コラム

2012-08-10

『隠れ脱水』

こんにちは

かない鍼灸接骨院です

今回のテーマは 『隠れ脱水』です。

オトナのカラダの約60%は水分です


生きるために「水」はもっとも大切なもののひとつ。

カラダのおよそ半分は水分で占められています。

カラダに占める水分量は年齢によって変わります。

小児は生まれた時体重の80%ほどが水分ですが、それ以降は歳を

重ねるにつれて水分量が減っていく傾向にあります。

成人になると水分量は60%ほどになり、65歳以上の高齢者になると

水分量は50%ほどにまで低下します。

カラダに含まれる水分のことを「体液」と呼びます。

体液には、血液、リンパ液、消化液、組織間液(細胞と細胞の間を

満たしている水)などがあります。

体液の主成分は水。

その他に、ナトリウム(Na)イオン、カリウム(K)イオン、

カルシウム(Ca)イオンなどの電解質とブドウ糖、

タンパク質、尿酸などの非電解質から構成されています。

毎日2.5?ほどの水を出し入れしています。

成人では何もしなくても、一日におよそ1,500~2,500mlの水分を失っています。

そのおおよその内訳は、尿や便に含まれている水分が

1,500ml、汗が100ml、不感蒸泄が900ml。

不感蒸泄とは、皮膚、粘膜、呼気などから意識しないうちに失われている

水分のことです。

体重60kgの人が平熱、室温28度の環境で一日に約900mlの不感蒸泄が起こり、

体温が1度上昇するとおよそ15%増えます。

これに対して私たちは、一日に1,000~2,500mlの水分を補っています。

そのおおよその内訳は飲み物から1,200ml、

食べ物に含まれている水分から1,000ml。

これに体内でエネルギー代謝の過程で生じる代謝水300mlほどが加わります。

このように普段はカラダから出る水分とカラダに入る水分のバランスが取れています。

でも、状況により、この水分バランスが崩れる場合があります。

たとえば、気温が上がったり、激しい運動をしたりすると、

汗で失われる水分が増えてきます。

あるいは、下痢や嘔吐でも消化液である体液は失われます。

カラダから失われる水分量が増えると、一日に摂取する水分量を

増やさなくてはカラダのバランスが崩れてしまうわけです。

体液には細胞外液と細胞内液があります

カラダは60兆個とも言われるたくさんの細胞の集まりですが、

細胞の内側も外側もたっぷりの体液で満たされています。

成人のカラダのおよそ60%が体液だとすると、

体液は細胞内に約40%、細胞の外に約20%の割合で分布しています。

細胞内の体液を「細胞内液」、細胞外の体液を「細胞外液」といいます。

細胞外液はさらに、細胞と細胞の間を満たす組織間液、

血液の液体成分である血漿(けっしょう)にわけられます。

そのおおよその内訳は組織間液が15%、血漿が5%となっています。

日常生活で気をつけておくことを決めましょう

人間は恒温動物です。「かくれ脱水」にならないためには、

体液が不足するのを防ぎ、体温を一定に保たなくてはいけません。

カラダは栄養素や老廃物の代謝でいつも熱を発生させています。

カラダの体温調節機能は、この熱を体外へ放熱して体温を

保とうとする仕組み(ホメオスタシス)です。

子どもはこの体温調節機能が未発達であり、高齢者は機能が低下しています。

たとえば、高温で多湿、無風な環境、分かりやすくいえばエアコンの

効かない夏のマンションなどの屋内にいれば、

汗の蒸発による体温調整ができにくいために「かくれ脱水」から

一挙に熱中症に発展することにもなるのです。

子どもや高齢者には涼しい服装や水分補給などに周囲が十分に注意を

してあげることが重要です。

普通のオトナでも、日頃運動をしない人や、厚着が習慣になっている人、

肥り気味の人、ストレスの多い人なども、カラダの体温調整機能が衰え、

普段の生活で「かくれ脱水」になっている場合が多く、

ほっておくと脱水症や熱中症へと症状が進みやすい人たちです。

暑い日には、屋内にいても、カラダを冷やすものを食べたり(伝導)、

涼しい場所を選び(放熱)、汗をかくこと(蒸発)、

エアコンのドライ機能に加えて扇風機などで室内の対流を

うながすことなどを心がけましょう。


かくれ脱水」時代の行動指針・「暑さ指数」をチェック

本サイトの「暑さ指数」は、環境省が発表するWBGT計を参考にしたものです。

身を守る行動の指針としてチェックし役立てることをお勧めしています。

WBGT(湿球黒球温度)計とは、気温・湿度・輻射熱(赤外線などを

吸収した物体から発生する熱)の3つを取り入れた計算によって

出される指標。国際基準で、暑い環境でのヒトの熱ストレスを評価しています。

「かくれ脱水」から身を守るには、気温だけではなく、《気温+湿度+熱》で、

その日の水分補給や行動を微調整する。

少し面倒だと思わずに、新しい夏の習慣にしていきましょう。

子どもに経口補水液を上手に摂取させる

子どもは体温調節機能が未発達であり、新生児では80%もある体液も、

失いやすい細胞外液に多く存在する脱水しやすいカラダです。

またエネルギー代謝が活発なためにたくさんの水分を必要とします。

ヒートアイランドなどの最近の環境の変化や、節電によるエアコンの

調整などの影響を受けやすく、現在は子どもには非常に生きにくい

世の中だと考えられています。

子どもの「かくれ脱水」は、飲食の量がいつもに比べて低下し落ち

(少し熱はあっても食欲があるのは大丈夫)たり、

いつもより笑わない、機嫌が悪いなどの状態を感じたら、まず疑って

経口補水液を与えてみてください。

スプーンで少しずつ。いやがっても、お母さんが飲んでみせると飲みますし、

いつもより辛いときは自分から素直に飲むことも多いようです。



【小児の脱水症チェック】

いつもに比べて、以下のようなサインを2つ以上認めたら疑いましょう

[保護者からの情報]
不機嫌、あやしても泣きやまない
食欲がない
泣いているが、涙の量が少ない
眠りがち
熱があるのに汗をかかない

[看護婦や診療録からの情報]
おしっこの量が少ない、色が濃い
便が硬い、ころころしている
採血しても泣かない

[見て触って得る情報]
口や鼻の中が乾いている
舌が白くおおわれている
目がおちくぼんでいる
皮膚に弾力性がない

*子どもの体調変化は急激に進みます。

もちろん不安な場合は、すぐに小児科へ相談してください


 
放送内容は当院のホームページにも載せてあります

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

かない鍼灸接骨院 [[[ホームページ http://www.かない.net/]]]

柔道整復師 金井克行

兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL:0798-41-3460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

県立伊丹高等学校 バスケットボール部                   藤田善史くん私は中学校時代にクラブ活動でバスケットボールをしていました。当時から...

スタッフ紹介
イメージ

1.地域との連携を大切にし、患者様の健康な暮らしに 貢献します。2.患者様やご家族の信頼を得られるよう、まごころを 込めた施術を提供します。3.知識と技術...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金井克行 かないかつゆき

交通事故、腰痛、アレルギーなどで悩む方へ、健康な体づくりを提案(1/3)

 西宮市と尼崎市にある「かない鍼灸接骨院」は、地元はもちろん兵庫県外からも来院する人がいて、そのほとんどが口コミによる紹介といいます。 「ただ痛みをとるだけではなく、痛みを生まない体づくりを目指し、いつでも必要としていただける鍼灸接骨院...

金井克行プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

22年間延べ36万人の臨床経験をデータ化した速効的な治療法

所属 : かない鍼灸接骨院
住所 : 兵庫県西宮市鳴尾町4-5-6 [地図]
TEL : 0798-41-3460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

痛みが改善

僕は、少年時代からサッカーをしているためにいろいろなケガ...

荒木
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ダイエット
イメージ

今まで何度も挫折したり、リバウンドでダイエット前より太ってしまったと言う方も、このプログラムは成効率が...

[ ダイエット ]

頭のツボトレは、何故?メンタルにも体にも効くのか!
イメージ

ツボは点と点だけでなく、点と点をつなぐ道で全身につながっている。督脈頭の部分で言うと、頭のセン...

[ 頭のツボトレ ]

ツボトレは、肩凝りや腰痛だけでなく、ストレスにも効く!
イメージ

多くの方を悩ましている「肩こり」「腰痛」。痛みの原因は“筋肉”や“骨“だけではありません。特に、何度...

[ 頭のツボトレ ]

肩凝りから、解放されるために!
イメージ

 猫背を治すには、背骨の矯正だけでなく、胸郭を広げる。 まずは、下のイラストを見てください。人体の骨...

[ 首・肩の痛み。肩こり・首こり ]

肩こりから、解放されるために!
イメージ

 姿勢が悪く、猫背姿勢になっていることが、肩こりの最大の原因です。 肩こりについては、様々な原因が...

[ 首・肩の痛み。肩こり・首こり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ