コラム

2012-10-19

『目の疲れについて』

こんにちは

かない鍼灸接骨院です

今回のテーマは『目の疲れについて』です。


こんな事で目は疲れる

人は情報の80%を目から得ていると言われています。

起きているだけでも目は働いているのですが、それに加え私たちはパソコン・テレビゲーム、

偏食、老眼、睡眠不足、喫煙、ストレスなど目を酷使しがちな生活をしています。

目の疲労は肩こり・頭痛・全身倦怠感・胃腸障害を伴なう場合もあります。

秋の夜長につい本を読みふけってしまい、新聞配達の音にビックリ!なんてことはありませんか。

ほどほどにして目を休ませてあげましょう。



眼精疲労と麦粒腫 (ばくりゅうしゅ)

秋は夜長です。読書や勉強には正しい照明に気をつけましょう。

部屋全体を明るくしたうえで、机の上にも照明スタンドを左側に置きましょう。

暗いと目が疲れやすくなり、目をこすりたくなり、これが麦粒腫(ものもらい)の原因となります。


いつも手をきれいに洗いましょう。そして読書の姿勢にも気をつけて、眼精疲労に

ならないように、常に気をつけることが必要です。


屈折異常

近視(近眼)、遠視、乱視といった目の状態を総称して屈折異常と呼びます。

屈折異常は、調節を全く働かせないとき、つまり、目が最高にリラックスして水晶体が

最も薄い状態(無調節状態)のときに、ピントがどこに合うかで分類されます。

読書の秋、大いに親しみましょう。

しかし、室内全体の照明と机の上を照らす照明を、併用することが大切です。


また若い人は勉強の姿勢に注意しましょう。

それには机の高さ、椅子の高さも関係してきます。視力を悪くしないために、

寝ながらの読書はつつしみましょう。


老眼

中年期になり、読書で字が見づらくなった時は、そろそろ老眼の注意をしましょう。

体裁にとらわれて無理をしていると、読書の能率も上がらないし、

また眼精疲労の原因にもなります。

早く眼科医で検査をして、適切なめがねの処方箋をもらい、老眼鏡を作りましょう。


中心性脈絡網膜炎(ちゅうしんせいもうまくえん)

ストレスがひきがねになって、眼底の物を見る中心の網膜に水がたまる病気です。

30~40歳代の働き盛りの男の人に多く見られます。

普通片眼の中心が暗く見え、ゆがんで見えたり、小さく見えたり、時には

中心のみ色覚異常が現れます。

軽い場合は、ストレスから放れ安静にしていると、自然に治ることもありますが、

網膜の腫れがひどい場合は光凝固が必要なときもあります。

また再発を生じやすく、あまり何度も再発をくり返すと、視力低下が永久的になります。

眼科医で適切な治療が必要です。


疲れ目を癒すアイケア

蒸しタオルを目の上にあてるだけで血流が良くなり、疲れも解消しやすくなります。

ただし、ひどい充血をしている時はアイスパックで冷やしましょう。

*眼球自体を押したりしては行けません。

目は酸化によるダメージを受けやすいので、抗酸化物質を多く含む緑黄食野菜や

鮮やかな色のフルーツを取りましょう。

目尻から指2本分横の部分にペコッとへこんだ部分を探してみて下さい。

そこに『太陽穴』というツボがあります。

このツボを左右両方とも指で軽く押さえてみてください。

目の疲れが楽になります。


 
放送内容は当院のホームページにも載せてあります

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

かない鍼灸接骨院 [[[ホームページ http://www.かない.net/]]]

柔道整復師 金井克行

兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL:0798-41-3460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

県立伊丹高等学校 バスケットボール部                   藤田善史くん私は中学校時代にクラブ活動でバスケットボールをしていました。当時から...

スタッフ紹介
イメージ

1.地域との連携を大切にし、患者様の健康な暮らしに 貢献します。2.患者様やご家族の信頼を得られるよう、まごころを 込めた施術を提供します。3.知識と技術...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金井克行 かないかつゆき

交通事故、腰痛、アレルギーなどで悩む方へ、健康な体づくりを提案(1/3)

 西宮市と尼崎市にある「かない鍼灸接骨院」は、地元はもちろん兵庫県外からも来院する人がいて、そのほとんどが口コミによる紹介といいます。 「ただ痛みをとるだけではなく、痛みを生まない体づくりを目指し、いつでも必要としていただける鍼灸接骨院...

金井克行プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

22年間延べ36万人の臨床経験をデータ化した速効的な治療法

所属 : かない鍼灸接骨院
住所 : 兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL : 0798-41-3460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

痛みが改善

僕は、少年時代からサッカーをしているためにいろいろなケガ...

荒木
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ダイエット
イメージ

今まで何度も挫折したり、リバウンドでダイエット前より太ってしまったと言う方も、このプログラムは成効率が...

[ ダイエット ]

頭のツボトレは、何故?メンタルにも体にも効くのか!
イメージ

ツボは点と点だけでなく、点と点をつなぐ道で全身につながっている。督脈頭の部分で言うと、頭のセン...

[ 頭のツボトレ ]

ツボトレは、肩凝りや腰痛だけでなく、ストレスにも効く!
イメージ

多くの方を悩ましている「肩こり」「腰痛」。痛みの原因は“筋肉”や“骨“だけではありません。特に、何度...

[ 頭のツボトレ ]

肩凝りから、解放されるために!
イメージ

 猫背を治すには、背骨の矯正だけでなく、胸郭を広げる。 まずは、下のイラストを見てください。人体の骨...

[ 首・肩の痛み。肩こり・首こり ]

肩こりから、解放されるために!
イメージ

 姿勢が悪く、猫背姿勢になっていることが、肩こりの最大の原因です。 肩こりについては、様々な原因が...

[ 首・肩の痛み。肩こり・首こり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ