コラム

2013-03-08

『就寝前の足のむくみ対策で「夜間頻尿」が改善する?』

こんにちは

かない鍼灸接骨院です

今回のテーマは『就寝前の足のむくみ対策で「夜間頻尿」が改善する?』です。



年齢を重ねるにつれ、増えてくるのが排尿トラブルです。

「過活動膀胱」と「夜間の頻尿」に悩む女性が、排尿日誌をつけたり膀胱訓練を

行うなど、すぐに始められそうな対処法を解説し、体験者の結果、症状が良く

なったかどうかも追跡しました。

まず、過活動膀胱の女性が始めたのが「排尿日誌」をつけること。

排尿回数が多いことはもちろん、1回で100ccほど、と少ししか出ていないことを

客観的に理解するためにも、「記録」は役立ちますね。

過敏状態になり、尿をためることができなくなった膀胱をトレーニングするのが「膀胱訓練」。

尿に生活を支配されている状態から、「自分で尿を支配できるようにしていく」という、

メンタルトレーニング的な側面もあるようです。

1日20回以上トイレに駆け込む頻尿。1回に出る量は100cc以下という女性。

過活動膀胱という診断を受ける。

通常、膀胱の半分ぐらいまで尿がたまると尿意を感じるが、加齢などにより膀胱が

敏感になると、少量の尿がたまっただけで強い尿意を感じる。

膀胱の筋肉が勝手に収縮し、切迫した尿意が突然あらわれることもあります。

「排尿日誌」で正確な排尿の状態を知ろう

排尿した時間や量、尿意の有無や水分摂取量などを記録。

大きいペットボトルの上半分を取り除き、50ccごとに目盛りをつけた容器を

使って尿量を測るとよいでしょう。


過活動膀胱の人におすすめ「膀胱訓練」

 少量たまっただけで尿意を感じるときに、意識して我慢するとそのうち尿意が

やわらぐ。同時に膀胱の筋肉もゆるみ、膀胱の容量が大きくなる。

尿意を感じたら尿道や肛門に力を入れ、ぐっと我慢。

 つらくなったら別のことを考えたり深呼吸。我慢する時間を5分、10分と

伸ばしていき、最終的には2時間我慢することを目標にする。

一方、夜間頻尿対策として、むくみを解消するエクササイズ。

脚にむくみがあると、横になったときに水分が上半身に流れ、就寝中の尿意に

つながるケースがあるというのは、ユニークな視点だと思いました。

足を高く上げて足首を動かすだけ、と簡単なので、夜間頻尿に悩む人は

やってみると良さそうです。

骨盤底筋を鍛えることは、男性の尿もれ改善にも有効?

深夜や明け方に尿意で目が覚める「夜間頻尿」の原因の一つは、脚のむくみ。

立ち仕事によって重力によりむくむ。夜、横になるとたまっていた水分が

上半身に流れ、脳が「余分な水分を排出せよ」と指令を送り、夜間でも尿意が生じる。

 むくみ改善には、就寝3時間前の運動が効果的。

横になって足の下にクッションを敷き、両足を高く上げる。

足首を前後に動かす(20回を目安に)「骨盤底筋」。

尿もれなどの泌尿器トラブルだけでなく、「内臓冷え」の改善効果があることや、

フランスで実践されている効果的な骨盤底筋トレーニング、さらに男性にも有効です。

「内臓冷え」の改善については、

骨盤底筋トレーニングと骨盤底筋の動きを活発にする仙骨のツボ押しを

2週間行った結果、深部体温が0.14度上昇。

この程度? 

と感じてしまいますが専門家は「深部体温は上昇しにくいので、

少しでも上昇すると感覚的にも温かく感じる」そうです。

さらに、骨盤底筋トレーニングは女性のためのみならず。

中高年以降、男性に増える「排尿後尿滴下」や「過活動膀胱」などの症状も、

トレーニングすることによって改善が可能だそうです。

座りながら、周囲には知られずに行うことができるので、男女ともに実践したいですね。

出産後に下腹部と腰回りの冷えが気になる女性。

慢性的な下痢にも悩む。


サーモグラフィや深部体温計測により典型的な「内臓冷え」であることが判明。

骨盤底筋トレーニングと、仙骨の刺激を行ったところ深部体温が上昇した。

仙骨のツボを刺激すると、仙骨神経が刺激されて内臓の機能が良くなる。

ズボンのポケットに当たる部分に軟式野球ボールを置き、30秒押す。1日2回までが目安。



骨盤底筋が衰えることにより起こる症状は?

 せきやくしゃみをしたときに尿がもれる腹圧性尿失禁、膀胱や子宮などが

膣から外に出てくる骨盤臓器脱、直腸に袋状のポケットが出来る直腸性便秘、

骨盤底筋の血行不良のため起こる性交痛などもフランス式の骨盤トレーニングは

呼吸法を取り入れる。

 息を吐きながら骨盤底筋を引き締めるのがポイント。

息を吐いたときに横隔膜が上がるのに連動し、骨盤底筋も引き上げられる。

男性の尿トラブル「排尿後尿滴下」。排尿するときにキレが悪く、出し終えたと

思ってズボンをはいた後に微量の尿がもれてしまう。

睾丸を持ち上げるような感覚で骨盤底筋を引き締めるトレーニングを行うと改善されやすい。

 
放送内容は当院のホームページ『カンタン医者いらず!』にも載せてあります。

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

かない鍼灸接骨院 [[[ホームページ http://www.かない.net/]]]

柔道整復師 金井克行

兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL:0798-41-3460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

県立伊丹高等学校 バスケットボール部                   藤田善史くん私は中学校時代にクラブ活動でバスケットボールをしていました。当時から...

スタッフ紹介
イメージ

1.地域との連携を大切にし、患者様の健康な暮らしに 貢献します。2.患者様やご家族の信頼を得られるよう、まごころを 込めた施術を提供します。3.知識と技術...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金井克行 かないかつゆき

交通事故、腰痛、アレルギーなどで悩む方へ、健康な体づくりを提案(1/3)

 西宮市と尼崎市にある「かない鍼灸接骨院」は、地元はもちろん兵庫県外からも来院する人がいて、そのほとんどが口コミによる紹介といいます。 「ただ痛みをとるだけではなく、痛みを生まない体づくりを目指し、いつでも必要としていただける鍼灸接骨院...

金井克行プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

22年間延べ36万人の臨床経験をデータ化した速効的な治療法

所属 : かない鍼灸接骨院
住所 : 兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL : 0798-41-3460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

痛みが改善

僕は、少年時代からサッカーをしているためにいろいろなケガ...

荒木
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ダイエット
イメージ

今まで何度も挫折したり、リバウンドでダイエット前より太ってしまったと言う方も、このプログラムは成効率が...

[ ダイエット ]

頭のツボトレは、何故?メンタルにも体にも効くのか!
イメージ

ツボは点と点だけでなく、点と点をつなぐ道で全身につながっている。督脈頭の部分で言うと、頭のセン...

[ 頭のツボトレ ]

ツボトレは、肩凝りや腰痛だけでなく、ストレスにも効く!
イメージ

多くの方を悩ましている「肩こり」「腰痛」。痛みの原因は“筋肉”や“骨“だけではありません。特に、何度...

[ 頭のツボトレ ]

肩凝りから、解放されるために!
イメージ

 猫背を治すには、背骨の矯正だけでなく、胸郭を広げる。 まずは、下のイラストを見てください。人体の骨...

[ 首・肩の痛み。肩こり・首こり ]

肩こりから、解放されるために!
イメージ

 姿勢が悪く、猫背姿勢になっていることが、肩こりの最大の原因です。 肩こりについては、様々な原因が...

[ 首・肩の痛み。肩こり・首こり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ