コラム

 公開日: 2018-01-15 

かない学園 1月終了いたしました

今回使わせてもらった資料を公致します。



「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか。ヒートショックとは、急激な温度差によって体に及ぼす影響のことです。ヒートショックにより失神、ひどい場合には心筋梗塞・脳梗塞などになります。今日、家庭内で死亡する高齢者4分の1はヒートショック死と言うデータが上がっているほど。

誰にでも起こり得るヒートショックについて詳しく知り、予防・対策をしっかり行いましょう!

まず、ヒートショックについて、一体どういうものなのかを詳しく説明します。

ヒートショックって何?

ヒートショックとは、温度差による肉体的ショック症状のことです。ヒートショックが起こりやすいのは体の弱い高齢者で、寒い冬場の発生率が格段に高くなります。

暖房の効いた暖かい部屋から、冷たく冷え切った浴室での熱いシャワー、実はこの当たり前の入浴が心臓に大きな負担をかけてしまうのです。温度変化が急激すぎると血圧が一気に上下して、心臓や全身の血管に異変が起きます。ヒートショックによる心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中・不整脈リスクは高く、軽く失神だけの場合でも浴室のため滑って頭を打つなど、大変な危険が伴います。

入浴時の「脱衣所の寒さ」と「お風呂の熱さ」の温度差

お風呂に入るとき、服を脱いで裸になる「脱衣所の寒さ」と、冷え切った体から入浴に突入する「お風呂の熱さ」、どれくらいの温度差で血圧が急上昇し心臓に大きな負担がかかるのでしょう?およそ10度以上の差があるといけないと医学的に考えられているので、室温計や湯温計を設置しておいて、確認しながら入浴するとヒートショックのリスクを減らすことができます。

ヒートショックの原因とは?

冬場、寒い脱衣所で服を脱いで裸になり、冷え切った浴室に入ると血管がびっくりして縮み、血圧が急激に上がります。その状態で熱いお湯に浸かれば、さらに血圧が急上昇。しかし体が温まることで血管は広がりだし、今度は逆に血圧が下がってしまいます。このような血圧の乱高下が心臓に大きな負担をかけて、ヒートショックを招くのです。

ヒートショックでの死亡例

ヒートショックにより心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳梗塞が起きて突然死してしまう高齢者は後を絶ちません。年間およそ1万人以上の人がヒートショック死しており、年々増加傾向にあります。入浴中の溺死、失神による転倒からの死亡例もあるようです。

ヒートショックに注意すべき人の特徴

ヒートショックは体の弱い高齢者に最も多く見られる症状なので、一般的に65歳以上の男女はどれだけ健康に自信があったとしても入浴時には注意が必要です。特に高齢者は、熱いお湯が好きな傾向にありますが、脱衣場と浴室の温度差は10度以上あってはならないので、本人だけではなく周りの家族も気をかけることが大切でしょう。

心配なのは高齢者だけではありません。糖尿病や高血圧等の成人病の持病がある人、コレステロール値が高くメタボリック症候群あるいはその予備軍の人なども、急激な血圧の変化でヒートショックになってしまう危険があります。中高年の男性はそれらの健康状態であることが多い上、晩酌の後お風呂に入ってしまうことも珍しくありません。そうなると、余計にリスクが上がってしまい危険です。

肉体の問題だけではなく、ヒートショックは住まいの問題から発生することもあります。というのも、タイル張りで窓のある浴室は熱が逃げやすく寒くなりやすいですし、築年数の長い家は隙間風が吹いたり壁にも断熱材が入っていなかったりするため、常に体が冷えて入浴の際温度差が激しくなる場合があるようです。

お風呂でのヒートショック防止策

入浴時の温度差をなくすための対策方法を6つご紹介します。

脱衣所を暖房で暖める

脱衣場にファンヒーター等の暖房器具を設置しておくと、裸になったとき急激な寒さを感じることもなく、血圧が異変をきたすリスクが下がります。

湯船のフタを開けておく

いきなり浴室に入るのではなく、入浴の5分程前から浴槽のフタを開けておくようにしましょう。そうするだけで湯気が上がるので浴室全体が暖かくなり、ヒートショックが起こりにくくなります。また、浴槽のお湯も若干下がるので、体がびっくりしません。

シャワーでお湯をはる

湯船のフタをあけておくのと同様の理由から、お風呂のお湯をシャワーで張るのは大変効果的です。浴室が蒸気で温まる上、湯船の温度も程良くなります。

湯温41℃以下

室内や脱衣所とお風呂の温度差が10℃以上開くとヒートショックのリスクが高まるため、湯温は41℃以下に設定してはるようにしましょう。一般的に41℃なら、10℃以上開く危険が少なくなります。

夕食前に入浴する

夕食前に入浴することで、比較的まだ体の生理機能が疲れていない状態でお風呂に入れます。加えて、食事をすることで血圧が下がりやすくなるため、食事をとる前に入浴するのがヒートショック対策には効果的です。

高齢者には一番風呂をすすめない

一番風呂は浴室が冷え切っています。お湯も入れたてで、熱いですよね。2番風呂以降ならば浴室は温まっていますし、良い湯加減になっているでしょう。

おわりに

高齢者に多いヒートショックですが、誰にでも起こり得る症状でもあります。家族全員がヒートショックに注意して、自分のことだけではなくみんなが無事お風呂に入れているのか気にかけることも有効な対策となるでしょう。みんなで、ヒートショックを防ぎましょう。

リビングはとてもあったかいのに、トイレに入ると気温が低くて思わずブルっとしたり、ヒヤッと感じていませんか?

実はこのようにリビングやトイレとの気温差は、からだにいい影響を与えないのです。室温の急激な変化で血圧が変動し、健康被害を起こすといわれるヒートショックになる危険性が大きいからです!

それに、トイレはそもそも排泄する場所。人によっては、排泄時にいきむことで血圧が急上昇する恐れがありますし、特に高血圧や動脈硬化などの疾患を持っている人は、気温差による血圧の急変のリスクも合わさり、心筋梗塞や脳出血などを起こすリスクが高くなる可能性があります。

つまり、温かい場所から寒いトイレに行っていきむのは、ダブルのリスクをはらんでいると言えます。特に注意すべきは高齢者ですが、若い人でも肥満傾向にある人や持病を持っている人は気を付けなくてはなりません。

── では、どのような点に注意すればよいのでしょうか。トイレの場合の注意ポイントは大きく分けて2つになります。

〈ポイント1〉肌に直接触れる便座

【お尻を出して座る「便座」】に、まず注意を向けてみよう!

まず注意したいのは、直接お尻を出して座る「便座」です。便座が冷たいとヒヤっと感じるだけでなく、そこでヒートショックが起こり、血圧の急激な変化が生じることがあります。それを防ぐためにも、暖房便座を上手に使いましょう。

【設定温度】

設定温度は低めでOK。設定を高温にしすぎると、長く座った場合に低温火傷を起こす可能性があるため、触って冷たく感じない程度の設定で十分です。

【暖房便座ではない場合】

もし、ご自宅のトイレに暖房便座がついていない場合は、便座にカバーをつけたり、便座上部にシートを張るだけでもお尻へのヒヤッと感を防ぐことができます。カバーやシートなどは100円ショップなどでも手に入るので、手軽に対応できますね。

【和式トイレの場合】

ちなみに、和式トイレでは便座に直接触ることはありませんが、洋式トイレよりいきむのが強くなりがちで、血圧の急変を起こしやすくなるため、トイレ内の室温を上げておくことが洋式トイレ以上に重要になります。

── 次は、トイレの室温について確認してみましょう。

〈ポイント2〉 トイレの室温を上げ

【スマートで安全な暖房器具を活用しよう!】

最新のマンションなどでは、トイレにも冷暖房が入っているようですが、まだまだ少ないのが現状です。トイレの室温を上げるために、手っ取り早いのは暖房器具を置くこと。ただ、ヒーターなどの暖房をずっとつけっぱなしにしておくのは、火事なども気になりますよね。それに、一般的にトイレの滞在時間はあまり長くないので、効率よく温まる暖房器具を選びたいはず。

【トイレ用暖房器具を選ぶ際のポイント】

そこでチェックしておきたいのが、トイレ用に開発されたコンパクトなセラミックファンヒーターです。温風ですぐに温まることや、人感センサーが搭載されていたり、横置き・縦置きが可能な2WAYタイプなど、さまざまな種類があります。ご自宅のトイレ状況に合わせて選んでみてはいかがでしょう? 暖房便座やウォシュレット機能付きトイレの場合は、暖房器具を置くとコンセントが二つ必要になりますので、その点もご注意くださいね。

【トイレに窓がある場合】

また、忘れてはならないのは、窓があるトイレの対策です。窓が設置されていると、そこから冷気が伝わりやすくなります。この冷気を防ぐために窓にカーテンをつけたり、断熱フィルムを貼ることで、忍び寄る冷気を防御できます。すきま風が入る場合はテープでふさいだり、市販のボードなどを立てるのも有効。冷えの感じ方が違いますから、ぜひお試しを。

「ヒートショック」を起こさないための5か条

ここまで、ポイントごとにご紹介しましたが、最後にトイレでの「ヒートショック」を防ぐためにできることを5つにまとめてみましょう。

■居室とトイレの室温差に注意

居室とトイレの温度差は「5度以内」が望ましいと言われています。自宅のトイレに暖房機能が設置されている場合は使用し、設備がない場合は暖房器具を活用して室温を上げましょう。暖房器具の使用にあたっては、火事や火傷など安全に十分ご注意ください。

■便座を冷たいままにしない

冷たい便座に触るとヒヤっとして、急激な血圧の変化を招きます。特に高血圧の人などは、血圧が急変するリスクが高まるので危険です。暖房便座がある場合は利用し、ない場合にはシートやカバーをかけるなど、お尻に便座の冷たさを直接伝えないようにしましょう。

■深夜にトイレにいく場合は、上着や厚手の靴下などを着用

夜中や明け方などに目が覚めてトイレを利用するときは、ヒートショックを起こしやすいと言われています。パジャマのまま裸足でトイレに行くのではなく、上着やガウンなどを羽織ったり、厚手の靴下やスリッパなどを履いて、冷気に肌が直接触れるのを防ぎましょう。

■トイレから出るときはゆっくり立ちあがる

トイレでいきんでいきなり立ちあがると、血管が広がって貧血状態に陥る可能性があるため、立ちくらみが生じることも。狭いトイレで転ぶとケガをしたり、打ちどころが悪い場合は意識を失なうことにもなるため、手すりなどにしっかりつかまって、ゆっくり立ちあがるようにしましょう

■水分を摂って、便秘にならないように工夫する

寒いトイレでは血圧上昇のリスクだけでなく、いきむことで血圧が急上昇し、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な症状を引き起こしかねません。睡眠前はもちろん、普段から水分をしっかりとるようにしたいもの。さらには食事のバランスに気を配る、便秘薬を上手に服用して、スムーズな排便を心がけましょう。

── tenki.jpでは、冬の寒い時季に起こる「ヒートショック」の被害を防ごうと、「ヒートショック予報」を提供しています。気象予測情報にもとづく家の中でのヒートショックリスクの目安として、ぜひご活用ください。

ヒートショックプロテインで元気に!

こうすればヒートショックプロテインを増やせる!正しい入浴のコツ

入浴TIPS

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。また、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っています。つまり、カラダにとってはとてもありがたい存在で、HSPが増えることは、「カラダを元気にする」ことにつながっているのです。

HSPと熱との関係

ヒートショックプロティン(HSP)は、ヒートショック、つまり身体に熱によるストレスが加わることによって、体内で作られる量が増加します。

でも、「熱によるストレス」というと、なんだかとても大変なことをしなければいけないような印象を受けてしまいますよね。要するに体温を上げるわけですから、病気でもないのに熱を上げるなんて難しそう……。

入浴とHSP

ところが、普段の生活のなかで、簡単にHSPを増やすことができる方法があるのです。

それはズバリ、「入浴」。お風呂に入って体温を上げ、保温することによってHSPを増加させ、免疫力もアップ。これなら簡単!いつもの入浴に一工夫するだけで効果があるのなら、ぜひやってみたいものです。

正しい入浴方法でHSPを増やそう

では、その正しい方法を伝授しましょう。

まず、体温計で平熱を測ります。HSPは、体温が38度くらいまで上げ保温することによって体内で作られますが、もともと平熱が低い人が、いきなり38度まで体温を上げるのは難しいですし、身体にも余計な負担がかかってしまいます。ですからまずは自分の平熱を知り、平熱プラス1.5度アップを目差しましょう。

それから入浴前には、たっぷり水分をとって脱水を防ぐことも忘れずに。

お湯の温度は、40~42度くらいに設定。温度を上げすぎるのはNGです。

この状態で、湯船に10分ほどつかっていると、自然に体温は1度ほど上昇します。そしてこのままさらに10分ほど入浴すればOK。体温が1.5度ほど高くなっていることを、舌下温(舌の下に体温計を入れて計測)で確認して終了です。入浴後は、部屋を適温にし、身体を冷やさないことも大切です。

この後体温は自然に下がっていき、増加したHSPは1週間ほど体内に残り、その力を発揮します。HSPのパワーがピークを迎えるのは、入浴から2日後といわれているので、「元気になりたい日」から逆算してこの入浴法を試してみるのもいいでしょう。ちなみにこの入浴法でHSPを増やすのは、週に2回の割合でOK。このような温度での入浴ではストレスを感じなくなってしまうからです。

HSPを増やす入浴法のポイント

・入浴前の水分補給

・自分の平熱から+1.5度を目安に

・40~42度で20分入浴

・舌下温を計り、体温(深部)の上昇をチェック

・入浴後は冷やさない、温めすぎない

・2~3日に1回でOK

かない鍼灸接骨院 HP https://kanai-shinkyu.com

     西宮院 TEL 0798-41-3460

     尼崎院 TEL 06-6499-2450

     三宮院 TEL 078-272-5499 

この記事を書いたプロ

かない鍼灸接骨院 [ホームページ]

柔道整復師 金井克行

兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL:0798-41-3460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

県立伊丹高等学校 バスケットボール部                   藤田善史くん私は中学校時代にクラブ活動でバスケットボールをしていました。当時から...

スタッフ紹介
イメージ

1.地域との連携を大切にし、患者様の健康な暮らしに 貢献します。2.患者様やご家族の信頼を得られるよう、まごころを 込めた施術を提供します。3.知識と技術...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金井克行 かないかつゆき

交通事故、腰痛、アレルギーなどで悩む方へ、健康な体づくりを提案(1/3)

 西宮と尼崎、そして三宮にある「かない鍼灸接骨院」は、地元はもちろん兵庫県外からも来院する人がいて、そのほとんどが口コミによる紹介といいます。 「ただ痛みをとるだけではなく、痛みを生まない体づくりを目指し、いつでも必要としていただける鍼...

金井克行プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

22年間延べ36万人の臨床経験をデータ化した速効的な治療法

所属 : かない鍼灸接骨院
住所 : 兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL : 0798-41-3460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

痛みが改善

僕は、少年時代からサッカーをしているためにいろいろなケガ...

荒木
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
9月かない学園開催しました。

今回のテーマは、めまいです。めまいを引き起こす原因は主に以下の7つのタイプに分けることができます。メ...

[ かない学園 ]

足の健康  (足裏編) 

足は私たちの身体の中でも日常生活で特に使用する部位です。足は何をするにしてもほぼ必ず使用し酷使をしてい...

[ かない学園 ]

3/26 やる気スイッチオールデイ

26日にやる気スイッチオールデイを尼崎院にて開催いたしました。「自分を励ます自信」は他の人から与えられ...

[ メンタルケア&メンタルトレーニング ]

冷え症の対処法~次世代型・かくれ冷え症タイプ

前回のコラムで冷え症の分類をお伝えさせてもらいましたが、今回からはそれぞれの対処法をお伝えしていこうと思い...

[ 冷え性 ]

足の冷え症改善
イメージ

足は心臓から一番遠い部位でもある為、冷え性になりやすい部位でもあります。 足の冷えを改善する為には、...

[ 冷え性 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ