住所 : 兵庫県神戸市須磨区清水台1-8 グレーシィ須磨アルテピア1番街1階 [地図]
TEL : 078-766-2435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-2435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

リビングダイニングの無垢インテリアがとうとう完成しました!

5年前、当時築20年の中古マンションに住み替えた際に杉の無垢...

T.T
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
蒸し暑い夏、窓を開けて風を入れるのは「不快で逆効果?」
イメージ

【わが家アルテピアモデルルームの間取り】我が家モデルルームは、内窓・杉の置き床生活・木製内玄関扉で、...

[ マンション 窓断熱 ]

プリントタイル(フロアタイル)で水回り床を美しくしましょう!
イメージ

【東リのプリントタイルで貼りかえた洗面所】マンションのトイレ・洗面所・台所の床材と言えば、クッション...

[ マンション 洗面所 ]

熱中症搬送3万7437人、前年より23%6968人増(総務省8/8発表)
イメージ

【7/28ほっともっとスタジアム オリックスvs楽天 花火大会】調査期間は7/1~8/6の37日間で、搬送時に死亡...

[ マンション 窓断熱 ]

和食屋さんの入口扉、オーダー木製扉で萬福笑来!
イメージ

【食事を済ませて帰られるときに目に入る扉】来月オープン予定の和食屋さんにオーダー木製扉を納めてきまし...

[ マンション 杉 引戸 ]

こんなに暑いなら一層の事、ふすまを御簾戸に代えてみませんか?
イメージ

8/6のyahoo天気の最高気温予報は、大阪38℃、京都・奈良37℃、大津・和歌山36℃で私の地元神戸でも35℃です。これはも...

[ マンション 和室  ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ