コラム一覧

76件~90件(806件)

新しいの15件

過去の15件

活躍できるわけ

イメージ

「メンタルの強さ」はスコア安定のための大きな強みになることを自覚しましょう。ゴルフほどメンタルに左右されるスポーツはなかなかありません。心技体すべてを求められる部分は日本の武道に通じるところがあると思います。いくらパワーがあっても、いくら技量が優れていても、精... 続きを読む

ゴルフ整体

2015-05-21

自分も活躍・チームメイトも活躍→勝利

イメージ

筋力が一時的に増加する時というのは持続的に筋肉を使っている最中に大声で叫ぶことです。そうすると通常より大きな力を発揮するのです。これをシャウト効果といいさまざまなスポーツの活動中に利用されています。 タックルするならその瞬間ボクシングならパンチを打つとき野... 続きを読む

野球

2015-05-20

筋力と筋肉の疲れ

イメージ

今日は前回話していた情報伝達による疲労をご説明します。筋肉の疲労には運動を続けると徐々に脳からの働きが低下する「中枢性疲労」と筋肉そのものの働きが低下する「末梢性疲労」が存在します。筋力を発揮する際筋肉の組織を保護するために脳によって抑制されています。しか... 続きを読む

野球

2015-05-20

スコアの安定化

イメージ

スコアが「炎上」する理由メンタルの弱さは「慎重さ」に共通したものがあります。メンタルの弱さやネガティブさは簡単には克服できません。それなら、そんな性格を徹底的にマネジメントに利用してみるのはいかがでしょうか?ゴルフにおいてマネジメントの重要性は唱えられていま... 続きを読む

ゴルフ整体

2015-05-20

リスク管理

イメージ

メンタルの弱さをマネジメントに活かす メンタルが弱いのではなく、「慎重さ」と捉える安全策を取るゴルフは、一見つまらないようにも思えますが、しかし、ゴルフは自分との戦いです。そしてバンカーや林などに入れてしまえば、心が動揺して自分に負けてしまいがち。ハザード... 続きを読む

ゴルフ整体

2015-05-19

筋肉の疲れ

イメージ

皆さん暑い中頑張っていますか?今日は筋肉の疲れについて話していきます。筋肉は繰り返し収縮すると次第に筋力が低下し最後にはつかえなくなってしまいます。これは筋肉が疲労したためおこるのです。筋肉を使うには・脳からの情報伝達・エネルギー供給・疲労物質の処理 ... 続きを読む

野球

2015-05-18

ミスのゲーム

イメージ

『ゴルフはミスのゲームである。』って、どんな意味? ゴルフは、傾斜が不安定な大自然の中、小さな球を遥か遠くの小さな穴に入れるスポーツ。さらには池やバンカー、狭いホール構成、風や雨などの天候、多くの複合的要因が絡むため、そもそも「失敗しないこと」が在り得ないのです。... 続きを読む

ゴルフ整体

2015-05-18

ゴルフの過ごし方

イメージ

ゴルフのことばかり考えすぎない 「下手の考え休むに似たり」歩いている時間が長いからこそ、その時間が考えすぎるゴルフに迷い込みやすいようです。ゴルフは気持ちを切り替える時間が与えられていると考えたらどうでしょうか?ゴルフのショットとショットの間に考え過ぎることは、ゴ... 続きを読む

ゴルフ整体

2015-05-15

熱中症 part3

イメージ

今日は処置についてお話します。原因となる水分不足と体温の改善をしなければなりません。過度に汗をかいた場合、ただ水を飲むだけではだめなのです。血液のナトリウム濃度が下がり逆に水が飲めない状態になってしまいます。なので塩分もとらなければなりません。さらに糖分と一緒... 続きを読む

野球

2015-05-15

肩凝りから、解放されるために!(筋トレ編)③

イメージ

肩甲骨の筋トレ三つ目は、WとIのポーズを行います。うつ伏せになり、腕を”Wのポーズ”にし、手はGoodのカタチで親指を上に向けます。肩甲骨を引き寄せるように、可動域いっぱいまで、腕を背面に持ち上げます。息をゆっくりと吐きながら、7秒キープ×3セット。次は、”Iの字”のポー... 続きを読む

首・肩の痛み。肩こり・首こり

2015-05-15

肩凝りから、解放されるために!(筋トレ編)②

イメージ

肩甲骨の筋トレ第2回目のポーズは”Tの字”のポーズで行います。うつ伏せになり、腕を”Tの字”に広げ手の平は下向き。左右の肩甲骨を引き寄せるように腕を背面へと可動域いっぱいまで持ち上げる。息をゆっくりと吐きながら、7秒キープ×3セット姿勢は同じ”Tの字”で手のカタチをGood... 続きを読む

首・肩の痛み。肩こり・首こり

2015-05-15

肩凝りから、解放されるために!(筋トレ編)①

イメージ

いよいよ、第2段階の筋トレです。肩こりに大きく関与する筋肉と言えば僧帽筋。この筋肉は上部線維、中部線維、下部線維と三つに分かれています。筋トレを行う姿勢も腕の位置を上、中、下と姿勢を変えてトレーニングを行います。勿論、僧帽筋だけが鍛えられるわけでは無く、その動きに付随する... 続きを読む

首・肩の痛み。肩こり・首こり

2015-05-15

肩凝りから、解放されるために!(筋トレ編)

イメージ

以前にもお話ししましたが、肩凝りから解放される為には、姿勢を治す必要があります。お風呂に入ったりストレッチをしたり。硬くなり血流が悪くなった筋肉の血行を改善してあげれば一時的に肩こりは改善しますが、姿勢が悪ければ再び、筋肉に負担を掛け、血行不良を起し肩こりを再発します。... 続きを読む

首・肩の痛み。肩こり・首こり

2015-05-15

熱中症 part2

イメージ

前回に続き熱中症について話していきます。熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病は気温が高くなり体温が高くなっていきおこります。体温が高くなると体は血管を拡げたり、汗をかいたりして体温を下げようと頑張ります。しかし血管を拡げると脳まで血液を送る力が弱くなり失神してしま... 続きを読む

野球

2015-05-14

プレーに集中するために

イメージ

ラウンド中に自分のスコアを集計しない 集計したみた結果、起こることは、「ここと次のホールでパーを取れれば・・・!」「ここでバーディを取るしか無いのか・・・!」意識し始めたら、それが大崩れの始まりなのです。前半、後半の9ホールが終わるまではスコアを計算しない。... 続きを読む

ゴルフ整体

2015-05-14

76件~90件(806件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
お客様の声
イメージ

県立伊丹高等学校 バスケットボール部                   藤田善史くん私は中学校時代にクラブ活動でバスケットボールをしていました。当時から...

スタッフ紹介
イメージ

1.地域との連携を大切にし、患者様の健康な暮らしに 貢献します。2.患者様やご家族の信頼を得られるよう、まごころを 込めた施術を提供します。3.知識と技術...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金井克行 かないかつゆき

交通事故、腰痛、アレルギーなどで悩む方へ、健康な体づくりを提案(1/3)

 西宮と尼崎、そして三宮にある「かない鍼灸接骨院」は、地元はもちろん兵庫県外からも来院する人がいて、そのほとんどが口コミによる紹介といいます。 「ただ痛みをとるだけではなく、痛みを生まない体づくりを目指し、いつでも必要としていただける鍼...

金井克行プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

22年間延べ36万人の臨床経験をデータ化した速効的な治療法

所属 : かない鍼灸接骨院
住所 : 兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL : 0798-41-3460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

痛みが改善

僕は、少年時代からサッカーをしているためにいろいろなケガ...

荒木
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
足の健康  (足裏編) 

足は私たちの身体の中でも日常生活で特に使用する部位です。足は何をするにしてもほぼ必ず使用し酷使をしてい...

[ かない学園 ]

3/26 やる気スイッチオールデイ

26日にやる気スイッチオールデイを尼崎院にて開催いたしました。「自分を励ます自信」は他の人から与えられ...

[ メンタルケア&メンタルトレーニング ]

冷え症の対処法~次世代型・かくれ冷え症タイプ

前回のコラムで冷え症の分類をお伝えさせてもらいましたが、今回からはそれぞれの対処法をお伝えしていこうと思い...

[ 冷え性 ]

足の冷え症改善
イメージ

足は心臓から一番遠い部位でもある為、冷え性になりやすい部位でもあります。 足の冷えを改善する為には、...

[ 冷え性 ]

手の冷え症

寒い季節になると、真っ先に冷えのターゲットにされるのが手だと思います。ただでさえむき出しの手に冷たい風...

[ 冷え性 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ