コラム

 公開日: 2012-10-05  最終更新日: 2015-05-13

『秋の食中毒と冬季うつについて』

こんにちは

かない鍼灸接骨院です

今回のテーマは 『秋の食中毒と冬季うつについて』です。

気温差拡大、日照時間急減が引き金
「天高く馬(うま)肥(こ)ゆる秋」――。

秋は過ごしやすいイメージが強いが、

実は一年で最も体調を崩しやすい季節だという。

一日の気温差が10度近い日もあり、日照時間も急に短くなるなど

生体リズムを崩しやすいからだ。

そんな秋だからこそ、注意したい病気と予防法をご紹介いたします。


●食中毒はこれからが怖い

 年間4万人近い患者が出る食中毒も、9月は7、8月に匹敵するほど多い。

2004年度の厚生労働省の食中毒統計調査では「9月の食中毒患者数」

が最も多かった。

「酷暑で体が弱っているところに、夏を乗り切った気の緩みが重なり、油断からです。

9月は涼しくなったとはいえ、食中毒が発生しやすい気温25度以上の日が多い。

食べ物は冷蔵庫にすぐ保管することが大切です」(管理栄養士の池上保子氏)

なかでも注意したい食べ物が生魚の刺し身だ。

この時季、食中毒の原因として増える腸ビブリオ菌は海中に生息していて、

9月初めにもっとも増加する。魚介類を食べるときはよく水で洗い、しっかり

加熱しないと食中毒になりやすい。

使ったまな板や包丁はまめに殺菌消毒することだ。


●日が短くなると増えるうつ

 秋はうつが増える季節でもある。

東京慈恵医大精神医学講座・山寺亘講師が言う。

「日照時間が減るこの時季から“冬季うつ”と呼ばれる季節性気分障害が増えてきます。

気分の高揚に関係する脳内ホルモンのセロトニンの働きが低下し、

落ち込みやすくなるのです」

 冬季うつは、気分がすぐれないだけでなく、甘いものやごはん、パンが急に好きに

なったり、いくら寝ても寝足りないという症状が出る。

「一番いい予防法は朝起き抜けに散歩するなどして、できるだけ日を浴びること」(山寺講師)

 それが無理なら、朝はカーテンを開けてできるだけ朝日を浴びよう。


●ぜんそく持ちは移動性高気圧に気をつけろ

 毎年、約6000人が死亡する気管支ぜんそくは、10月頃から患者が急増する。

「気温の急激な低下が気管支の収縮を引き起こし、空気がのどを通りにくくなるのです。

しかも秋の日本列島は移動性高気圧に覆われて、上空の気温が地表面より高くなる

“気温の逆転”が起きる。

そうなると、空気中のほこりが地表面に集まり、ぜんそくの発作が多くなるのです」

(東葛病院付属診療所所長・伊東繁氏)

 気温や気圧の急変は、関節痛や心疾患、脳疾患なども起こしやすくする。

寒冷前線や高気圧が近づいてきたら、着るものを一枚多く着込むなどの用心が必要だ。

 なお、ネットの「テルモ健康天気予報」(http://kenkotenki.jp/)は天気で明日は

どの病気がヤバイか占ってくれる。

気になる人は参考にするといい。


 
放送内容は当院のホームページにも載せてあります

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

かない鍼灸接骨院 [[[ホームページ http://www.かない.net/]]]

柔道整復師 金井克行

兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL:0798-41-3460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

県立伊丹高等学校 バスケットボール部                   藤田善史くん私は中学校時代にクラブ活動でバスケットボールをしていました。当時から...

スタッフ紹介
イメージ

1.地域との連携を大切にし、患者様の健康な暮らしに 貢献します。2.患者様やご家族の信頼を得られるよう、まごころを 込めた施術を提供します。3.知識と技術...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金井克行 かないかつゆき

交通事故、腰痛、アレルギーなどで悩む方へ、健康な体づくりを提案(1/3)

 西宮市と尼崎市にある「かない鍼灸接骨院」は、地元はもちろん兵庫県外からも来院する人がいて、そのほとんどが口コミによる紹介といいます。 「ただ痛みをとるだけではなく、痛みを生まない体づくりを目指し、いつでも必要としていただける鍼灸接骨院...

金井克行プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

22年間延べ36万人の臨床経験をデータ化した速効的な治療法

所属 : かない鍼灸接骨院
住所 : 兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL : 0798-41-3460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

痛みが改善

僕は、少年時代からサッカーをしているためにいろいろなケガ...

荒木
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
足の冷え症改善
イメージ

足は心臓から一番遠い部位でもある為、冷え性になりやすい部位でもあります。 足の冷えを改善する為には、...

[ 冷え性 ]

手の冷え症

寒い季節になると、真っ先に冷えのターゲットにされるのが手だと思います。ただでさえむき出しの手に冷たい風...

[ 冷え性 ]

原因不明の肌荒れ・湿疹

○原因不明の肌荒れ・湿疹は意外な所から?肌荒れ・湿疹をいくら対策しても治らない、そんな原因不明の肌荒れ・...

[ 美容・健康 ]

レチノールについて

レチノールに秘められた3つの美容効果をご紹介します!レチノールで一番注目されているのがやはりこの効果。...

[ 美容・健康 ]

首はたるみやシワができやすいのは、なぜ? 

なぜ首はしわやたるみができやすいのか?首は皮膚の厚さが頬の3分の2しかなく、筋肉と皮膚の境が平坦で結合が弱...

[ 首・肩の痛み。肩こり・首こり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ