コラム

 公開日: 2014-10-31 

七五三はお宮参りが大事です。

最近は、七五三の新聞折りこみ広告で記念写真にこだわるお父さんお母さん方が増えました。写真業界的には嬉しいことなのですが、写真だけ多く撮って満足したり、 中には写真だけで済ましてしまう方も居るみたいですね。正直、残念です。
七五三とは、基本的にはお宮詣りと同様に、子供が無事に成長した感謝の気持ちを神様に告げ、子供の健やかな成長を祝うというものです。 七五三とは、三歳と五歳の男の子と三歳と七歳の女の子の成長を感謝し、将来の幸福を祈って神社に詣でる行事です。
七・五・三の年齢はいずれも陽数で、縁起の良い数字になっていて、東アジア全体の聖数となっています。 成長プロセスから言うと、3歳は、女の子が髪を結い、櫛をさすことができるくらい成長した、ということから、お祝いをするようになり、5歳になると、男の子が子供用の着物から、袴をつけるようになったこと、7歳は、都会では7歳の女の子が振袖を着ることが、華美な風習となり、それが一般化したことと、社会的な公認を受けることからお祝いするようになったそうです。







この記事を書いたプロ

STUDIO栄光社 [ホームページ]

カメラマン 宮本博文

兵庫県加西市北条町古坂1-27-1 [地図]
TEL:0790-43-1450

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
幸せメッセージ
イメージ

加西市の喜谷美貴様より、素敵な♡幸せメッセージ♡をいただきました。ホームフォトグラフィー(かかりつけの写真屋)でありたいと思う気持ちがようやく創業60年目にして...

お得なクーポン
イメージ

七五三前撮り、卒園・入学、1歳誕生記念などの撮影クーポンがいっぱい〜

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本博文 みやもとひろふみ

家族の「絆」を写し出す写真を撮影する家族写真館(1/3)

 写真スタジオ・栄光社のカメラマンであり社長である宮本博文さんは自らを「家族写真家」と名乗っています。実際、彼のブログには沢山の家族の写真が日々アップされています。お宮参り、七五三、入学・卒業、成人式、結婚式、誕生日…そのどれもが輝いており...

宮本博文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

あなたのパーソナルブランドを写真で表現します!

店名 : STUDIO栄光社
住所 : 兵庫県加西市北条町古坂1-27-1 [地図]
TEL : 0790-43-1450

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0790-43-1450

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本博文(みやもとひろふみ)

STUDIO栄光社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

A3ファンシーにまとめてもらった写真、玄関に飾って毎日見ています。

今回の和装でのウェディング前撮りどうもありがとうございま...

娘の笑顔もバッチリ
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こどもフォトグラファー大集合!
イメージ

こどもフォトグラファー育成講座のご案内いつもお世話になりありがとうございます。こどもフォトグラファー...

[ 写真教室 ]

公園で家族の写真撮りましょう。。。
イメージ

「家族でHUGキャンペーン撮影」は順調です。ホント!いつも楽しいよ。丸山総合公園って、適度に起伏があるので全...

[ フォトイベント ]

こどもフォトグラファー育成講座募集中! 共催;日本写真協会
イメージ

『こどもフォトグラファー育成講座』参加者募集中こどもの感性を引き出してあげよう〜 そんな写真体験教室が実...

[ 写真教室 ]

家族でHUG写真撮影始まります!
イメージ

今年も家族でHUG撮影が始まります!公園でナチュラルな自然光家族写真をお撮りします。スタジオもいいけど、...

[ フォトイベント ]

あなたの写真が即変わる!写真教室開講!
イメージ

しばらくお休みしていたKCC写真教室ですが、いよいよ再開です!本日、体験教室開催します!

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ