コラム

 公開日: 2015-04-06  最終更新日: 2015-05-14

肩こりから、解放されるために!

姿勢が悪く、猫背姿勢になっていることが、肩こりの最大の原因です。




肩こりについては、様々な原因が言われています。
血行不良、冷え、ストレス、歯のかみ合わせ、頸椎の障害などなど。
もちろん、原因は一つではなく、複数の原因が作用して肩こりを起こしているケースがほとんどでしょう。
そのなかでも、猫背等の不良姿勢が最も影響が大きいと考えます。

昔から、姿勢を正すときに言われる言葉が、「背筋を伸ばして胸を張りなさい」。ですよね。

間違いではありません。
背すじを伸ばして、胸を張れば、見た目は姿勢が良くなったように見えます。
ですが、これだけでは肩こりを解消するには不十分です。

当院への質問で多いのが、
「姿勢を良くしようとして胸を張っているけど、肩こりが、全然よくならない。逆に背中が筋肉痛の様になって痛くなる。猫背なんて治しても肩こりは良くならないんじゃないですか?」
と、言うようなものです。

こんな話を聞くと、「猫背を治すのなんか無駄なのかも?」って、思ってしまいますよね。

実は、胸を張るだけ、背すじを伸ばすだけでは、見た目上の猫背は改善されても、肩こりはあまり改善しないのです。

本当に肩こりを改善できるように猫背を治すには、上肢(上腕)の向きが大事なんです。

人が、何かしらの作業をしようとすると、上肢が、内旋します。

特に現代社会では、事務作業、パソコン業務、携帯電話、スマホ。昔ながらの作業でも、台所仕事などにしても、細かい作業をするとき、自分の胸元で良く見える位置で作業をすると、自然と背中が丸まり、上肢が内旋し、胸が縮こまるような姿勢になります。

さらに、集中すると呼吸も浅くなり、全身の筋肉は酸欠気味となり、肩こりを助長します。
作業の途中で意識せずとも自然に深呼吸をしてしまう事ってありますよね。
体が酸欠気味になって酸素を欲している証拠です。

では、どうすればよいのか?

答えは簡単。
胸を張る動きと共に、上肢を外旋させればよいのです。



ステップ1
深呼吸するときに両腕を広げ胸を思いっきり広げる。

ステップ2
腕を「外旋」させる。
親指を立てて、その「親指が外から後ろに向く方向に腕を回す」。これだけです。
腕を外旋させると、胸を広げやすくなり、猫背のように丸くなった背中も伸びやすくなります。

※ストレッチはくれぐれも「気持ちいいなぁ」ぐらいでやめておいてください。急に過度のストレッチをすることは、逆に筋肉を傷めることもあります。特に、伸びきった筋肉に急激に力を入れると痛めやすいですのでご注意下さい。


ステップ3
腕を内旋位置にしてしまうのに、大きく影響しているのが、胸部に大きく広がる大胸筋。
この大胸筋、実は細かく見ると、上中下の3つの筋肉に分かれます。
上部が鎖骨部。中部が胸肋部。下部が腹部。と筋肉が始まる位置で作用も変わってきます。
ですので、3つともストレッチをしっかりと効かそうとするなら、三方向で行うのが、最も効果的。

体の側面に腕をつけた状態を0度とすると、60度、90度、120度。くらいの3方向でおこなってください。

次回は、猫背姿勢をさらに改善するための秘策。胸郭のストレッチです。

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

かない鍼灸接骨院 [ホームページ]

柔道整復師 金井克行

兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL:0798-41-3460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

県立伊丹高等学校 バスケットボール部                   藤田善史くん私は中学校時代にクラブ活動でバスケットボールをしていました。当時から...

スタッフ紹介
イメージ

1.地域との連携を大切にし、患者様の健康な暮らしに 貢献します。2.患者様やご家族の信頼を得られるよう、まごころを 込めた施術を提供します。3.知識と技術...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金井克行 かないかつゆき

交通事故、腰痛、アレルギーなどで悩む方へ、健康な体づくりを提案(1/3)

 西宮と尼崎、そして三宮にある「かない鍼灸接骨院」は、地元はもちろん兵庫県外からも来院する人がいて、そのほとんどが口コミによる紹介といいます。 「ただ痛みをとるだけではなく、痛みを生まない体づくりを目指し、いつでも必要としていただける鍼...

金井克行プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

22年間延べ36万人の臨床経験をデータ化した速効的な治療法

所属 : かない鍼灸接骨院
住所 : 兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL : 0798-41-3460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

痛みが改善

僕は、少年時代からサッカーをしているためにいろいろなケガ...

荒木
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
9月かない学園開催しました。

今回のテーマは、めまいです。めまいを引き起こす原因は主に以下の7つのタイプに分けることができます。メ...

[ かない学園 ]

足の健康  (足裏編) 

足は私たちの身体の中でも日常生活で特に使用する部位です。足は何をするにしてもほぼ必ず使用し酷使をしてい...

[ かない学園 ]

3/26 やる気スイッチオールデイ

26日にやる気スイッチオールデイを尼崎院にて開催いたしました。「自分を励ます自信」は他の人から与えられ...

[ メンタルケア&メンタルトレーニング ]

冷え症の対処法~次世代型・かくれ冷え症タイプ

前回のコラムで冷え症の分類をお伝えさせてもらいましたが、今回からはそれぞれの対処法をお伝えしていこうと思い...

[ 冷え性 ]

足の冷え症改善
イメージ

足は心臓から一番遠い部位でもある為、冷え性になりやすい部位でもあります。 足の冷えを改善する為には、...

[ 冷え性 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ